FC2ブログ

back to TOP

admin |  RSS
どこの岬も断崖絶壁で岩場が多い。
立待岬も荒々しい岩場が続く。北の海の厳しさが伝わってきた。
かつて、寛永年間には北方警備のため異国船の往来を監視する台場、明治時代には函館要塞が築かれた。

立待岬の岩場
立待岬の岩場-1


立待岬にいる間、森昌子の立待岬を口ずさんでいた。歌えるのは一部なので、レコードの針が飛んだように同じところを繰り返しているだけで前に進まなかった。 YouTubeの森昌子の立待岬を探したら、岬で撮った動画を見つけた。YouTubeの張り付け方が分からないので、アドレスだけ。https://www.youtube.com/watch?v=Lyyo-SaAQ30
立待岬の岩場-2


岩は斜長石や角閃石など  縞模様に見え、五稜郭築城の際、石垣の一部に使用された
立待岬の岩場-3


この左には与謝野寛・晶子の歌碑が建てられている
立待岬の岩場-4


こんなところでも鳥は元気だ  餌の魚が豊富だからか
立待岬の岩場-5


こちら側の山は大きい
立待岬の岩場-6



立待岬の岩場-7



立待岬の岩場-8

静岡、伊豆、三浦半島、房総半島など岬に行くことが増えた。灯台があり、岩場があり、朝日や夕陽も美しい。
ところが此処には灯台が無かった。岬とはいえ、半島全体としてみれば尖端ではないから?それとも航路から外れているからか。
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Trackback
トラックバックURL: http://artken.blog.fc2.com/tb.php/2623-11003d2e
Template by :FRAZ