FC2ブログ

back to TOP

admin |  RSS
 間に合った  2017/10/31 (Tue)
日暮れが早くなり、陽の沈む時間帯にカメラを持てなくなってきた。
今日はギリギリ間に合って撮ることができた。
撮りたてほやほやの今日の夕陽を月と共に・・・

カメラの準備ができた時には既に半分沈んでいた
間に合った-1



間に合った-2



間に合った-3


あっという間に沈んだ
間に合った-4



間に合った-5


反対の空にはお月様
間に合った-6
スポンサーサイト



 杉林の空に  2017/10/30 (Mon)
秋の空と杉林。あまりいいタイトルではないが、綺麗な杉の林を見上げたら、ウロコ雲の空が見えた。
その組み合わせが面白く、三か所の杉林を梯子した。
撮っているとだんだんエスカレートするのが分かって、杉の樹より空に気持ちが移って行った。


綺麗な杉林
杉林の空-3


空に向かって真っ直ぐ伸びる姿は格好いい
杉林の空-1



杉林の空-2


二つ目の林
杉林の空-4



杉林の空-6


そして三か所目へ
杉林の空-5



四季を通して訪れている国上寺も紅葉が始まった。
まだ初期段階だが、緑との組み合わせもいい。
暫くの間、楽しめそうだ。


国上寺の紅葉-1



国上寺の紅葉-7



国上寺の紅葉-2



国上寺の紅葉-4



国上寺の紅葉-5



国上寺の紅葉-6
街や公園を散策すると紅葉の始まりに気付く。
その色付き始めた樹を探すのも楽しい。


病院の樹木
紅葉へ-1


公園の休憩所も
紅葉へ-2


お墓にも一本
紅葉始まる


会館脇にも
紅葉へ-4



紅葉へ-5


お寺の境内の落ち葉も
紅葉へ-6
 朝の贈り物  2017/10/27 (Fri)
朝日を浴びて夜露が輝く。
晴れた朝しか見られない宝物だ。
今朝は数分だったが、その朝の贈り物を撮ることができた。



朝の贈り物-1



朝の贈り物-2



朝の贈り物-3



朝の贈り物-4



朝の贈り物-5
 色付いてきた  2017/10/26 (Thu)
街が少しずつ色づいてきた。今日は朝霧が出て、その後は快晴になった。
昼休みの僅かな時間、カメラを手にできた。


色付いてきた-1



色付いてきた-2



色付いてきた-3



色付いてきた-4



色付いてきた-5



色付いてきた-6
今日はプロ野球のドラフト会議。注目の清宮選手は日本ハムが交渉権を得た。
松井のようになれるか、楽しみだ。
 紅葉前  2017/10/25 (Wed)
紅葉を前にした木々の緑は新緑の頃とは違った良さがある。
秋の光の中で緑を探した。


紅葉前-1



紅葉前-2



紅葉前-3



紅葉前-4
 台風一過  2017/10/24 (Tue)
大型の台風21号が去った。私の周辺でもいくつか被害が出た。
自然災害列島の日本の年中行事とはいえ、台風は怖い。
その台風が去った後の空は澄みきって綺麗だ。
青空の下、シャッターが切れて良かった。


台風一過-1



台風一過-2



台風一過-3



台風一過-4



台風一過-5
 秋を彩る  2017/10/23 (Mon)
秋を探して散策するのは楽しい。
まだ紅葉には早いが、撮りたいものに出会ったときは嬉しくなる。
そんな、ささやかな楽しみを。

真上から
秋の花や-1


蕾もいい
秋の花や-2



秋の花や-3



秋の花や-4



秋の花や-5



秋の花や-6
 秋の青空を見たい  2017/10/22 (Sun)
台風の雨雲が掛かって朝から雨。それもだんだん強くなってきている。

こんな時こそ青空が見たくなるものだ。
晴れていた頃の秋の空を。


やっぱりいいなー
秋晴れ-1



秋晴れ-2



秋晴れ-3



秋晴れ-4



秋晴れ-5
選挙を済ませた。幸い投票所が近くなので行くのは楽だが、先日、私に立会人を依頼に来られた方も居て申し訳ない気持ちになった。立会人が寝坊して投票所の開設が遅れたところもあったようだ。安易な気持ちでは引き受けられない業務だ。
最高裁判官の国民審査はよく調べないまま投票所に行ってしまい後悔も。8時になると出口調査で大量の当選確実者が発表されるのだろう。出口調査が始まってから、ドキドキ感が無くなった。
 落ち葉もいい  2017/10/21 (Sat)
台風が近づいていることもあって、少し暖かい。
どんよりした雲り空の下で撮れるものと言えば「落ち葉」。
安易な発想というのは分かっているが、旬のものと思えば落ち葉も立派な被写体だ。


階段に落ち葉
落ち葉-2



落ち葉-1



落ち葉-3



落ち葉-4



落ち葉-5


またまた蜘蛛の糸と
落ち葉-6



落ち葉-7
 田ノ浦海岸  2017/10/20 (Fri)
雨が続いている。大型の台風21号も不気味だ。

田ノ浦海岸は年に何度も訪れるお気に入りの海岸。
取り立てて面白味は無いが、平凡も非凡になることもある・・・と。


海岸に降りる手摺
晴れていた海岸-1


波から
晴れていた海岸-2


岩へ
晴れていた海岸-3



晴れていた海岸-4


釣り人独り
晴れていた海岸-5
既に稲刈りは終わっているが、観光客や写真愛好家向けなのだろうか、秋の日射しを受けて目立つ。
米つくりに対する感謝を忘れないためのモニュメントにも見える。
つい誘われて・・・


秋の色-1



秋の色-2



秋の色-3



秋の色-4



秋の色-5



秋の色-6

 君は幸せか・・・  2017/10/18 (Wed)
秋晴れの陽が傾くころ、花壇にアマガエルたちを見つけた。
たち、というのはたくさんいたからだ。何故ここにアマガエルなのかはよく分からないが、花をベットに気持ちよさそうだった。
とても幸せに見えたカエルたち、ありがとう。「君は幸せか」・・・


大きな花のベット
アマガエル-1


いました
アマガエル-2


ここにも
アマガエル-3



アマガエル-4



アマガエル-5


これは?
アマガエル-6
 林の中で見つけた  2017/10/17 (Tue)
先日の蜘蛛の糸を撮ってから、林の中を歩くのが楽しくなり、再び林の中へ。
冬を前にして、緑と紅葉の共演を探して。


一際目を惹く
林の中で-1


看板の周りは緑で一杯
林の中で-2


再び蜘蛛の登場
林の中で-3


落ち葉が一枚
林の中で-4



林の中で-5


こういうのがいい
林の中で-6



林の中で-7
 波間に  2017/10/16 (Mon)
波間に漂う漂流物を探して海岸を散策するのは楽しい。

ペットボトルが流れ着いていた。時より強い波が来ては波に飲み込まれる。
その様子をしゃがんで撮っている姿は滑稽に写っているのだろうが、撮り手はドキドキ気分一杯だ。


ペットボトルを見つけた
波間に-1



波間に-2



波間に-3



波間に-4


これは何だ?とよく見たらスルメだった  茄子とともに
波間に-5


砂浜に茄子? 何か変だが、流れついていた
波間に-6
黄色い悪魔の第二弾。
車を走らせると、至る所、景色が黄色になっている。
美しい黄色ならいいが、不気味な黄色は気持ちの良いものではない。
地下茎で勢力を拡大するから、去年より今年、今年より来年とその景色は広がる。

どこを撮っても・・・
どこにも-1



どこにも-2



どこにも-3



どこにも-4



どこにも-5



どこにも-6



どこにも-7
 光る海  2017/10/14 (Sat)
海を逆光で撮ると光って見える。岩の黒と光る海のコントラストは綺麗だ。
青い空も海も色を失って海が光る。

「光る海、光る大空、光る台地・・・」エイトマンの主題歌だ。。1963―1964年のアニメだから知っている人は少ないかも

光る海-1



光る海-2



光る海-3



光る海-4



光る海-5
 曇りのち晴れ  2017/10/13 (Fri)
朝まで雨が残ったが、午後から晴れ間が広がって、久しぶりに海岸まで出てみた。
釣り人が独り、先客としていたが、静かな秋の海岸。
昼まで雲で覆われていたとは思えない青い空と少しの波。昼間の撮影には一番いい状態。
ほんの20分だったが、すっきりした。

いつもの田ノ浦海岸
晴れ間-1



晴れ間-2



晴れ間-3



晴れ間-4


水溜りに写る空を
晴れ間-5


ちょうど良い波
晴れ間-6



晴れ間-7
 黄色い悪魔  2017/10/12 (Thu)
黄色い悪魔、というタイトルは使いたくないが、空き地という空き地に黄色の不気味な花が咲く。
特定外来種のセイタカアワダチソウだ。名前の通り背が高く、風に揺れる姿は悪魔そのもの。その姿は風景を支配する。
初めて見た時は綺麗と思ったこともあるが、今はとてもそういう気持ちにはなれない。

今日のどんよりとした天気にピッタリなので、嫌だけど撮ることにした。


黄色い悪魔-2



黄色い悪魔-3



黄色い悪魔-4



黄色い悪魔-5


晴れるとこんな風に見えるから惑わされることも
黄色い悪魔-6
 蜘蛛の糸  2017/10/11 (Wed)
今の時期、林の中に入ると蜘蛛の糸(巣)をたくさん見かける。冬を前に食糧を蓄えるためか蜘蛛は食欲旺盛になり巨大化する。
気を付けないと顔や髪に糸がくっつく。蜘蛛の糸は強力だ。落ち葉やバッタまでも身動きできなくなる。
芥川龍之介もこんな光景を見ていたのだろうか。 (巨大な蜘蛛も登場)


落ち葉も空中で止まる  あちこちにこうした光景が現れる
蜘蛛の糸-1


主の登場
蜘蛛の糸-2



蜘蛛の糸-3


かなり高い場所にも
蜘蛛の糸-4


ここからフラッシュを使って
蜘蛛の糸-8



蜘蛛の糸-9


バッタも餌食に  もう一匹捕まっていた
蜘蛛の糸-7
 海辺を歩く  2017/10/10 (Tue)
連休を利用して海辺を散歩した。特に目的もなくブラブラと。
途中、海産物のお店で浜焼きも食べたりしてのんびり過ごした。


ゴムボート一艘
海辺を歩く-1


漁港
海辺を歩く-2


街燈には海鳥
海辺を歩く-3


高台の別荘?
海辺を歩く-4


お食事処
海辺を歩く-5


日本海の北風が造り出した樹の造形
海辺を歩く-6
カウンターが復活したようです
 照明寺 再び  2017/10/09 (Mon)
三連休最終日は二度目になる照明寺訪問。前回は真夏だったので暑くて見られなかった場所も今回はゆっくり廻れた。
そこで見つけた面白いものを狙ってみた。


照明寺
照明寺-1


彫りもいい
照明寺-2


万霊塔
照明寺-3


こんなところに鐘が
照明寺-4


裏手にあった桶
照明寺-5


石段にひょっこり
照明寺-6
昨日あたりから、カウンターがおかしい。他の人のを見てみたら、ちゃんと動いている人もいれば、同じように表示できない人もいる。
 夕陽とススキ  2017/10/08 (Sun)
連休二日目は良い天気と気温の上昇でお出掛け日和になった。
そうしたこともあり、朝からお出掛け。何処も人・人・人だったが、冬を前に秋晴れを楽しめた。

帰り道、ブログに載せる写真を撮るため、ススキの原に寄って夕陽と組み合わせて撮った。


夕陽とススキ-7



夕陽とススキ-2



夕陽とススキ-4



夕陽とススキ-5



夕陽とススキ-6
今年で5回目となる「工場の祭典」。普段は工場として生産稼働しているところを一般の人にも開放する企画。
ものづくりの街として有名な燕と三条の工場が見られる、とあって最近は多くの観光客(見学者)が訪れている。
今年は周辺の町も加わり103箇所がメンバーになり、10月5日~8日まで開催されている。
メインカラーはピンクのストライプ。ピンクのストライプのある処を探して走るのも楽しい。


訪れたのは伝統工芸の銅器で有名な「玉川堂」  ピンクのストライプを目指して
工場の祭典-1


玉川堂の商品。最近は銀座や青山にも出店している。このやかんでウン拾萬円とか
工場の祭典-2


工場内で工程の説明が行われる  スタッフはピンクのストライプのシャツを着ているから直ぐにわかる
工場の祭典-3


体験会も行われていた
工場の祭典-5


工具
工場の祭典-4


コークスを燃やす炉
工場の祭典-6



工場の祭典-7


軍手もいい
工場の祭典-8


お邪魔しました
工場の祭典-9


隣の駐車スペースでは車の本屋がオープン
工場の祭典-10
職場のコルチカムが満開になってきた。先日撮ったときはまだ小さかったが、今日見たら立派に成長していた。
そこで、改めて昼休みを使って撮り直した。整然と植えられているので面白味は無いかな。



コルチカム その後-1



コルチカム その後-2



コルチカム その後-3



コルチカム その後-4


紫が続いたので変化を付けて、コルチカムの花の横にある樹を一枚。
コルチカム その後-5
 帰り道  2017/10/05 (Thu)
帰りの時間帯、帰り道から見える夕暮れの空。
良い感じだなーと思って車を走らせていても、駐車スペースを探しているうちに空の表情はどんどん変化する。
撮りたい方向に変化すれば嬉しいが、逆なことも多い。明るく見えた空を黒雲が浸食した。


帰り道-1



帰り道-2



帰り道-3



帰り道-4
 紫色の花  2017/10/04 (Wed)
天気ははっきりしないし、気温も下がって気持ちがグレーになる。
少しでも明るくなりたいと思い、職場に咲いている紫の花を撮ることにした。


コルチカム 
ピンクの秋の花-1



ピンクの秋の花-2



ピンクの秋の花-3



ピンクの秋の花-4



ピンクの秋の花-5



ピンクの秋の花-6
 落日  2017/10/03 (Tue)
陽が沈む時、何を思うかでその人の今が分かる、という人がいる。
輝いていたものが沈む、と考えると真っ赤な空も美しく見えない。
「落日」は城山三郎の「落日燃ゆ」を思い出す。この小説を読んでから、広田弘毅の生き方と東京裁判に興味を持った。


昨日沢山載せたので、今日は3枚で
落日-1



落日-2



落日-3
民進党も落日の時を迎えてしまった・・・
衆議院選挙はいつも悩む。住んでいる処と職場で選挙区が異なるからだ。前の職場もその前の職場も違っていた。
タイトルを見てビックリする人も多いと思うが、旅行サイト「トリップアドバイザー」の「夏のフォトジェニックス観光スポット」の写真投稿で日本人旅行者部門のNo1に弥彦神社が輝いた。(ベスト10は最後に掲載)
身近すぎてピンと来ないが、口コミでは「夏の盛りなのに爽やかさが漂う景色」「引き締まった気持ちになった」などの投稿も。
私も暑さをしのぐために日陰の多い境内を散歩したからその気持ちはよく分かる。それにしても、日本で一番とは。
そんなこともあり、何度も載せているが、今日は休みなので改めて気合を入れ直して撮ってきた。

NO1を記念して?一挙10枚を。  皆さんも是非おいでください
弥彦神社-1



弥彦神社-2


神社は11月1日から始まる「菊まつり」の準備中。日本三大菊まつりにも数えられている
弥彦神社-3


境内には菊を展示する菊棚が並ぶ
弥彦神社-4



弥彦神社-5


人気スポットの「玉の橋」
弥彦神社-6


何度も登場する狛犬
弥彦神社-7


こちらはゴジラ似?
弥彦神社-8



弥彦神社-9


菊を展示する小屋の屋根部分
弥彦神社-10
ベスト10 
1位 弥彦神社(新潟県弥彦村)
2位 瑞龍寺(富山県高岡市)
3位 成田山 新勝寺(千葉県成田市)
4位 青函連絡船 メモリアルシップ 八甲田丸(青森県青森市)
5位 明治神宮(東京都渋谷区)
6位 ニッカウヰスキー余市蒸溜所(北海道余市町)
7位 グラバー園(長崎県長崎市)
8位 出島(長崎県長崎市)
9位 端島(軍艦島)(長崎県長崎市)
10位 皇居東御苑(旧江戸城本丸跡)(東京都千代田区)
Template by :FRAZ