back to TOP

admin |  RSS
今年も一年間、ご覧いただきありがとうございました。
大晦日を迎える気持ちになれないまま、一年が過ぎようとしています。

デジタルカメラをはじめて5年目になりましたが、この一年は始めた頃の気持ちの高まりがなくなったように感じた一年でした。
来年は「初心」に戻ることを目指そうと考えています。
来年もよろしくお願いします。

今日は雨の一日だったので、最近撮った夕暮れのシーンを。


12/30の夕暮れ
夕暮れ-1


夕暮れ-2


日本海の夕暮れ
夕暮れ-4


仁川空港の夕暮れ
夕暮れ-6

良いお年をお迎えください。


スポンサーサイト
近江に行こうと思った理由の一つに商人の街「近江八幡」を訪ねることにあった。
安土桃山、江戸時代に商人の街として発展した街並みが残っていると聞き、カメラにも収めたかった。
商店街は板張りの商家が並び、琵琶湖と繋がる水路が残っていて、往時をしのばせるに相応しい場所だった。

行って初めて知ったのが、今話題のNHKの朝ドラ「あさが来た」のロケ地で地元の自慢の場所だったこと。
あさが初めて大阪に行った時のシーン、はつが川船に乗って嫁入りするシーンなど数回登場する。
そのことを知ってからはドラマのシーンを思い出しながら、水路周辺を探索した。
まさに「びっくりポン」の近江八幡でした。

家に帰って、録画しておいた番組を見返し、その時のシーンを探して大興奮。(すべて録画してある)
建物の看板やサッシなどは外したりカモフラージュし、植栽も加えての大掛かりなロケだったようだ。
今回はテレビのシーンと併せて掲載します。

近江八幡-8


近江八幡-5


近江八幡-6

あさが初めて大阪に行ったシーン(番組より)
近江八幡-2

近江八幡-1

はつの嫁入りのシーン(番組より)
近江八幡-4

近江八幡-3


近江八幡-7



 雪の神社  2015/12/29 (Tue)
近江から帰ってきた翌朝、一面の雪景色になっていた。

雪景色を見に弥彦神社へ。神社は新年を迎える準備ができていて、その時を迎えるだけ。
雪の量は少なかったが、突然霰に近い雪が降り出し境内は真白に。
手持ちだったので、ブレブレの画像になってしまったが、雪の神社は撮れた。


雪の中、参拝客も
雪の中の神社

車の安全を祈願する場所
雪の中の神社


雪の中の神社


雪の中の神社


石山寺は紫式部が源氏物語を書いたお寺として有名なところ。
高校時代、古文の授業で源氏物語を読みはしたが、実のところほとんど興味は無く、退屈な時間を過ごしていた。
折角訪れた石山寺だったが、紫式部についての知識も乏しく、悲しい思いになった。
やっぱり、若い頃の学習は大事・・・です。
石山寺はその名の通り、奇岩の上に多宝塔がそびえ、幾重にもお堂が重なり素晴らしい処だった。

梅も桜も新緑も紅葉も無い、冬枯れの時期だったので、今度は良い季節にもう一度来たい。それに晴れた日に・・・

東大門
石山寺-13

硅灰石の奇岩と多宝塔
石山寺-2

芭蕉庵と月見亭
石山寺-3

後ろのおばさんとお似合いの石仏
石山寺-4


石山寺-5

本堂の絵馬
石山寺-6

近江を代表するお寺を巡ってきた。
比叡山延暦寺、石山寺、三井寺(國城寺)の三つの寺。

レンタカーで廻った近江の寺を紹介します。(天気がイマイチだったのが残念)

最初は比叡山延暦寺。山の上なので気温は4℃と寒かったが、一度は行きたかった場所だったので感動の連続。
特に根本中堂の堂内は息をのむ空間だった。(改修工事中)

法華総持院東塔
比叡山延暦寺-1

根本中堂
比叡山延暦寺-4

鐘楼
比叡山延暦寺-5

横川根本如法塔
比叡山延暦寺-2

横川中堂
比叡山延暦寺-3



 浜の緑のビン  2015/12/24 (Thu)
クリスマスイブ。
なんとなく落ち着かない人たちがいる中、ブログに向かっている。

最近、海岸に行くと流れ着いたものを探すのが楽しくなっている。
それはカメラのお蔭で、年甲斐も無くときめくことがある。
緑色のビンを見つけ、光や波などと組み合わせて撮ってみた。


緑のビン-2


緑のビン-4


緑のビン-1


緑のビン-3
 イルミネーション  2015/12/23 (Wed)
昨日は忘年会。その帰り道に見つけたイルミネーション。

車で通勤していると夜の街を歩くこともないので、街の賑わいに触れることも少ない。
明日はクリスマスイブだ。どうもピンとこない。


イルミネーション-1


おまけ。
タブレットをつけて撮影している様子を一枚。タブレットの明るさが面白かった。
撮影シルエット-2

今夜は職場の忘年会。更新は危ぶまれるので朝に。

撮影はできないから、最近食べたり飲んだりして良いなーと思ったものを。
忘年会とは関係ない・・・か。


最近よく行く「日乃出屋」食堂。冬なのに気温も高いので「天ざる」を注文した。これで900円。
ちょっといい食べ物と飲み物-1

夕食後に少しだけ飲む酒にグレン・フィディックを。ある方のブログでも紹介されていて嬉しくなった。
ちょっといい食べ物と飲み物-3

こちらは有名な洋食屋「キリン」のオムライス。昭和の味をそのままにしている。1200円。
ちょっといい食べ物と飲み物-2

プレミアムビールのブームでいろいろなビールが発売されていて、目移りしてしまう。左はドイツのビール。
ちょっといい食べ物と飲み物-4
 流木  2015/12/21 (Mon)
時々登場する流木。

砂浜に打ち上げられていた4メートルくらいある大きな流木。
巨大なものなので、暫くはここに鎮座しているのだろう。



流木-2



流木-4




流木-1



流木-3
 公園内の水に  2015/12/20 (Sun)
休日だったが、午後から仕事が入り、落ち着かない一日。
いつもの公園の水を。

人工の滝と噴水、それに池に映る松林。


公園の水辺-1


公園の水辺-3


公園の水辺-4

 川面に映る雲  2015/12/19 (Sat)
夕暮れの時刻が早くなって、平日では夕陽を見ることはできないが、今日は休日。
川面に映る夕暮れの雲を見ることができた。


川面に映る雲-1


川面に映る雲-2


川面に映る雲-3
 初雪  2015/12/18 (Fri)
昨日の初雪を今朝の通勤時に。
遅い初雪だったが、自宅付近はほとんど積もることはなかった。
しかし、職場付近は白く雪化粧した。

鉛色の空は日本海側の冬の空

初雪-1



初雪-2



初雪-3
 浜辺と木  2015/12/17 (Thu)
初雪。
遅れていた雪が一日中降り続き、帰るころには車の上には10cmほどの積雪。
カメラは家に置いていたので、雪の画像は後日に。

浜辺にはいろいろなものが流れ着く。それらを手にブラブラと散歩。
砂浜に木を立てて波と一緒に撮ってみた。

浜辺に木-1


浜辺に木-2


浜辺に木-3

 防波堤の夕陽  2015/12/16 (Wed)
週末の800枚撮影した中から。

防波堤に打ち上げられる波を夕陽と共に。


防波堤の夕暮れ-3


防波堤の夕暮れ-4


防波堤の夕暮れ-5


防波堤の夕暮れ-2

 朝霧と朝焼け  2015/12/15 (Tue)
日の出が遅くなってきた。ちょうど家を出る頃朝日が昇る。
今朝は霧が出て、朝日と重なって綺麗だった。
いつもより早く家を出たので、途中で車を停めて朝霧をパチリ。

通勤路から数キロ離れた並木

朝霧-1



朝霧-2



朝霧-3



朝霧-4

 岩場の波  2015/12/14 (Mon)
冬の日本海は荒れる。
でもその荒れる海も撮影することを考えると良い被写体となる。
調子に乗って、シャッターを押し続けてしまった。


岩場の波-1


岩場の波-3


岩場の波-5


岩場の波-2


岩場の波-4

 夕暮れ時の防波堤  2015/12/13 (Sun)
海岸に面した公園、そして防波堤。
皆が夕暮れ時の穏やかな時を楽しんでいた。
今年最後の晴れかもしれない・・・


夕暮れの防波堤-1


夕暮れの防波堤-2


夕暮れ時の防波堤-6


夕暮れの防波堤-5


夕暮れの防波堤-3
 大河津分水 増水  2015/12/12 (Sat)
今日は晴れた。休日に晴れるのは久しぶり。
午後からカメラを片手に公園や川、海岸をひと回り、
撮影枚数を確認したら川と海で連写を重ねたこともあってなんと800枚。ビックリポンや。

増水時の迫力は満点。


大河津分水-1


大河津分水-2



大河津分水-4



大河津分水-5

 冬晴れと樹  2015/12/11 (Fri)
冬晴れの青空と大きな樹。
葉を落としているがその姿もいい。


冬晴れに樹-1



冬晴れに樹-2



冬晴れに樹-3

打ち上げられた貝が波に洗われていた。
詩的なシーンに出会えた。


浜の貝殻-1



浜の貝殻-4



浜の貝殻-3



浜の貝殻-2

 初冬の八海山  2015/12/09 (Wed)
越後三山の一つ、八海山。お酒でも有名な名前。
その堂々たる雄姿は多くのカメラマンを魅了してきた。
今年は初雪が遅く、雪の量も少ない。


初冬の八海山-2


初冬の八海山-1


初冬の八海山-4

4時過ぎ、山は染まった
初冬の八海山-3
 初雪の山と魚野川  2015/12/08 (Tue)
秋晴れのような冬晴れ。
初雪の山と青空、そして魚野川に掛かる橋。
穏やかな師走の天気だった。



魚野川に掛かる橋-1



魚野川に掛かる橋-2



魚野川に掛かる橋-3



魚野川に掛かる橋-4
 防波堤の波  2015/12/07 (Mon)
今日はよく晴れた。平日になると晴れる・・・

防波堤に打ち寄せる波。
ここは特に波が高く打ちあがる場所だ。前方の簡易灯台の高さは7-8mくらい。
防波堤をよくみると、至る所に痛みが見える。波の破壊力は凄い。

波を連写で。

防波堤の波-1


防波堤の波-2


防波堤の波-3


防波堤の波-4


防波堤の波-5

 冬の日本海  2015/12/06 (Sun)
今日は時々雲の切れ間から陽が射すこともあった。
午後から時間が取れたので、何時もの海岸へ。

鉛色の冬の日本海が広がる。これから3カ月はこの景色を見ることになる。


冬の海-1



冬の海-2



冬の海-3



冬の海-4

 朝霧  2015/12/05 (Sat)
韓国から帰って一週間。この間に撮った画像はこの朝霧のみ。
ここ数日は天気も悪く、風雨も強い。
今日も強風と冷たい雨の一日だった。

桜の老木が並ぶ土手
朝霧-1



朝霧-2



朝霧-3



朝霧-4
 ソウル食べ歩き  2015/12/04 (Fri)
ソウルツアーが続きます。
当人以外は見たいと思わないでしょうが、旅の記録として「食べ歩き」の画像を載せます。

ソウルは庶民が安く、美味しく食べるには最高の場所でした。
特に肉とスープ類はバランスも良く、食べやすく、満足度100%でした。
初めての7枚掲載です。箸とスプーン、そして器もステンレスでした。

初日の夕食は焼肉。テーブル一杯に並んだ食材に興奮。
ソウル食べ歩き-1

現地ガイドの方から焼いていただいた。鋏が大活躍。
ソウル食べ歩き-2

2日目の朝は「鱈のスープ」。専門店でこのメニューだけ。朝から満員の人気店。7,000ウォン。
ソウル食べ歩き-3

昼食は「ビビンバ」。野菜もたっぷり。
ソウル食べ歩き-4

夜は「ユッケ」の店でユッケを食べ、更に場所を変えて焼肉店へ。ここの焼肉店も安く美味しかった。4人で飲んで食べて50,000ウォン。信じられない安さ。
ソウル食べ歩き-6

3日目の朝は「きしめん」。日本のきしめんとは違いスープは韓国風。暖かく量もあり、とても美味しかった。これで5,000ウォン。
ソウル食べ歩き-5

そして最後は「冷麺」で〆た。冷麺はやや高級なのか9,000ウォン。
ソウル食べ歩き-7

ソウルに行きたかったことの一つに「ザハ・ハディド」氏が設計したデザインプラザを訪れることにあった。
東京オリンピックの新国立競技場の設計者、ザハ・ハディド。
結局、却下されてしまった幻の設計者が、ソウルに建てた建物。
昨年オープンした韓国のデザインの発信地となるべく施設だ。
ご覧のような近未来的な巨大な建築物。全てが局面なので施工者は大変だったろう。

東京にも彼女の建物を建ててもらいたかった。韓国に先を越された感じもした。


デザインプラザ-1



デザインプラザ-2


大きさは半端じゃない
デザインプラザ-3


全面に金属のパネルが貼られている
デザインプラザ-4


入口には赤いハート形のオブジェが立っている
デザインプラザ-5



 ソウル 市場  2015/12/02 (Wed)
ソウル紀行も3回目。初めての韓国なので続きます。

ソウルには幾つも市場がある。どこもパワフルで廻っていて飽きない。
食材や衣料品など所狭しと並び、屋台も沢山出ている。
そこでキムチなどを買い、日本では食べられなくなったユッケなどを食べた。


市場通り-1


屋台で一杯。ここに並んでいるものを幾つか食べたが・・・
市場通り-2



市場通り-3


煮干しの専門店。LEDライトの光で輝いて見えた。
市場通り-4


キムチの専門店。タコとホタルイカのキムチを購入。
市場通り-5




 ソウル 昌徳宮  2015/12/01 (Tue)
朝鮮王朝の昌徳宮は世界遺産にも登録されている古宮。

朝から冷たい雨が降り、気温は0℃。寒さに耐えながらの見学。
一か月前は周囲の木々が紅葉し美しかったと聞き、ちょっと残念な気持ちに。

床板の張り方、壁材の模様、建物を彩る緑の色彩、どれをとっても朝鮮文化を象徴する建築。


敦化門
ソウル 昌徳宮-1


石畳の中央の高くなった部分は王だけが歩けた
ソウル 昌徳宮-2


仁政殿、昌徳宮の正殿。宮殿前の広場には官位の高い順に並んだという。
ソウル 昌徳宮-3



ソウル 昌徳宮-4


柿が残っていて、どこか懐かしい
ソウル 昌徳宮-5




Template by :FRAZ