back to TOP

admin |  RSS
 秋晴れの植物たち  2016/10/31 (Mon)
昨日の秋晴れの続編。秋の陽射しを受けて植物たちも輝いていた。
光と影が織りなす陰影も綺麗だ。冬の前の陽射しはありがたい。

秋の陽射しと植物たち


花火のように輝いていた
秋晴れ Ⅱ-1


こちらは定番のすすき
秋晴れ Ⅱ-2


こちらも定番
秋晴れ Ⅱ-3


草地に射す
秋晴れ Ⅱ-4


赤とんぼも嬉しそう
秋晴れ Ⅱ-5
スポンサーサイト
 秋晴れ  2016/10/30 (Sun)
今日は昨日の天気とは打って変わって気持ちのよい秋晴れ。そんな日なのに午前中はゴロゴロしてしまった。
秋晴れの景色を撮れたのは3時過ぎ。急いで廻ったのは、弥彦文化会館周辺の公園。

赤とんぼも沢山飛んでいた


文化会館前の階段
秋晴れ-1



秋晴れ-2



秋晴れ-3



秋晴れ-4


彫像も嬉しそうだ
秋晴れ-5


赤とんぼ。肩や手にもとまってくれるから嬉しい。
秋晴れ-6

 晩秋の田  2016/10/29 (Sat)
今日は朝から寒かった。日差しも無く、風も強い。
そうした中、知り合いのカメラマン(中村脩さん)の写真展を見に行ってきた。
プロの凄さに触れ、私なりに刺激を受け、帰り道、水田に向かった。
特に綺麗でも光も無い景色の中、「プロならどう撮るのだろうか」と自問しながら寒さに耐えた。
しかし、撮れたのは下の画像。所詮趣味の世界・・・。それでも楽しめるからよしとしたい。

この時期の田は新しい芽吹きがあったり、土地を改良する工事が始まっていたりと案外面白い。

青々とした姿はまるで春のよう
晩秋の田-1


北風に揺れる姿も面白い
晩秋の田-2


圃場工事
晩秋の田-3


水田というより牧草地のようだ
晩秋の田-4


もみ殻も工事に必要だ
晩秋の田-5
 日本海冬近し  2016/10/28 (Fri)
今日も海岸道路を走った。そこで波の高い日本海を見て、カメラを片手に海岸まで降りた。
ここは夏にも撮った海岸だが、冬型のためか波が高く恐怖も感じた。小雨で寒さも感じる中、波に向かった。

童謡「砂山」 北原白秋作詞   海は荒海 向こうは佐渡よ  は寄居浜の海の情景から生まれたという

海岸に抜けるトンネル。上は道路。
日本海冬近し-1


波が向かってくる
日本海冬近し-2



日本海冬近し-3


海の向こうに佐渡
日本海冬近し-4


波がぶつかり合う様は迫力満点
日本海冬近し-5
今日も何時もの橋の上からの夕暮れの情景を。
最近同じパターンを繰り返しているように思えてならない。行動半径、生活のパターンが固定化してきているからか。
打破したいが、元気と意欲が無くなりつつある。写真を趣味とする者にとってはまずい。
紅葉期をきっかけに変化したいが・・・


今日も綺麗な空が見られた
今日の夕暮れ-1



今日の夕暮れ-2



今日の夕暮れ-3


一番星が川面に映る
今日の夕暮れ-4

今日は出張先で一日立ち仕事。そこに向かう途中、時間調整のため寄った海岸。
波も少なく、秋らしい海の表情だった。10分程だったが、海を見ていたら穏やかな気持ちになれた。

立ち仕事を続けると膝の痛みが出るようになってきた。全てを歳のため、と解決したいところだがそうもいかない。


コントラストと明るさを少しいじってみた。
秋の海-1



秋の海-2



秋の海-3



秋の海-4



秋の海-5
もみじ谷の紅葉が美しい弥彦公園。その紅葉にはまだ早いが、所々色付いている木もあった。来週辺りから見頃になりそうだ。
弥彦は菊まつりも開催されるので、休日は凄い人で賑わう。最近は海外の人の姿もたくさん見られるようになった。
平日は保育園の園児の遠足と年寄りのツアーが目立つ。当然と言えば当然だが、なんとなく馴染めない。


もみじ谷は橋の赤が目立っている
紅葉近し 弥彦公園-1


色づいている木もある
紅葉近し 弥彦公園-2


銅像の周りのもみじはこれから
紅葉近し 弥彦公園-3


こちらは半々
紅葉近し 弥彦公園-4


池の周りは針葉樹が多い
紅葉近し 弥彦公園-5


おまけは、赤とんぼ
紅葉近し 弥彦公園-6
 波 しぶき  2016/10/24 (Mon)
岩に波が打ち付ける様はいつまで見ていても飽きない。
同じように見えるが微妙に違う。カメラは人間の目では見えない一瞬の表情を残してくれる。
日本画家の東山魁夷が唐招提寺の壁画を描いたとき、岩に打ち付ける波を何枚も描いて下絵に臨んだと聞く。
その気持ちがよく分かる日だった。



波・しぶき-1



波・しぶき-2



波・しぶき-3



波・しぶき-4



波・しぶき-5
 白岩海岸 散策  2016/10/23 (Sun)
白い岩のある白岩海岸。前回は田ノ浦海岸側から撮ったが、今回は間瀬海岸側から迫った。
一枚目を撮った場所から海岸に降り、撮影をしながら白岩まで歩いた。
人の入らない海岸なので、少しドキドキしながら散策。漂着物や波にレンズを向けて歩いた。
往復するとかなりの距離になる。体力維持に撮影は最適かも。


右上の岩が白岩。左の岩の先から海岸に降りた。
白岩海岸-1


白岩をバックに流木
白岩海岸-2


逆光なので白い岩肌が見難い
白岩海岸-3


白岩をアップで
白岩海岸-4


帰り道。陽も傾いて海岸が輝き始めた
白岩海岸-5
 角田岬  2016/10/22 (Sat)
角田岬は越後七浦の端にあり、白い灯台で有名な場所。そこから見える角田浜も綺麗だ。
岬には「判官舟かくし」の洞窟がある。判官とは源判官義経のことで、兄頼朝に追われ奥州まで舟で逃れる際(1187年)、追手から身を隠したと伝えられる洞窟である。
その洞窟には岬の下に掘られたトンネルを抜ければ直ぐに行ける。その先は遊歩道になっているが、波が歩道を覆いトンネルを抜けたところまででストップ。


角田岬の灯台
角田岬-1


遊歩道のトンネル
角田岬-2



角田岬-3


右奥が判官かくしの洞窟。二つの洞窟がある。
角田岬-4


遊歩道   波が高く、今日はここまで
角田岬-5

今日は冬型の気圧配置になったのだろうか、晴れているが気温も低く波が高かった。カメラ的には撮り易かった。
波は何度も撮っているから特に良いものが撮れるわけではないが、何故か撮ってしまう。

今日も大きな地震が鳥取で起きた。今年は熊本に続き二度目だ。
十年位前から地震の起きる頻度が高くなってきて、何時どこで起きてもおかしくない状態になってきた。
明日は家の家具の状態を点検しようと思っている。



波-1


彼方に佐渡が見える
波-2



波-3



波-4



波-5
 見納めの薔薇  2016/10/20 (Thu)
テレビで紹介されていたバラ園。この辺りは冬になると2m近い積雪になるから見納めと思ってゆっくり廻った。
只、ほとんどの薔薇は終わっていて、撮るのに苦労した。
スキー場に隣接しているのだが、そのスキー場は閉鎖されているようだ。



最後のバラ-1


一輪だけ・・・周りは既にお休み  なかなかシュールではないか
最後のバラ-2



最後のバラ-3



最後のバラ-5



最後のバラ-4
 橋からの夕暮れ  2016/10/19 (Wed)
夕焼雲が綺麗に見えたが、車を走らせていくと赤味が消えていく。
やっと撮影できる場所まで辿りついたときは雲には赤味が無くなっていた。
その分、空が綺麗になって行く。川面に映る空もいい。
なんとか間に合ってカメラを構えた。


橋の上は車が通ると上下に揺れる。三脚は立てているがブレてしまう。
橋からの夕暮れ-1



橋からの夕暮れ-2



橋からの夕暮れ-3



橋からの夕暮れ-4



橋からの夕暮れ-5
 八木ヶ鼻  2016/10/18 (Tue)
下田の景勝地「八木ヶ鼻」。シーズンを通して撮りに行っている場所。
秋晴れの下、堂々とした姿が嬉しい。五十嵐川沿いの公園に降りて暫く時間を過ごした。
この河川敷の公園は5年前の水害で壊滅的被害を受け、一面泥に覆われた。今は見事に復旧し、その痕を探すのも難しい。

岩山と川、そして公園の草地で見つけた葉っぱを。


200mの断崖
八木鼻-1



八木鼻-2


手前から守門川が合流
八木鼻-3


守門川
八木鼻-4


芝に浮かぶ葉・・・
八木鼻-5


番外 先日のペンキ塗り後の雨。雨水をはじく様は気持ちいい  車にワックスを掛けた時の心地よさに近い
ペンキ塗り 後

 秋晴れの水源地  2016/10/17 (Mon)
昨日の秋晴れの画像を。
時々撮影に行く水源地。紅葉には早かったが秋晴れの下、家族連れも多かった。
水源地なので水をテーマに撮ってみた。



水源地-1



水源地-2



水源地-3




水源地-4



水源地-5
東京電力柏崎原子力発電所の再稼働が一番の論点になった知事選挙が終わった。
 カフェ  2016/10/16 (Sun)
今日も晴れた。二日間メンテナンス作業をしたので、今日はテレビで紹介されたカフェやバラ園に行ってみた。
昭和10年に建てられた郵便局を改装したカフェ。
当時の状態をほぼそのままに保っていて、狭いながら趣のある場所。コヒーも美味しく頂けた。
カフェで出会ったものを


右奥の建物がカフェ。  手前の建物は明治時代に建てられた。
カフェ-1


カフェの待合場所に置かれた丸太の上に
カフェ-2


建物の中に
カフェ-3


すりガラス
カフェ-4


カフェの本棚
カフェ-5

紙風船の曲「冬が来る前に」ではないが、雪の季節も近づいてきて、冬が来る前にしなければならないことがある。
我が家は築30年が経ち、いろいろなところにガタがきている。一番気になるのが屋根の塗装だ。
雪を考えてトタンにしたのはよいが、メンテナンスをしなければならない。
昨日と今日の好天を使って、久しぶりに屋根のペンキ塗りをした。歳を考えると後一回できるかどうかになってきた。
皆さんにお見せできる家ではないですがDIYでやったペンキ塗りをスマホ画像で紹介します。 上の屋根の端の作業は結構怖い。
途中、蜂の巣と出会い、蜂とも格闘した。また、簡易式の梯子も自作した。 


before
上の屋根の状態
DIY ペンキ塗り-1

一階の屋根はこんなになっていた。蜂の巣は写真上部の窓枠の近くにあった。
DIY ペンキ塗り-2

物干しの屋根
DIY ペンキ塗り-6

細かいところは刷毛で、広い場所はローラーで。今回は錆びの上から塗れる塗料を使った。
DIY ペンキ塗り-3

after
上の屋根も綺麗になった 
DIY ペンキ塗り-4

物干しの屋根。夕方に近づき色の感じが変わった
DIY ペンキ塗り-5

一階の屋根も綺麗になった。 
DIY ペンキ塗り-7

そして、蜂。足長蜂の巣だ。20匹くらいの蜂がいて、ペンキ塗りの邪魔をする。暫く蜂と格闘し、巣を落とし作業を再開したが、蜂が再び戻ってきて、その度作業を中断し蜂と格闘。そんなこともあり、時間が掛かった。
DIY ペンキ塗り-9
費用はペンキ、薄め液、刷毛、ローラー、バットなどで20,000円ほど。
日没が早くなって夕陽を撮る機会が減ってきているので、今日は日暮れ後の夕景を撮ろうと農道をウロウロしていたら「止まれ」の標識が目に留まった。最初はそのまま撮っていたが、反射板の効果を見たくてフラッシュをたいたら面白くなっていろいろと撮ってみた。

ボブ・ディランには驚いた。文学賞の意味や価値が曖昧になった感じだ。
音楽関係の賞はたくさんあるから敢えて選ばなくてもいいような気もする。
ガロの「学生街の喫茶店」の歌詞にあったから、よく口ずさんだ名前だ。
「風に吹かれて」はボブ・ディランよりPPMをよく聴いていた。


止まれ-1



止まれ-2



止まれ-3


これも面白い
止まれ-4


近くの踏切も
止まれ-5
 秋の海  2016/10/13 (Thu)
秋の海はいい。
冬の激しさは無く、夏の強さも無い。秋の日差しが心地よい。



秋の海-1



秋の海-2



秋の海-3



秋の海-4



秋の海-5
 林の中  2016/10/12 (Wed)
急に寒くなってきた。上着もいる。未だ夏物が箪笥を支配しているのに困ったものだ。

林の中は紅葉には早いが茸は元気だ。食べられない茸だと思うが見た目は美しい。

東京は忙しい。今度は火災による停電事故。過密都市は一つ歯車が狂うと大変だ。


林の中-1



林の中-3



林の中-4



林の中-2
 風に泳ぐ  2016/10/11 (Tue)
ハングライダーのカタパルトのある場所から日本海を望む。
海からの風が山にぶつかり上昇気流が生まれる。着地地点は眼下の砂浜。
県内でも最高の条件を誇るハングライターのメッカだ。
一度は飛んでみたいと思っているが、もう歳なので飛ぶ時はそのままあの世に行くことになりそうだ。


カタパルト  風に向かってGO!
風に泳ぐ-6



風に泳ぐ-2



風に泳ぐ-3



風に泳ぐ-4



風に泳ぐ-5
三連休の最終日も厚い雲に覆われ、お日様の姿は無く、寒さも感じた。
10月になると空き地や草地は黄色い花に覆われる。特定外来種のセイタカアワダチソウだ。
休耕田も目立つようになって、勢力範囲を増やしている。すすきファンにとっては危機を感じる。
ここは刈谷田川の河口付近、二つの勢力がぶつかり合っている最前線地帯。
すすきガンバレ・・・

戦いの場が広がる
せめぎ合い-1


この辺りはススキの場
せめぎ合い-2


ここは真っ黄色
せめぎ合い-3


風になびく姿は美しい
せめぎ合い-4


黄色もなかなか・・・
せめぎ合い-5
連休の中日、天気が回復しない中、出掛ける用事があったので車を走らせた。
私が住んでいる辺りにはない黄色い花(名前は分からない)が道路沿いに咲いていた。
前にも撮ったことがあるから初めてではないが、黒い雲の下の黄色は不気味だった。
その不気味さを出したかったのだがどうだろうか・・・


黄色い花-2



黄色い花-1



黄色い花-3



黄色い花-5



黄色い花-4



黄色い花-6
それにしても花の付き方や葉の形など面白い花だ。自身の花の重さで風に耐えられなくなり倒れるものもある。
ブログを見た知人が花の名前を教えてくれました。「ヤナギバヒマワリ」だそうです。ありがとうございました。
 すすき 秋の光  2016/10/08 (Sat)
今日から三連休だが、一日雨。寒さも感じた。昨日は良い天気だったから残念だ。
秋の行楽期、いろいろなイベントが計画されているだけに雨が羨ましい。
明日も雨の予報が出ている。明日は出掛ける予定だから回復してほしい。
そこで、昨日撮ったすすきの画像を。

阿蘇山が爆発した。天変地異が続く日本列島。特に阿蘇地方は地震に続く噴火。被災された皆さん、お見舞い申し上げます。


秋晴れの下 すすき-1 



秋晴れの下 すすき-2



秋晴れの下 すすき-3



秋晴れの下 すすき-4



秋晴れの下 すすき-5
 光る海  2016/10/07 (Fri)
今日は3時過ぎに身体が開いたので、海の見えるスカイラインへ。
明日から3連休なのだが、天気は悪そうなので、今日の日差しは貴重だ。

「光る海、光る大空、光る大地・・・」と始まるのはエイトマン。この曲を口ずさむ自分に驚きながらも、光る海に向かってシャッターを切っていた。
1963年のアニメで克美しげるが歌っていたと思う。



光る海-1



光る海-2



光る海-3



光る海-4



光る海-5

台風18号の襲来を心配していたが、深夜にあっという間に通過していった。
今日は台風一過の晴れ、とは行かなかったが、気温は下がった。

画像は昨日の台風が来る前のもの。帰り道、正面の空が赤く染まり、急いで車を停めて撮ったもの。三日月も見えた。


土手道からの夕暮れ-1



土手道からの夕暮れ-2



土手道からの夕暮れ-3



土手道からの夕暮れ-4



土手道からの夕暮れ-5
 蜘蛛    2016/10/05 (Wed)
この時期、蜘蛛が至る所に巣を張って獲物を獲っている。ほんとにあちこちにいた。
それもデカい。あまり気持ちの良いものではないが、季節のものと思って撮った。

嫌いな人にはご免なさい・・・



蜘蛛-1



蜘蛛-2



蜘蛛-3



蜘蛛-4



蜘蛛-5
誰もいない海・・・ と始まるのは、南沙織の「17才」。
ちょっと古いか? いや、かなり古いか?

夏も終わり、海岸には人影は無く、吹き流しだけが風を受けて靡いていた。



誰もいない海-1



誰もいない海-2



誰もいない海-3



誰もいない海-4



誰もいない海-5
 花に虫  2016/10/03 (Mon)
今日は台風が来ているためか、どんよりした天気で蒸し暑かった。
そのため昨日撮った花の画像を。秋晴れの下、コスモスが気持ちよさそうに風に揺れていた。
少し疲れている花だったが、昆虫たちも集まって賑やかだ。

今年もノーベル賞の医学・生理学賞に日本人が輝いた。
21世紀に入っての受賞者数はアメリカに次いで2位というから嬉しい。



花に虫-1



花に虫-2



花に虫-3



花に虫-4


連なっている
花に虫-5


 日没後 堰  2016/10/02 (Sun)
日没が早くなってきた。5時を過ぎるとあっという間に沈んでしまうから、夕陽を見るのは休みの日限定になる。
その代り、日没後の静かな情景をゆっくり眺められる。

堰周辺は堰の建造物と明るさの残る空、そして光る河の組み合わせを楽しめる。



堰の夕暮れ時-1



堰の夕暮れ時-2



堰の夕暮れ時-3



堰の夕暮れ時-4



堰の夕暮れ時-5
Template by :FRAZ