back to TOP

admin |  RSS
 浜大根の花  2017/04/30 (Sun)
海岸を走っていたらハマダイコンの花が群生している場所を通った。
車を停めるところを探して早速撮影。山際と海岸側に咲いていたので、それぞれに合うよう撮った。
道路の標識が花に埋もれるようにちょこんと立っていたのでそれを主役に。そして、浜側も。明日から五月・・・

駐車スペース脇に浜大根の花
ハマダイコンの花-1


道路標識のちょこっと感がいい
ハマダイコンの花-2


海側。岩をバックに
ハマダイコンの花-3



ハマダイコンの花-4


浜に咲くから浜大根とはよく言ったものだ。この景色を見ると納得
ハマダイコンの花-5



ハマダイコンの花-6
スポンサーサイト
 水鏡 八重桜  2017/04/29 (Sat)
連休に入った。午後から大荒れの天気。土曜日の休日、何か損をした感じ。

昨秋の紅葉期にも撮った小さな農業用の池。周囲を山に囲まれているため風の影響を受けにくい。
手頃に水鏡が見られるので八重桜の咲く頃には足を運んでいる。
新緑と八重桜と水の組み合わせは心地いい。



八重桜 合せ鏡-1



八重桜 合せ鏡-2



八重桜 合せ鏡-3



八重桜 合せ鏡-4



八重桜-8
 少し早い新緑  2017/04/28 (Fri)
新緑の季節になった。連休は野山の緑が輝き始める頃。
何処に行こうか、何を撮ろうか、今から楽しみだ。
しかし、これといった計画は無い。3日は出掛けるが、半分用事なのでどうなるか。人混みは嫌だし・・・

新緑本番を前に少しでも早くと撮ってみた

タイミングよく飛行機雲
新緑-1



新緑-6



新緑-3



新緑-4



新緑-5



新緑-7
 公園でみつけた  2017/04/27 (Thu)
公園で見つけた楽しいものを。
公園を散策していると思いがけないものに出会うことがある。
それはレンズを通してのみ捉えられるものかもしれないと思い、シャッターを切る。


思わず撮ってしまった
公園にて-2


取って付けたように見えた
公園にて-3


角度を変えて
公園にて-4


普通か
公園にて-1


春らしく
公園にて-5



 散りゆく桜  2017/04/26 (Wed)
桜の季節も終わりが近づき、至る所で桜が散っている。
劇的なシーンに出会うことはないけど、小さなドラマを見つけて。

弥彦公園にて、散りゆく桜

咲く桜と散る桜
桜散る-1



桜散る-2


桜貝にも見える
桜散る-3


池にも
桜散る-4



桜散る-5


水面で再び枝に咲く
桜散る-6
今村復興大臣が辞任した。問題発言とはいえ、本人は問題とは思っていないから発言している。リスクを考えてのことだろうが、東京一極集中の弊害でもあるように思う。日本には無駄な場所、いらない地方など無いと思うが・・・
 升箕の桜  2017/04/25 (Tue)
山沿いにある升箕地区。そこの升箕社と隣の升箕公園に咲く桜。
先週末撮ったものだが、平野部より遅く咲く桜を求めて山沿いを走って見つけた。
桜が遠くから見えたので、ナビで探して辿りついた。初めての場所だったが、思いのほか美しい処で独り撮りを楽しんだ。


升箕公園。満開の公園には誰も居なかった
升箕の桜-1



升箕の桜-2



升箕の桜-3


升箕社。鳥居と桜は好きな組合せ
升箕の桜-4



升箕の桜-5



升箕の桜-6
福知山線の事故から今日で12年が経つ。一報を聞いた時、今の時代そんなことが起こるのかと信じられなかった。
運転手は未だ20代の若者で運転歴も1年ほどだった。多くの命を預かる業務を一人の人間に任せている現状では、再び同じようなことが起きても不思議ではないと思う。バスも・・・。
 桜と水芭蕉  2017/04/24 (Mon)
また桜に戻って弥彦の水芭蕉園。あまり知られていないが、水芭蕉園の上には桜もあって絵になる。
ちょっと狭く、標準レンズでは全体が入らないので広角が必要な場所。

桜の花弁が散り始めて水芭蕉の周りに散っていた。それはそれで面白いので、水芭蕉と桜の花びらの組み合わせで。


横で撮ると広角を使っても苦しい
桜と水芭蕉-1


縦に使うと空も入る
桜と水芭蕉-2



桜と水芭蕉-3


水芭蕉と散った花弁の白の組み合わせが綺麗
桜と水芭蕉-4



桜と水芭蕉-5
 旧笹川家住宅  2017/04/23 (Sun)
久し振りに桜から離れることにして、今日行ってきた「旧笹川家住宅」を。
1826年に建てられた大庄屋の建物は重要文化財に指定されている。
何度か訪れたことはあったが、カメラを始めてからは初めて。旧家の持つ重量感、静寂感を改めて見直した。

晴れて光が強かったので、室内と外との関係を光で。


表門から
旧笹川家住宅-1


広間
旧笹川家住宅-3


囲炉裏の間
旧笹川家住宅-4


奥土蔵
旧笹川家住宅-6


広間から表門
旧笹川家住宅-2
続く・・・
 桜 弥彦公園  2017/04/22 (Sat)
何日桜が続いているだろうか。少し疲れてきたが、平野部の次は山沿いへと桜の撮り旅(廻っているだけ)を続けている。

私の定番、弥彦公園の桜。広角でメインストリートの桜を撮ることに。

メインストリート。影が出ると立体感が生まれて綺麗に見える
弥彦公園の桜-1



弥彦公園の桜-2


この2・3年でトイレや道が整備されて綺麗に使いやすくなった
弥彦公園の桜-3


入口
弥彦公園の桜-4



弥彦公園の桜-5


染井吉野は青空に映える
弥彦公園の桜-6
 桜 大河津分水  2017/04/21 (Fri)
自宅周辺の桜はほぼ終了したが、山沿いの桜はまだ見頃。
今回は桜の名所100選にも選ばれている「大河津分水」の桜。
毎年4月の第3日曜日にはおいらん道中も行われている。
当日は分水までは行ったが、あまりの人出においらん道中は断念。その代わり土手の桜並木を散策した。

近郷に「○○桜」と呼ばれている銘木は無いから、こうした桜並木を楽しんでいる。

土手の桜は数キロにも
大河津分水の桜-1



大河津分水の桜-2



大河津分水の桜-4


土手には3列に桜が植えられている
大河津分水の桜-5



大河津分水の桜-6


分水駅の桜とおいらん道中の旗。駅の桜も見どころ。 凄い風だった・・・
大河津分水 桜-7
この日の人出は9万人、と翌日の新聞に載っていた。おいらん道中が行われる桜並木は新しい樹に植え替えられ、樹齢は若い。
 菜の花と桜  2017/04/20 (Thu)
まだまだ続く桜。
弥彦山が一望できる広域農道に桜が植えられている。桜の樹の下には菜の花。よくあるパターンだけど絵になる。
ただ、駐車場が無く車を停めるのに一苦労する。

強風の中、菜の花は真横に倒れて面白い絵になった。


田んぼの中にずーっと
菜の花と桜-1


強風で菜の花は右へ
菜の花と桜-2



菜の花と桜-3


正面に弥彦山
菜の花と桜-4


それにしてもすごい風だ
菜の花と桜-5
 鳥居と桜と  2017/04/19 (Wed)
強風が吹き荒れ、桜も散り始めた。今年の平野部の桜ももう直ぐ見納め。
桜を追いかけ、沢山シャッターを切った。それをブログに載せて満足する毎日。
また桜か、と思われるかもしれないが、季節ものなのでもう少し桜の画像が続く。

何時もの弥彦神社。大駐車場は桜の名所。鳥居と桜との組み合わせで・・・


一番好きなポジション
鳥居と桜-1



鳥居と桜-2



鳥居と桜-3



鳥居と桜-4


桜園の桜越しに。桜園には数十種類の桜があって楽しめる
鳥居と桜-5



鳥居と桜-6
昨日から天気は大荒れ。この季節に時々現れる低気圧が引き起こしているからか。

道路下にある小さな神社と公園。小さいが、ぐるりと桜の木が取り囲む美しい場所だ。
毎年のように撮影に行っているが誰も居ない。
遊び手のいない滑り台やブランコと満開の桜とのコントラストが・・・ちょっと物悲しい。



遊具のある公園と桜-1


ちょっと動かして・・・
遊具のある公園と桜-2


道路から見下ろして
遊具のある公園と桜-3


神社の飾り
遊具のある公園と桜-4


神社のガラスに写して
遊具のある公園と桜-5


左上に道路
遊具のある公園の桜-6
週末は桜が満開になり、あっちこっちに桜を探して駆けずり廻ったのでいささか疲れた。
これといった画像は無いが、枚数だけはしっかり稼いだので、暫くは桜一色になりそう。

今回はその中でちょっとドキドキしたものを・・・


今日も桜-1



今日も桜-2



今日も桜-7


桜ホール?
今日も桜-3



今日も桜-5


花弁の塊がバラバラなのが面白い
今日も桜-6

 桜撮り 弥彦  2017/04/16 (Sun)
今日は休日、そして晴れ。さっそくカメラ片手に桜を求めて弥彦方面に向け出発。
人気の場所は人混みが予想されたので、穴場を中心に廻った。

桜はたくさんあるが、電柱や電線、住宅や看板などの影響を受けない場所は少ない。
桜だけを撮ろうとすると大変だが、日常空間の中にあるもの、と割り切ると全てを受け入れられる。


麓地区の神社。青い滑り台がアクセントになっている
桜 弥彦麓-1



桜 弥彦麓-2



桜 弥彦麓-3


相撲場や巨木もいい
桜 弥彦麓-4


神社の手前の記念碑
桜 弥彦麓-5


弥彦山を望む公園。右はゲートボール場
桜 弥彦麓-6
 桜 白山公園  2017/04/15 (Sat)
今日は朝から雨。桜のシーズンの雨は痛い。それでも撮らなければならないと焦る、焦る。
その気持ちのもと、雨の中、カメラを持って撮ってはみたが、どんよりした空の下ではパッとしない。
昨日の晴れの画像が沢山あるので今日は晴れの桜を

白山公園の桜を建物と共に

県政記念館と
桜 白山公園-2


リュートピアと
桜 白山公園-1


人工の池と
桜 白山公園-3


陸上競技場と
桜 白山公園-5


県民会館の玄関のドア越しに
桜 白山公園-4
 花見客 白山公園  2017/04/14 (Fri)
白山公園の桜が満開になって花見客で賑わっていた。気温も上がって絶好の花見日和。
今日は金曜日だというのにこんなに大勢の人がいてビックリ。
お昼時だったので、会社やグループでお昼を食べに来ている人たちもいて羨ましかった。
子供連れやお年寄りもたくさんいたが、若い女の子たちのなんと多かったことか。これもびっくり。

今回の主役はその花見の人を・・・。後ろ姿中心に。


一枚目からこれ。夜の会の席取りだろうが、男の後ろ姿と華やかな花の対比に惹かれた。男はつらいよ・・・
花見 白山公園-4



花見 白山公園-6


池越しに花見客
花見 白山公園-1



花見 白山公園-5



花見 白山公園-2


最後は川べりの花見をする(?)彫刻作品。これがいい。後ろ姿もいい。
花見 白山公園-3
 桜 咲く  2017/04/13 (Thu)
ようやく桜が咲いた。東京に遅れること20日経っての開花だ。
ところが花冷え。カメラを持つ手も震える。仕事帰りの時間帯、夕陽を浴びて赤く染まって綺麗だ。

満開は週末頃か・・・

まだ五分咲き、それもいい
初桜-1



初桜-2


夕陽に染まる
初桜-3



初桜-4



初桜-5


同じところをフラッシュで
初桜-6
 海と松  2017/04/12 (Wed)
海岸に立つ一本の松。典型的な日本の風景。

松の持つ力強さと忍耐力、人の生き方にも似ているなー。
一本の松を寂しく感じるか、力強く感じるかはそれを見るときの状態で決まるように思う。


この風景なんだなー
海を望む-1



海を望む-2


左の松はほぼ水平状態。凄いなー
海を望む-3


潮の路?
海を望む-4



海を望む-5

 春の花たち  2017/04/11 (Tue)
春は花の季節。つい先日まで、花など見ることもできなかったが、至る所で咲き始めた。そして、桜も開花期を迎えた。
花の写真は多くの人がブログに載せているので、目新しはないけど、冬を超えた春の花は撮りたくなる。

野に、神社に、道端に咲く花、それぞれ想いを込めて撮ってみた。


春の花たち-1



春の花たち-6



春の花たち-2


咲いている花もいいが、落ちた花もいい
春の花たち-3



春の花たち-4



春の花たち-5
 椎谷観音堂 石仏  2017/04/10 (Mon)
椎谷観音堂は海を見下ろす山の中腹にある。大きな欅の木があって、それを撮るため何度か訪れている。
何度か行っているが人と出会うことはほとんどなかったが、この日は人と会った。
そのことがとても嬉しく、ゆっくり撮ることができた。誰も居ないと、どこか不安を感じることがあるからだ。

椎谷観音堂には石仏も多い。それぞれに趣がある。


どこにピントを合わせるかでまったく違ったものになるから難しい
石仏-1



石仏-2


大欅の前に立っている石仏。どこかアルカイック的だ
石仏-3


一番大きな石仏
石仏-4



石仏-5


落ち葉や枝などを処理していた。その煙と石仏がいい感じに見えた。
石仏-6

 雨の中に花  2017/04/09 (Sun)
やっと春が来たというのに朝から雨模様の天気。掃除や片付け、溜まった作業などで過ごした。

玄関先を見たら、我が家の椿が雨に濡れ咲いていた。こんなに咲いていたとは知らなかった。人の家先はよく見ているのに・・・。
雨の滴が綺麗だったので、久しぶりにマクロレンズを取り出してみた。三脚を立てても雨の中で風もあり、完全には静止しない。


雨の中に花-1



雨の中に花-2



雨の中に花-3



雨の中に花-4



雨の中に花-5


こんな感じに咲いている
雨の中の花-6
 原発の見える海岸  2017/04/08 (Sat)
今日は曇り空の一日。久し振りに原発の近くを通ったので、近くの海岸に出てみた。
曇り空の下、原発も霞んで見える。足元には花が咲き、その違いも日常だと思った。

この原発が計画されてから、地元や県内は賛成派と反対派に二分され、選挙のたびに天秤に掛けられてきた。
そして、多くの人間関係が壊されてきた。地元の産業は原発関連が増え、今は危機的な状態になっている。
世界最大の原発と銘打って大々的にPRしてきたが、福島の事故以来、世界最大の負の遺産になるかもしれないという恐怖が広がっている。
東電の電力は県内では消費されない。せめて地元の電力会社の原発なら・・・。


原発の鉄塔が見える
原発の見える海岸-1


世界最大の原発
原発の見える海岸-2


凪の海
原発の見える海岸-3



原発の見える海岸-4


黄色が目に飛び込んでくる
原発の見える海岸-5


話は変わって、昨日カメラを購入。久しぶりの新機種だ。一眼レフではなく、高倍率タイプのニコンCOOLPIX B700。
初めてこのタイプを手にすることになったが、実は娘のために購入。充電し、数枚撮って渡してしまった。感想も何も無い・・・
原発の見える海岸-6
 桜はまだか・・・  2017/04/07 (Fri)
小雨の一日。桜の開花は近いが、雨はどうなのだろうか。
花の咲く前の桜の木もワクワク感があって面白い。

しかし、その時を迎えられず倒れてしまった樹もあって、自然の厳しを見ることも。

桜で有名な通りも
桜はまだか-1



桜はまだか-2



桜はまだか-3


もう直ぐだ
桜はまだか-4


池の畔にその姿はあった
桜はまだか-5


根本が腐っている。それに風雪の力が加わって・・・
桜はまだか-6
 公園の中の水に  2017/04/06 (Thu)
急に暖かくなった。これからずーっとこんな気温なのだろうか。

新緑には未だ早い公園。静かな公園で川や滝、それに噴水だけが動いて音を出している。
その動きを止められるのもカメラの面白いところだ。

小さい落差もいい
公園の水に-1


滝も
公園の水に-2


水の流れ着く先にある池の噴水
公園の水に-3



公園の水に-4


水の造形物?
公園の水に-5
 「本日休業」  2017/04/05 (Wed)
あそこで食べたい・・・と楽しみに向かった先が休みだったりすると、ショックを受ける。

この日は、まったくついていなかった。朝から一時間掛けて行った施設は休み。
次に寄ったカメラ店では欲しいレンズが在庫切れ。そして、昼はご覧の通り「本日休業」。
仕方ないので、お店の周りを撮って次に向かう。ところが、その次の店も休み。
結局、売店で簡単に食べて終了。平日はこうしたことがあるから怖い。

牡蠣の殻が綺麗に吊り下げられていたので撮ってみたが、殻が空(空しい)に。


あー牡蠣を食べたい
休日・・・-1



休日・・・-2



休日・・・-3


看板が気持ちをそのまま表している。これを見たら、納得・・・
休日・・・-4


店の奥は恋人たちに人気のスポット
休日・・・-5


日本海は普段通り
休日・・・-6
 桜に負けない  2017/04/04 (Tue)
東京は桜が満開のようで、桜に関するブログも多くなっている。テレビも先を争って中継している。
雪国に桜が咲くころには、桜の画像は飽きられているかもしれない。初物に弱い心理が働くことも。
桜にはまだ10日以上は掛かりそうだ。それまで、待って・・・ほしい。

日曜日は日差しもあったので、国上山近くの公園や道の駅周辺を散策して、桜に負けない春らしさを探してみたのだが・・・

まずは白梅から
春の植物たち-1


良寛像と梅
春の植物たち-2


梅林で
春の植物たち-3


柳の芽吹き
春の植物たち-4


五重塔(少し小さい)とつぼみの枝
春の植物たち-5


紅梅
春の植物たち-6
 春を告げる花たち  2017/04/03 (Mon)
今日から新年度のスタート。転出入者もあり、毎年のことながら緊張感のある一日だ。昨年異動したので、今年はゆとりで。

春らしくなってきて、花が咲き始めた。雪国は雪のある間は花を見ることも無いが消えると一斉に咲き始める。
東京は桜、こちらは梅の季節。
昨日見つけた花たちを。暫くは花の画像が続きそうだ。


姫踊り子草から
春を告げる花たち-1


星の瞳も
春を告げる花たち-2


土筆もたくさんあった
春を告げる花たち-7



毎年作業場の駐車場の片隅に咲くクロッカス
春を告げる花たち-4


ご免なさい。杉の花粉
春を告げる花たち-6


水芭蕉は未だ早い
春を告げる花たち-5
 水仙と土筆  2017/04/02 (Sun)
雪の画像が続いたので、今度は花を。
日当たりのよい土手に水仙と土筆を見つけ、車を停めてカメラを手にした。
まだ背丈が低いから這いつくばっての撮影。通り過ぎる車からどう見られたのだろうか。


これから満開へ
水仙と土筆-1



水仙と土筆-2



水仙と土筆-3


土筆もまだ小さく少ない
水仙と土筆-5



水仙と土筆-4



水仙と土筆-6
さて、今日は4月1日。エプリルフール。何が本当で何が嘘なのか、見分けるのも楽しい。
人の生死などに関わらないものなら許せる日だ。私も、と思ってみたけど話題が無い。

八海山の麓の大前神社(おおさき)。平安時代に建立され、手水舎は名水として有名な「滝谷の清水」を分水している。
豪雪地帯の神社にとって冬は過酷な環境になる。雪の重さで周りの木々の枝や幹が折れ、社殿などが被害を受けることもある。大前神社も例外ではない。社殿はブルーシートで覆われ、落ち葉や枝が散乱し、境内全体が悲鳴を上げていた。

雪の中に立つ鳥居
大前神社-1


ブルーシートが見える
大前神社-2


名水の手水舎。その水量には圧倒される。
大前神社-3


痛々しい社殿
大前神社-4



大前神社-7



杉の大木も
大前神社-5


狛犬に救われた
大前神社-6
Template by :FRAZ