FC2ブログ

back to TOP

admin |  RSS
 雨の溜池  2018/06/30 (Sat)
山間にある溜池。
ここも時々行っている場所なので楽しみに向かったが、風と雨で思うように撮れなかった。

暗い景色に水面が光っていた
雨の溜池-1



雨の溜池-2



雨の溜池-3



雨の溜池-4



雨の溜池-5



雨の溜池-6

スポンサーサイト



満開期を少し過ぎた感じの花菖蒲。
特に黄色の菖蒲は終わりに近づいていたので、白やブルー、紫系を撮った。


花菖蒲-1



花菖蒲-2



花菖蒲-3



花菖蒲-4



花菖蒲-5



花菖蒲-6


最後はトンボと
花菖蒲-7
W杯はなんとか勝ち上がったが、すっきりしない終盤だった。「フェアプレーポイント」の差とは何とも皮肉な感じだ。
最後までフェアプレーを続けてもらいたかった、と思うのは素人考えだろうか。
このプレースタイルには全世界から様々な意見が寄せられている。評価は決勝トーナメントで下される?
 しらさぎ森林公園  2018/06/28 (Thu)
花菖蒲園のある「しらさぎ森林公園」。
毎年、花菖蒲を撮っていたので今年もタイミングを計って出掛けた。
昨年は早過ぎて失敗、そして今年は少し遅すぎたようだ。
それでも、次々に見物客が訪れていた。

花菖蒲の画像は次に回して、まずは公園の情景を
花菖蒲園入口の橋
しらさぎ森林公園-1


木道とあずまや
しらさぎ森林公園-2



しらさぎ森林公園-3


誰もいないベンチもいい
しらさぎ森林公園-4


男一人  自分的には今日一の写真  
しらさぎ森林公園-5


しらさぎの塔
しらさぎ森林公園-7


ふれあい広場
しらさぎ森林公園-6
女性のグループの賑やかな声が響き渡っていた。女性は元気だなー。長生きするなー。男は私のように一人か夫婦で静かに見ている。
 聚感園  2018/06/27 (Wed)
北越地方の豪族五十嵐氏の邸宅跡を史跡公園にした聚感園。
歴史的な石碑などもあるが、緑も豊な場所でもある。


聚感園-1



聚感園-2



聚感園-3


初君旧歌碑
聚感園-4


梅雨時の緑は深い
聚感園-5


最後は聚感園の紫陽花で
聚感園-6
 法福寺の紫陽花  2018/06/26 (Tue)
寺泊の法福寺は山の中腹にあって、日本海も一望できる。
参道の石段の周りには紫陽花が咲く。

石の観音像と階段と紫陽花  絵になる構図だ
法福寺の紫陽花-1



法福寺の紫陽花-2


参道の石段を上から
法福寺の紫陽花-3


松の樹の前に紫陽花
法福寺の紫陽花-4



法福寺の紫陽花-5



法福寺の紫陽花-6
 海開き  2018/06/25 (Mon)
急に暑くなって夏が来た。
波は夏の海の色に。
7月1日の海開きを前に私的には既に海開き。

波が輝くようになった
海開き-1



海開き-2



海開き-3



海開き-4



海開き-5



海開き-6
深夜のサッカーの試合を見て、今日の暑さ。試合はドローだったので気分はいいのだが、身体が動かない。
 海岸へ  2018/06/24 (Sun)
駐車場から海岸に降りる階段。
暫く海岸で過ごし、階段を登って駐車場へ。


海岸へ-1



海岸へ-2



海岸へ-3



海岸へ-4



海岸へ-5

宝光院から婆々杉に続く道沿いにはドクダミの花畑(?)がある。
春先に来た時には婆々杉の周りは雪で折れた枝で覆われていたが、綺麗に片付けられていた。

宝光院から婆々杉に続く道
宝光院から婆杉へ-1


ドクダミのお花畑
宝光院から婆杉へ-2


樹齢1000年の婆々杉
宝光院から婆杉へ-3



宝光院から婆杉へ-4


エネルギーをもらえた
宝光院から婆杉へ-5



宝光院から婆杉へ-6


 水辺と木道  2018/06/22 (Fri)
池のある公園をぶらぶらしていたら木道を発見。
周遊する形で木道があったので、ゆっくり散策と撮影を。

しっかりした木道
公園 水辺-1


水鳥を驚かせた
公園 水辺-2



公園 水辺-3


池の畔の建物
公園 水辺-4



公園 水辺-5


一周した
公園 水辺-6
朝から大変だった。区長さんから電話が来て、ごみステーションがカラスに荒らされ、その隣の家の人がそこには生ゴミを出さないでもらいたい、ということだった。これは我が家にとって非常事態だ。そのステーションを使っているのは数軒で、一軒だけゴミ出しに問題があったのだが、そう言われてしまうとどうにもならない。急いで隣の家に行き区長さんとも相談して我が家の前にステーションを作ることにし、市役所やゴミ回収業者にも電話をして了解をもらった。カラスの被害を受けないためにネットを買ってきて、簡易ステーションを作った。どう作ってよいか分からなかったが、なんとか作ってみた。
明日から使うことになるが、業者がちゃんと回収に来てくれるか、カラスの攻撃から逃れられるか今からドキドキだ。
 波が来る  2018/06/21 (Thu)
砂浜の波打ち際を歩くと、自分に向かって波が寄せる。
それが面白く、緊張感もあって、ぎりぎりのところを歩いて楽しんでいる。
しかし、ボーっとしていると、数回に一度大きな波が来て水没することも。
「ボーっと生きてんじゃねーよ」とチコちゃんに怒られそうだ。

波が来た-1


来た来た来た・・・
波が来た-2



波が来た-3



波が来た-4



波が来た-5



波が来た-6
年甲斐もなく楽しめるのは、誰もいない海岸だからかも。

地震や大雨、災害列島日本に襲い掛かる天災。それに、事件や事故といった人災も。何時どこで何が起こるか分からない。
その天災で腑に落ちないことがある。それは「雪」。雪国に雪が降るのは天災ではないらしい。雪崩などで人的な被害が出ないと災害とは呼ばないらしい。今年の雪は凄かったが、消えてしまえば何事もなかったかのような景色が広がる。木が折れ、家が雪で損傷しても、雪国だからで終わる。
本県には福島の原発事故で避難している人たちがまだたくさんいる。福島では太平洋側を「浜通り」地域と呼ぶ。そこは東北といっても冬でも穏やかな天気が続くらしい。その人たちが雪国に来て雪が毎年降ることに驚くらしい。
 岩場に打ち付ける  2018/06/20 (Wed)
空は晴れて波は高い。海を見ていて一番楽しい時だ。
岩場の上にハマヒルガオが咲いているのを見つけ、激しい波と組み合わせてみた。


岩場に打ち付ける-1



岩場に打ち付ける-2



岩場に打ち付ける-3


岩場に打ち付ける-4



岩場に打ち付ける-5



岩場に打ち付ける-6
 美人林 木漏れ日  2018/06/19 (Tue)
美人林の地面に降り注ぐ日差しが美しい。
そこで、木漏れ日をテーマに撮ってみた。


美人林 木漏れ日-1


名物の池にも
美人林 木漏れ日-2



美人林 木漏れ日-3


露出を変えて
美人林 木漏れ日-4



美人林 木漏れ日-5



美人林 木漏れ日-6
15分の滞在で60枚撮って終了

浜松の看護師連れ去り殺人事件の主犯格の男がホテルで自殺していた、と報道があった。県内出身の男らしい。
先日の女児線路遺棄事件といい、何かあるのかな。
 美人林 梅雨晴れ  2018/06/18 (Mon)
梅雨の晴れ間が広がり、久しぶりに気温も上がった。
松之山の美人林の近くを通ったので、ほんの少し、ほんとに少しだけ寄って撮ってきた。
駐車場には県外ナンバーの車もたくさん停まって賑わっていた。


美人林-1



美人林-2



美人林-3



美人林-4



美人林-5



美人林-6
トイレ休憩も入れて15分程で出発・・・

地震は少ないといわれてきた大阪に大きな地震が起きた。昨日も地震の少ない群馬で震度5弱の地震が起きた。
千葉でも連続的な地震が起きている。12日には大隅半島でも震度4の地震があった。
この一週間に全国各地で起きているのが不気味だ。地震列島の日本で安全な場所などない・・・か。
危ないから本棚やタンスの上部のものを片付けなければと思っているが、片付ける場所がない。
被害に遭われた皆さんには、心よりお見舞い申し上げます。
 紫陽花  陰影  2018/06/17 (Sun)
今年初めての紫陽花の画像。
国上寺近くの公園に咲く紫陽花。毎年、このタイミングに訪れては撮っている。
梅雨晴れの中、陽の当たっているところと日陰のコントラストが綺麗だった。

テーマは日当たり
紫陽花-1



紫陽花-2



紫陽花-4



紫陽花-5



紫陽花-6


最後は西生寺に咲く白い紫陽花
紫陽花-7
 緑の国上寺  2018/06/16 (Sat)
お寺が続く。本成寺、西生寺、そして国上寺。
お寺巡りをやっている感じだが、緑と花と建物を組み合わせて、カメラを構えられる場所となるとお寺や神社になってしまう。
国上寺は何度も行って、何度もブログに載せているので、今までとは少し場所と構図を変えて。(本人は変えているつもりでも、皆さんは同じく見えるかも・・・)
テーマは緑と木漏れ日

いつもの構図でスタート  参道から本堂
国上寺-1


六角堂 日陰に日差しが綺麗だった
国上寺-2


鐘楼
国上寺-3


六角堂の屋根が陽に輝く
国上寺-4


右の銀杏は樹齢1000年 パワースポットになっている
国上寺-6


赤い帽子が緑に映えていた
国上寺-7
 本成寺 その2  2018/06/15 (Fri)
再度本成寺。
本成寺には多宝塔や鐘楼、そして千仏堂など貴重で特徴的な建物もあり、被写体としては事欠かない。
途中で雨も降り出す天気。光も弱く、色がはっきり見えないのが残念だった。
今度は光のある時にリベンジしたい。

多宝塔と鐘楼
本成寺Ⅱ-1


多宝塔
本成寺Ⅱ-2


鐘楼
本成寺Ⅱ-3


堀越に多宝塔
本成寺Ⅱ-4


千仏堂
本成寺Ⅱ-5


千仏堂の木彫り  
本成寺Ⅱ-6


弁天橋
本成寺Ⅱ-7
久しぶりに晴れ間が広がった。
今年に入って何度も訪れている西生寺。花の季節にもなったので楽しみに向かった。

全景 後ろの山の緑も輝く  左は宝物館
梅雨の晴れ間 西生寺-1


こちらの空は雲一つない  弘智法印即身仏立像
梅雨の晴れ間 西生寺-2


日差しが眩しい  左は弘智堂(即身仏霊堂)
梅雨の晴れ間 西生寺-3


芭蕉の句碑の前に 「文月や からさけ おがむ のすミ山 はせを」 
梅雨の晴れ間 西生寺-4


木漏れ日
梅雨の晴れ間 西生寺-5


大銀杏の葉も輝く
梅雨の晴れ間 西生寺-6


木漏れ日が気持ちいい  手前に六体地蔵尊
梅雨の晴れ間 西生寺-7
 本成寺  2018/06/13 (Wed)
梅雨空の中、節分の鬼踊りで有名な本成寺に出かけた。本当に久しぶりで35年くらい前に来て以来かも。
立派な三門と本堂を見て、こんなに大きなったかな?びっくりした。
天気が悪かったので、うまく撮れなかったが十分満足できた。

本成寺三門  朱塗りのため赤門と呼ばれている
本成寺-1


本堂
本成寺-2



本成寺-9



本成寺-10



本成寺-5



本成寺-6


梅雨空と境内の松
本成寺-7


堀に多宝塔  堀のある寺は珍しい?
本成寺-8
続く・・・
梅雨入りしたこともあり、出掛けて撮るのも大変なので我が家の花壇の花をパチリ。
花はカミさんの領域なので私は撮るだけ。名前もよく分からない・・・
それに近所の花を加えて、今日も花の画像を。

ハーブのコモンマロウ
我が家の花と-1


こんなにたくさん咲いたのは今年が初めて
我が家の花と-2



我が家の花と-3



我が家の花と-4



我が家の花と-5



我が家の花と-6
歴史的な米朝首脳会談が行われたが、その成果はよく分からない。全てはこれからか。
 ひたすら 野菊  2018/06/11 (Mon)
今日は野菊。緑の中に白い野菊は目立つし綺麗だ。
最近撮った野菊を。

花たち-5


悠久山公園に
花たち-6


光と影に
花たち-8


海岸道路脇に
花たち-7


カーブドッチに
花たち-9


隣の空き地に
花たち-10
県知事選挙も終わり、自公の支持した候補が激戦を制し当選した。安部総理は北朝鮮問題より喜んだかも。
そして、突然ですが、握力。
ものを片付けていたら箱の中から握力計が出てきた。最近、カメラを持って移動すると握力が落ちたなーと思うことが多くなった。握力が気になっていたので、数年ぶりに測ってみた。結果は54㎏。早速、サイトで平均値と比較した。
「文部科学省発表の男性の握力の平均値」
30-34歳 47.38 kg  35-39歳 47.22 kg  40-44歳 47.02 kg  45-49歳 46.55 kg  50-54歳 45.78 kg  55-59歳 44.55 kg  
60-64歳 42.78 kg  65-69歳 40.04 kg  70-74歳 37.21 kg  75-79歳 35.36 kg
平均値より多かったので、少し安心したが、以前は60㎏くらいあったことを考えると、衰えてきた・・・

握力の低下などを説明したサイトを読んだら気になることも・・・
握力は難しい動きを必要とせず、短時間で安全に測定することができるため、高齢者の筋力測定に適しているといえます。さらに握力は下肢の筋力やその他多くの部位の筋力と相関関係が高いため、全身の筋力の程度を知るための指標として用いられます。また、厚生労働省研究班によると「握力の経年低下が大きいほど総死亡、循環器死亡、およびその他の死亡リスクが有意に上昇」するなど、多くの研究で握力と疾病リスクが関連していることが明らかになっています。定期的に握力を測定することで、維持または緩やかに低下していれば加齢減少とみることができますが、短期間に明らかに大きく低下している場合は、筋力を含めた全身の体力向上が必要と考えられます。
 ひたすら、皐月  2018/06/10 (Sun)
今日、梅雨入りが発表された。朝からどんよりした曇り空、そういう時は花を撮って気を紛らわせている。
花はどんな天候でも絵になるからありがたい。
近所の市の施設に咲く皐月を撮って満足。

ただ、ひたすら、皐月
さつき-1



さつき-2


画面が真っ赤に染まる
さつき-3



さつき-4



さつき-5



さつき-6
県知事選挙の投票日。女子大生との援助交際?で辞めた知事の後を受けての選挙。
東京電力の原子力発電所が建設されてから、全ての選挙の争点は原発問題(建設前から)。
東北電力の区域なのに東京電力の発電所が争点になるから嫌になる。
福島も東北電力区域に東京電力が建てて大事故になった。原発は関東区域に作ってほしい。
原発立地の市町村には立派な公共施設がたくさん建っている。しかし、事故になると周辺の人たちが最も苦しむことになる。
地方や過疎地を狙い撃ちにする電力行政のつけは大きい。
与野党対決にもなって、全国的にも注目されている。さて、どうなるのだろうか。
間瀬神社の周りは綺麗な杉林。
レンズを広角に変え、林を見上げた。
杉の直線的な美しさと広角はマッチする。

間瀬神社の境内の樹
見上げてー1



見上げて-2


杉の美林
見上げてー3



見上げて-4


ちょっと可愛く
見上げて-5


首も痛くなったので最後は地面に射す光を
見上げて-6
 日陰へ 間瀬神社  2018/06/08 (Fri)
強い日差しの中、日陰を求めて神社探しへ。
思いついたのが、林の中にある間瀬神社。
予想通り、日陰で過ごしやすく汗も出なかった。

木漏れ日の中で鳥居を
間瀬神社-1



間瀬神社-2



間瀬神社-3


小さな社殿
間瀬神社-4


木漏れ日
間瀬神社-5



間瀬神社-6


帰りの鳥居
間瀬神社-7
 浜辺に咲く  2018/06/07 (Thu)
浜にハマヒルガオが咲く季節になり、その可愛らしい姿を見たくなっていつもの浜辺に。
砂浜を歩くとハマヒルガオ以外にも名前の分からない花や植物がニョキニョキ。

お目当ての浜昼顔(ハマヒルガオ)
浜辺に咲くー1


可愛い姿  踏みつけないよう慎重に歩く
浜辺に咲くー2



浜辺に咲くー3


これは何だろう  浜防風(ハマボウフウ)かな?
浜辺に咲くー4



浜辺に咲くー5



浜辺に咲くー6


これは?  弘法麦(コウボウムギ) 
浜辺に咲くー7
花の名前はあまり知らないけど今はネットで直ぐに調べられる。驚くのは「花図鑑」のようなページがたくさんあること。
数百種類の花に出会うことさえ大変なのに写真を撮って、特性を調べ綺麗にまとめてある。たいしたもの・・・
 黄色い花は…  2018/06/06 (Wed)
海岸近くの駐車場の周りに黄色い花がたくさん咲いていた。
外来種のオオキンゲイギクか。あっちにも、こっちにも・・・

他の花を圧倒する存在感
黄色い花-1



黄色い花-2



黄色い花-3


あっちにも
黄色い花-4


こっちにも
黄色い花-5



黄色い花-7
久しぶりに訪れた悠久山公園。暑い日中だったので、撮るにはあまり良い条件ではない。
蒼紫神社もあるので、公園と組み合わせて散策と撮影。


悠久山公園-8

長岡城の郷土資料館 改装中も面白い
悠久山公園-7



悠久山公園-6


蒼紫神社
悠久山公園-1



悠久山公園-2



悠久山公園-4


立派な松
悠久山公園-3

 山頂から  2018/06/04 (Mon)
弥彦山の山頂で暫く時を過ごした。
夕日には未だ2時間もあったので、それを待つことなく降りた。
夕焼けに染まる景色は次の機会に・・・

山頂に立つテレビ局の送信塔
山頂から-1


展望塔  回転しながら上下する
山頂から-2


休憩所  冬の厳しさを物語る
山頂から-3


下山道の道標
山頂から-4


光る海
山頂から-5


シルエットが美しい
山頂から-6


最後は下山する登山者
山頂から-7
弥彦山の山頂シリーズは終了です
 山の上の花  2018/06/03 (Sun)
昨日の続きで弥彦山の山頂。
山の上にも花がたくさん咲き、陽の光を浴びて輝いていた。


上の広場  ベンチも花に埋もれて綺麗
山の上の花-2


タンポポもここで見ると撮りたくなる  太陽をバックに
山の上の花-4


登山道脇に咲く
山の上の花-5


近くで撮れた
山の上の花-1


山頂を背景に  花が輪になっていた
山の上の花-6


光を通して
山の上の花-7


最後は蝶と
山の上の花-8
 山頂へ  2018/06/02 (Sat)
一年に一度ほど訪れる弥彦山の山頂。車を使って弥彦スカイラインで山頂駐車場へ。麓から15分程度。
そこからちょっとだけ登る。カメラ片手に撮りながら登るので山登りというほどのものではない。
駐車場からてっぺんまで、そしててっぺんから見えたものを。

駐車場から頂上を見上げる  頂まで登る
山頂へ-1


道は整備され、とても登りやすい
山頂へ-2


東側は平野  コシヒカリと金属加工の地場産業の地を一望できる
山頂へ-3


南側はもう一方の頂  テレビ塔、ロープウエイの山頂駅、レストランなどが立ち並ぶ
山頂へ-4


西側は日本海 そして佐渡島
山頂へ-5


道標と平野
山頂へ-6
山頂からの画像は暫く続きます
今日から6月。そして、いつもの弥彦神社。
何回も来ているので今回はアップやスポットを。初めて見つけたものもあって楽しめた。
弥彦神社にはパワースポットがたくさんある。今日の画像や二日前(5/30)の画像にも登場している。さて、どこ?

造り酒屋から奉納の樽
弥彦神社 スポット-5


末社の賽銭箱
弥彦神社 スポット-1


狛犬の足 願掛けのため黒光りしている
弥彦神社 スポット-3


斎館の前庭
弥彦神社 スポット-4


絵馬殿の鳩の瓦
弥彦神社 スポット-6
Template by :FRAZ