FC2ブログ

back to TOP

admin |  RSS
 春なのに・・・  2018/03/31 (Sat)
春なのに花が落ちている。
これから本格的な花の季節を迎えるというのに少し悲しい

春は未来と過去の分水嶺のようだ・・・

退職-1



退職-2



退職-3



退職-4



退職-5



退職-6
今日、3月31日で退職した。土曜日なので勤務は昨日で終了。職探しはどうしようか迷っている。
4月からどんな生活になるのか、楽しみと不安が半々。
そういうこともあり、咲いている花より落ちている花に惹きつけられた。
スポンサーサイト
 カタクリの花  2018/03/30 (Fri)
雪国は花の季節を迎えようとしている。その中でも可憐な花と言えば、カタクリ。
カタクリの群生地には行ったことが無かったが、知人が場所を教えてくれた。
なんと作業所の近くにあることが分かり、早速行ってみた。山に入って直ぐのところに咲いていた。道の両側にビッシリと・・・

午後の光の中で一際輝いて見えた
カタクリ-4



カタクリ-2



カタクリ-3


近くにこんなに沢山のカタクリがあるとは・・・
カタクリ-5



カタクリ-6



カタクリ-7
カタクリの他にもいろいろな花が咲き始めた。これからは花の画像が増えそうだ。
 春の船  係留  2018/03/29 (Thu)
春の船、とタイトルを付けてみたが、船に季節感もないか。
暖かい日差しの下、船にも春を付けたくなるほど気持ちの良い日だった。

テーマは「係留」
黄色いビット(ボラード)  係留用の杭をビット(ボラード)と言うらしい
船-1



船-2


ホーサー  係留用のロープをホーサーと言う
船-3



船-7



船-4



船-5



船-6
 妙光寺の花  2018/03/28 (Wed)
昨日に続き、春先の花を。
妙光寺の境内に花を探したら、予想より多くの花を見つけた。
お宝を発見したような気持ちになるから嬉しい。


妙光寺の花-1



妙光寺-8



妙光寺の花-8



妙光寺の花-2



妙光寺の花-3



妙光寺の花-5



妙光寺の花-4



妙光寺-7
雪国の桜の開花はまだ先で、満開の画像を見るたび悔しい思いをしている。
こちらの桜が咲く頃には他の花に話題が移ってしまって、桜は過去のものになっているかも。
それでも、あちこち歩き廻ると春らしいものを見つけることができた。

まずは水芭蕉を  まだ小さい
水芭蕉-1


お寺(宝光寺)の境内で見つけた
水芭蕉-2


次はふきのとう
ふきのとう-3


採って味噌汁に入れたいのだが、人の土地なので撮るだけにした
ふきのとう-2


そして、小さな花たち
花-3


小さいが可憐だ
花-4
今日は暖かかった。というより、暑さも感じた。こんなに気温が上がると何を着たらいいのか分からなくなる。
 土筆  2018/03/26 (Mon)
桜の開花までは未だ遠いが、土筆が土手一杯に生えていた。
思わず、「つくしだっ」と声を出してしまった。 春なんだなー

背丈は低い
土筆-1



土筆-2


青空の下に
土筆-3


単独もいい
土筆-5



土筆-6


こちらは別の場所の土筆
土筆-8
 桜は未だか  2018/03/25 (Sun)
東京は桜が満開のようで、テレビ局は中継車を出して放送している。
こちらの桜はどうかな、と思って(咲いているわけないのだが)桜のある公園まで行ってみた。
車の中は暖かいが、外に出ると風はまだ冷たく、桜どころではない。
ということで、まったく咲いていませんでした。悔しいから、桜の樹を撮ってきた。

さくら回廊の看板も寒そうだ
桜は未だか-1


満開ならいい写真になるのだが
桜は未だか-2


蕾はまだまだ固い
桜は未だか-6



桜は未だか-7


花も無いので、枯れた花を
桜は未だか-5
上越新幹線の主力車種の二階建てMAX号(E4系)。二階建てはもうこの路線しか走っていない名物車両でもある。
その車両も2020年をもって消えるらしい。16両編成の場合、1634人が乗車できる世界最大級の車両だ。
人気は景色のいい二階席だが、地下室的雰囲気を味わえる一階も楽しい。只、車窓から景色を見ている人はほとんどいないけど・・・
もう直ぐ消えるということを思い出して、写真に収めることにした。夕方、スマホで撮ったので、ブレブレ。

8両を繋げて16両にしている  朱鷺のイラストもいい  左の女性は撮り鉄ではなく、知り合いを送って写真を撮っていた  
MAX-2


よく見ると格好いい  一階の窓とホームの高さが同じになっているのが凄い、と思っている
MAX-1


デッキから一階席へ  初めて乗ったときは「おおーっ」と思ったけど、大きな荷物を持った時は辛い階段になる
MAX-3


こちらは二階席へ  混んだ時の下車時は大変だ  バリアフリーではない
MAX-4


階段タワー  荷物用のエレベーターもある
MAX-5


車内の案内図も改めて見ると面白い
MAX-6


雲の切れ間から光りが射したのでパチリ
MAX-7
昨夜は宴会があり、往復新幹線で移動。帰りのタクシー代と合わせると、会費とほぼ同じ額になるのが辛いが、早くて便利なので、宴会の時はよく使っている。昨夜は3月の金曜日ということもあって、あちこちで送別会が行われていて、帰りには二人の知り合いと同乗した。
 樹の幹  2018/03/23 (Fri)
樹の続き。
樹は種類によって樹皮の模様が違うが、その違いも面白い。

曇り空で良かったかも


樹皮-1



樹皮-2



樹皮-3



樹皮-4



樹皮-5


駿河桜
樹皮-6



樹皮-7

 神社の樹  2018/03/22 (Thu)
春分の日は寒さの中で終わった。ようやく訪れた春なので少し撮り貯めようと思ったが天気に負けてしまった。
それでも撮らなければと思って、神社の周りにある樹にレンズを向けた。
樹に接近してみると面白い樹も沢山あって、寒さも忘れて楽しめた。カメラ様様・・・

男らしいというか・・・凄い迫力
神社の樹-1


樹皮もしっかりしている
神社の樹-2


私が先輩
神社の樹-3



神社の樹-4


幹の迫力とコブの可愛らしさのコントラストが面白い
神社の樹-5
 山麓  2018/03/21 (Wed)
山の麓を散策。そろそろ花粉の季節。よく見ると杉には花粉がビッシリ。
花粉症が話題になったのは何時頃からだったのか、などと考えながら歩いた。
昔は無かったような・・・

週末の青空を
山麓-4


ジェット機の航跡
山麓-6


林の中の光を
山麓-2



山麓-1



山麓-3


山から流れる川は改修が成されている
山麓-5
今日も寒かったが、雪は降らなかった。昨日の寒さでまた体調を崩したようだ。
 倒木  2018/03/20 (Tue)
見て楽しいものではないが、今年の大雪の被害記録として撮った。
大雪と強風で林の中には至る所に倒木が見られた。場所によっては何本も倒れている。

頭上を気にしながら歩き回った。

ここの林は倒木だらけ
倒木-1


根の張りが少ない感じ
倒木-2



倒木-3



倒木-4


足の踏み場もない感じだ
倒木-5


この先、数百メートルの場所で一人の方が倒木で亡くなった
倒木-6



倒木-7



倒木-8
 春が来た  2018/03/19 (Mon)
遅い春がやってきた。雪も解け、青い空がやってきた。
一年を通して撮っている夏井のはざ木。先日撮った時は雪景色だったが、その雪も解け、芽吹きを待つ季節になった。


雲一つ無い晴れ
春が来た-1



春が来た-2



春が来た-3



春が来た-4



春が来た-5


新しい命も
春が来た-6
 林に射す  2018/03/18 (Sun)
雪の残る林は晴れても薄暗い。その中で一筋の光の射す場所がある。
その光を求めて林の中をウロウロ。手持ちで。

正面から
光射す-1


斜めから
光射す-2


強い光
光射す-7



所々に・・・
光射す-4



光射す-5


落ち葉も輝く
光射す-6
洗車
長い冬も終わったので、汚れた車の洗車をやった。雪国で冬を越した車は傷んでいたり、様々な汚れが残る。除雪車が積み上げた固い雪にバンパーなどをこすって傷をつけることもある。消雪パイプの水には鉄分が多く含まれているので、車にも赤さびがつく。凍結防止剤も錆を発生させる。それらを点検し、汚れを落とすのだが、簡単には落ちない。特に、消雪パイプで汚れたボディーは専用の液を使わないと元に戻らない。今冬は前後のバンパーを痛めてしまった。でも、もうどうでもいい感じになっていて、そのままにすることにした。
 雪の残る林  2018/03/17 (Sat)
雪もすっかり消え、本格的な春の訪れを待つだけとなってきた。

午後から晴れたので、時々行く林の大雪の被害が気になり、様子を見に行ってきた。
林の中はまだ残雪があり、その雪の上には大量の葉や枝が落ちていた。心配していた倒木も多かった。

毎年のこととはいえ、春先の林は痛々しい・・・
雪の残る林-1



雪の残る林-2


この辺りは一面落ち葉だらけ
雪の残る林-5



雪の残る林-4



雪の残る林-3



雪の残る林-6
 寒さが戻って  2018/03/16 (Fri)
昨日の暖かさが嘘のような寒さだ。
三寒四温と波打ち際には共通するものがあるように思う。
寄せては返す波に打ち上げられられ、落ち着く場所を探す漂流物。


砂浜にて-1



砂浜にて-2



砂浜にて-3



砂浜にて-4



砂浜にて-5



砂浜にて-6
 河の夕暮れ  2018/03/15 (Thu)
日も長くなって、夕暮れ時を撮ることができるようになってきた。
気温も上がり、すっきりしない夕暮れの空を。


河の夕暮れ-6



河の夕暮れ-1


一筋の飛行機雲
河の夕暮れ-4



河の夕暮れ-3



河の夕暮れ-2


土手の小さなお宮
河の夕暮れ-5
 漂う-Ⅱ  2018/03/14 (Wed)
波に漂う流木の続き。波と光と流木と。
この組み合わせは常に変化するので、何度撮っても、何枚撮っても楽しい。

漂う-5



漂う-8



漂う-7



漂う-6



漂う-2
 土手の春  2018/03/13 (Tue)
緑はまばらだが、春は着実に来ている。
土手には土管が合う?


春の土手-1



春の土手-2


ゴミと土管と河と・・・
春の土手-3



春の土手-4



春の土手-5
春らしくなって、土手を散歩するのも楽しくなってきた。
午後の日射しに向かってカメラを向けるとシルエットが強調されて綺麗だ。


橋を照らす-1


橋の上の車のシルエットが同じように見える  不思議だ
橋を照らす-2


同じ形状なのが面白い
橋を照らす-3



橋を照らす-4



橋を照らす-5
ブログには花の画像が溢れているが、雪国の花の季節はまだ先。
桜の樹に椿が同居している場所がある。もしかしたら花に出会えるかもと思って行ってみた。

道路脇には雪が残る
桜と椿-1


桜の樹と椿が同居
桜と椿-5


チョットだけ・・・
桜と椿-3



桜と椿-4

そして今日は3月11日。テレビ局は朝から震災報道を行っている。あの日から7年。
この間、大雨や台風、大雪、火山噴火など日本列島は災害に見舞われてきた。その一つ一つを思い出せないくらい災害が続く。

人間の記憶は曖昧だ。3.11の記憶も薄れてきている。 写真だけは当時を鮮明に記録している。
3.11-1


2012年8月に被災地を廻った
3.11-2


陸前高田から福島の相馬へ   三陸鉄道
3.11-3


瓦礫の撤去は進んでいたが、復旧、復興はこれからだった
3.11-4



3.11-8



3.11-5


南三陸町 防災庁舎
3.11-6


釣り  相馬港
3.11-7
車で廻っただけだったが、自分の目で見られてよかった。また来よう、と誓って6年が経ってしまった。
 大鳥居  2018/03/10 (Sat)
今回のインフルエンザはきつかった。やっと体調も回復し、久しぶりの外出。回復まで、ほぼ一週間掛かった。
昼食は大鳥居の近くの食堂。まだ味は分からず、何を食べても美味しくない。食後、今日のブログ用に大鳥居を撮った。

建立時には日本一の高さを誇ったが、後出しでどんどん抜かれてしまった。それでも高さ30mは迫力ある。
柱の直径2.2mは立派。

弥彦山を背景に
大鳥居-1



大鳥居-2



大鳥居-6



大鳥居-3



大鳥居-4



大鳥居-5
 自撮り  2018/03/09 (Fri)
同じ海岸で何度も撮っていると、飽きも出てくる。
今まで撮っていない場所を探したり、カメラの位置を変えたりするのだが、たいしたことはない。
そんなこともあって、海岸を歩く足と波に映る影を自撮りした。


波に立ち向かっている感じを出して?
波打ち際散歩-6


左足には小さな穴が空いているようで濡れた
波打ち際散歩-5



波打ち際散歩-7



波打ち際散歩-4



波打ち際散歩-2


大きな波が来ると足が救われることも
波打ち際散歩-1
 岩と釣り人  2018/03/08 (Thu)
岩場の釣り人。荒波の中、その堂々とした姿は格好良い。

岩と-1



岩と-2



岩と-6



岩と-7


たまたま入った鳥
岩と-5
 漂う  2018/03/07 (Wed)
流木が海岸に打ち上げられて、波に漂っていた。
刻々と変化する波と光にパチリ。


漂う-1



漂う-3



漂う-4



漂う-10



漂う-9

続く・・・
 砂と岩  2018/03/06 (Tue)
いつもの海岸。砂浜にある岩がみせる表情が楽しくて、毎回撮っている。

大小の組み合わせ
岩と砂-1



岩と砂-2


岩の周りの模様が面白い
岩と砂-3


得体の知れぬ海中動物にもみえたりして
岩と砂-4



岩と砂-5
今回のインフルエンザは辛い。なかなか熱が下がらず苦しい。本当に治るのか不安になってきた。
 雪解け水を集めて  2018/03/05 (Mon)
急に暖かくなって、雪が一気に消えている。その雪解け水を集めて川は増水している。
シーサイドラインに出るところにある分水路。水量が増すと堰の波しぶきも激しさを増す。


堰-1



堰-2



堰-3


右奥が河口
堰-5



堰-4



堰-6
熱が下がらないので、医者に行ったら、インフルエンザだった。今週は大事な業務があるので困った。参った・・・
休むしかない・・・  みなさんも気を付けてください。
 浜辺に  2018/03/04 (Sun)
砂浜の波打ち際を撮っていると、いろいろなものを見つける。
枝もそうだ。枝は角度によって面白い絵になる。


足跡を付けないように、慎重に・・・
浜辺に-1



浜辺に-2



浜辺に-4



浜辺に-3



浜辺に-5
昨日から熱が出てきた。今日は一日寝ていたが熱は下がらない。この写真を撮りに行ったのが悪かったのかな。
朝から晴れて気温も上がり、春の陽気になった。
こういう日には海に行きたい。ということで、いつものシーサイドラインへ。

空もそうだが、海も青く見える
春の陽気に誘われ-1


この透明感が春らしい
春の陽気に誘われ-2



春の陽気に誘われ-3



春の陽気に誘われ-4



春の陽気に誘われ-5
 雪害&風害  2018/03/02 (Fri)
大雪、そして今回の低気圧による強風で倒木が相次いだ。
生の樹が折れた後の生々しさは凄味がある。


雪害 倒木-4



雪害 倒木-5



雪害 倒木-6



雪害 倒木-7



雪害 倒木-1



雪害 倒木-2



雪害 倒木-3
Template by :FRAZ