back to TOP

admin |  RSS
 春近し 魚沼  2015/03/31 (Tue)
今日も20℃を超える暖かな一日だった。でも、明日は気温が10℃も下がるらしい。

豪雪地として知られる魚沼。その地にも春は確実に訪れている。
雪はまだ1メートル以上残っているが、雪面は固く締まってきた。
雪面に風紋のような模様が現れる春の雪。

桜が満開になっている地域では見られない景色です・・・よ。

春近し-1


春近し-2


春近し-3


春近し-4


スポンサーサイト
 雪解け進む河  2015/03/30 (Mon)
今日も温かい一日だった。

雪の多い地方でも雪解けが進み、川の水量も多くなっていた。

雪解けが進む魚野川を。


雪解け進む川-1


雪解け進む川-2


雪解け進む川-3


雪解け進む川-4


 梅と桜  2015/03/29 (Sun)
今日は昨日までと違ってどんよりとした曇り空。時々小雨も。

昨日に続いての「梅」。今日は桜で有名な公園で桜と一緒に撮った。
但し、昨日も書いたように雪国の桜の季節は未だ先。
そこで、現在の梅と桜を同じ公園内で比較してみた。
日射しが無いので、華やかさは無い。

今日のテレビも上野公園の桜などを放映している。早く来い来い「桜」・・・。


梅と桜-1


梅と桜-2

桜並木
梅と桜-3

桜のつぼみ
梅と桜-4






 桜でなく「梅」  2015/03/28 (Sat)
テレビは桜の開花の話題でもちきりだが、雪国は「梅」がようやく咲き始めたところ。
梅と桜がほぼ同時に咲くのが雪国の特徴だ。
なので、今頃梅の花を。
時間の流れとしては時を逸したと言おうか、時代遅れと言おうか。
それでも、「梅」を載せることにした。春を告げる花だから。


昨日は母の看病で一日お休みでした。

雪国は梅-1


雪国は梅-2


雪国は梅-3


雪国は梅-4


 陽が沈む  2015/03/26 (Thu)
今日は気温も上がり、寒さが緩んだ。

帰り道、雲も無く晴れ渡り、久しぶりに陽の沈む瞬間まで見られた。



日が沈む-1


日が沈む-2


日が沈む-3


日が沈む-4


 手と眼差し  2015/03/25 (Wed)
昨日よりは少し暖かくなったが、まだ寒い。

1月にも紹介した彫刻、円鍔勝三作「若葉」。
日射しを受け、その優しい表情が際立っていた。
飼い主の差しのべられた手と眼差し。
作者の思いが伝わって来る春のひと時。


飼い主の眼差し-1


飼い主の眼差し-2


飼い主の眼差し-3


今日は、昨日よりさらに冷え込み、外を歩くのも辛かった。

小さな春は地面に目を向け、よーく見ないと見つけられない。
道路脇の斜面に、周囲の枯草と同化した色で土筆(つくし)が元気に芽を出していた。
気を付けないと踏みつけてしまう。

カメラを地面に近づけ、空に向かって伸びる土筆(つくし)を狙った


小さい春 つくし-1


小さな春 つくし-5


小さい春 つくし-3


小さい春 つくし-4


 噴水  2015/03/23 (Mon)
昨日までの暖かさから寒さが戻ってきた。時より雪も舞った。

この週末に公園に行ってみたが、まだ花も緑も無く、被写体を探しても心惹くものは少ない。
その中で、亀の噴水が勢いよく水を噴き上げていた。
水と光を追ってみた。


噴水-1


噴水-2


噴水-3


シャッター速度を少し遅くして
噴水-4


昨日、今日と暖かい休日だった。
花の季節には未だ早いが、枯れ野に新しい芽吹きも見られるようになってきた。

アトリエの脇の空き地に毎年ひっそりと咲く花がある。
今年も枯れ野に黄色い可憐な花を咲かせた。
また、駐車場の隅にも一輪の花が。この花も毎年この時期に花びらを付ける。
そして、土手の桜の木の下には水仙が咲いていた。伊豆の下田の水仙は12月に咲くというのに、雪国はこれからだ。

小さな春だが、春はそこまで来ている。それにしても、花の画像は何時以来になるのかな・・・。


周りは冬の装い
小さい春-1


小さい春-2


駐車場の片隅にも
小さい春-3


土手の桜の木の下には水仙が
小さい春-4






 夕暮れ時の公園  2015/03/21 (Sat)
彼岸は暖かい一日だった。
それでも花の便りには未だ時間が必要だ。
多くのブログの画像に花々が踊っているのを指をくわえて見る毎日。

春霞の夕暮れ時、公園に行ってみたが、夕方は寒いせいか誰も居なかった。
その春霞が綺麗なシルエットを作り出していた。


夕暮れ時の公園-1


夕暮れ時の公園-2


夕暮れ時の公園-3


夕暮れ時の公園-4



春の雪に覆われた土手。
今年の見納めか・・・
この程度の量の雪はいい。
青空に日射しもいい。


今夜は更新できないかもしれないので、朝の更新となります

土手 雪-1


土手 雪-2


足跡は歩いた時刻により溶け方が違い、その差が面白い
土手 雪-3


土手 雪-4


 神社の杜  2015/03/19 (Thu)
神社は歴史があるので、建物もそうだが、境内の樹も他では見られない面白さがある。
そうした木々を探すのも神社を散策する楽しみの一つだ。


神社の杜-1


神社の杜-2


神社の杜-4


神社の杜-5


 雪の残る神社  2015/03/18 (Wed)
この春の陽気も今週末までらしい。来週の天気はまた冬に戻るようだ。
今年は気温や天候の変化が大きすぎる。

雪の残る弥彦神社へ。
眩しいほどの日射しの中、多くの参拝客がいて、久しぶりに華やいでいた。

画面に見られる白い点は、屋根の雪が解けて落ちている水滴

雪の残る神社-1


雪の残る神社-2


一心に参拝する女性
雪の残る神社-3


以前からここの狛犬はゴジラに似ていると思っている。特に日射しの強い時は影が強く出て迫力満点。
雪の残る神社-5


 朝の河原  2015/03/17 (Tue)
今朝は気持ちよい晴れの天気。
河原には先週の雪が残り、朝陽を受け面白い情景が広がっていた。
家を出るのが何時もより早かったので、河原の見えるところに車を停めて撮ることにした。


朝の河原-1


朝の河原-2


朝の河原-3


朝の河原-4

 鉄橋  2015/03/16 (Mon)
今日は温かかった。先週の寒さが嘘のようだ。

鉄橋を渡る電車でも撮ってみようかと向かっていたら、橋に着く前に電車が通ってしまった。
1時間に一本程しか運行されていないので、電車は諦め橋だけを撮ることにした。
橋の向こうに雪の粟ヶ岳が見える。


鉄橋-1


鉄橋-2


鉄橋-3


鉄橋-4
 なごり雪  2015/03/15 (Sun)
ようやく温かさが戻ってきた。
先週降った雪が陽の光の下綺麗だ。
この雪が今年最後の雪になるかもしれない。そう思うとなんだか寂しい。
アトリエの裏の雑木林(実は宅地として造成された)に分け入って、なごり雪を撮りとめた。


これらの雑木は造成後自生したもの。自然のパワー恐るべし。
なごり雪-1


なごり雪-2


なごり雪-3


なごり雪-4


今日は朝から北陸新幹線の話題で持ちきりだ。
テレビはどの局もライブで開業を伝えている。
乗ってみたいが、乗るには距離もあり、結構大変なので、何時になるか。
暫くは金沢を中心に北陸に目が行きそうだ。

そんな中・・・
はさ木は四季折々、また時間や天気により表情を変えて被写体として飽きない。
そして、シルエットは今の季節が一番いい。


はき木 シルエット-1


はき木 シルエット-2


はき木 シルエット-3


はき木 シルエット-4


 春を待つ浜滝 Ⅱ  2015/03/13 (Fri)
今日も冬型の天気が残り、雪や雨が間断なく降り続いた。
何枚か写真を撮ったが、ブログに載せるものは無かった。
そこで、先日撮った「浜滝」を。


滝の手前の枝に緑の葉が付けば、絶好のポイントになるのだが・・・
春を待つ浜滝 Ⅱ-1


春を待つ浜滝 Ⅱ-2


春を待つ浜滝 Ⅱ-3


春を待つ浜滝 Ⅱ-4


朝起きたら大雪。今冬の中でもかなり多い積雪にビックリ。
通勤路は除雪車の出動も無く、ノロノロ運転。三月に入っての雪だから、除雪もしないのか・・・。

帰り道、枝に残った雪をフラッシュの光で撮ることにした。
朝の方がいい状態で撮られるのだが、時間も無いので、帰りになってしまう。


桜の木。つぼみは・・・
フラッシュに浮かぶ-1


フラッシュに浮かぶ-2


フラッシュに浮かぶ-3


 春から冬に逆戻り  2015/03/11 (Wed)
昨日から季節が冬に逆戻りした。
もの凄く寒い。これは私のところだけでなく、日本全国同じようだ。
風と雪で通勤時間も伸びた。
吹雪いた雪が街路樹の幹の北側だけについていた。

春から冬に-1


春から冬に-2


春から冬に-3

 流木  冬の痕  2015/03/10 (Tue)
冬の日本海は荒れる日が多い。
その荒波で海岸にはいろいろなものが打ち上げられ、この時期、その痕跡を見ることができる。


2015-03-10-1.jpg


2015-03-10-2.jpg


2015-03-10-3.jpg


2015-03-10-4.jpg


 一本の木  2015/03/09 (Mon)
田の中に一本の木。
その木の周りを歩いて光の方向を替えて撮ってみた。

モネの「ムーアン大聖堂」の時刻による色彩の変化ではないが、太陽の位置で一本の木も大きく変化する。
カメラはそれを簡単に確認できるから楽しい。


横から
一本の木-1


逆光
一本の木-2


一本の木-3


 青空の下 はさ木  2015/03/08 (Sun)
今日も春らしい天気になり、昨日の作業の続きを4時過ぎまでおこなった。
2日間をかけ、フェンスの修復作業は終わった。疲れた・・・。作ったときはこんなに疲れなかったのに。

こんな良い天気の日に何も撮らないで終わるのも悔しいので、帰り道、夏井に寄り、はさ木を撮ることにした。
真っ青の空は何時以来だろうか。その青空に春を待つはさ木の枝が伸びる。
今日は広角で撮ったものを4点。


青空の下 はさ木-1


青空の下 はさ木-2


青空の下 はさ木-3


青空の下 はさ木-4


 春を待つ浜滝  2015/03/07 (Sat)
今日は日射しもあり、春を感じる休日だった。
そのため、アトリエの傷んだフェンスの修理に一日を使った。
疲れたので作業を明日に伸ばし、カメラを手にしようとしたら、既に空は雲に覆われていた。
海岸まで行っては見たが、夕陽は見られず、波も無い。
仕方なく、海岸近くの「浜滝」を撮ることにした。
今日は珍しく、外国の人が二人、動画で撮っていた。

緑は未だ先で、冬枯れの中の浜滝。


春を待つ浜滝-1


春を待つ浜滝-2


春を待つ浜滝-3


春を待つ浜滝-4


 田園の夕暮れ  2015/03/06 (Fri)
やっと週末になった。今週は仕事も忙しく、非常に疲れた。
明日はゆっくり休みたいと思っている・・・が、撮影もしたいなとも。
どちらにせよ、週末はいい。

今日の帰り道、綺麗な夕暮れの風景が見られたので、農道に車を停めて撮ることに。


雲の形も面白い
今日の夕暮れ-1


今日の夕暮れ-2


今日の夕暮れ-3

 夕陽  2015/03/05 (Thu)
神社が続いたので、久しぶりの夕陽を。
日暮れが遅くなってきて、春を感じるようになってきた。
そこで、夕陽を撮ってみたが、その時間帯はまだ寒い。
日が沈むまでいたら身体がすっかり冷えてしまった。
気持ち良く夕陽を撮るのはもう少し先になりそうだ。


夕陽-1


夕陽-2


夕陽-3


 今度は江の島神社  2015/03/04 (Wed)
鶴岡八幡宮、浅草寺に続き、今度は江の島神社。
江の島は何度も見ていたが、島に渡って散策したのは初めて。
小さく、平たい島かと思っていたが、結構大きく、急斜面で岩だらけ。
江の島神社の急な階段、頂上からの景色、裏側の岸壁、どれも意外な出会いでビックリの訪問でした。
食事は鯵のたたきとしらす丼、江の島の定番らしいが、美味しくいただけた。


江の島神社の鳥居、ここから階段が始まる。なかなかの急階段だ。
江の島神社-1


江の島神社-2


江の島神社-3



縁結びの絵馬、ピンクもいい
江の島神社-4



 浅草寺 五重塔  2015/03/03 (Tue)
浅草の浅草寺。
何時もながらの、人人人。特に最近は外国の人が目立ち、仲見世はごった返している。
大きな一眼レフを持っている人の多くは外国の人というのも面白い。
やはり旅行者だからだろうか。

何を撮ろうということもなかったが、五重塔を。


浅草寺-1


浅草寺-2


浅草寺-3


浅草寺-4
 鶴岡八幡宮  2015/03/02 (Mon)
突然ですが、鶴岡八幡宮。
週末、所用があって湘南へ。江ノ電と鎌倉を散策できた。湘南は多くの観光客で賑わっていた。

鶴岡八幡宮は大銀杏が倒れてから初めての訪問。
銀杏のある風景が記憶の中にあるだけに、違和感を感じた。
倒れた銀杏を三つに分けて切断し保存しているというが、そのうちの一つだけ見ても、往時の大きさに圧倒される。
神宮の左にある神奈川県立近代美術館が今回の主の目的地でした。


舞殿から本宮を見たときに初めて大銀杏が無いことを実感させられる。本宮が見えすぎる・・・
鶴岡八幡宮-1


舞殿から大石段
鶴岡八幡宮-2


保存されている大銀杏
鶴岡八幡宮-3

 倒木 Ⅱ  2015/03/01 (Sun)
今日から三月、春だ。
しかし、肌寒い日が続く。
天気も悪く、出掛けることも無いので、先週も撮った倒木を探しに林に分け入った。
先週の場所とは車で10分ほど離れた林。
至る所に木が倒れていて、林の荒廃が進んでいる。

倒れた木は見えるが近くに行くのは大変だ。斜面を昇り降りするため、かなり危険。
この木は林道を完全に塞いでいる大木で下を潜るのも怖い。

倒木 Ⅱ-1


倒木 Ⅱ-2


倒木 Ⅱ-3


倒木 Ⅱ-4


Template by :FRAZ