back to TOP

admin |  RSS
国の有形文化財にも指定されている築200年の建物を改装したギャラリー。
建物もいいが、そこに設えてある調度品や小物もいい。
カメラを持っていたので、思わず撮らせてもらった。
オーナーのセンスがうかがえる。

○今月は毎日更新でき目標が一つ達成できた。

ギャラリー-1

トイレの入口にあるブロンズ像

ギャラリー-2

受付テーブルに使われている家具

ギャラリー-3

趣きのある電球



スポンサーサイト
 竹林  2014/06/29 (Sun)
この土日は竹林が所どころにある道路を往復した。
そこで、車を停められる場所を探し、竹林を撮ってみた。
竹の葉は特有の表情を見せるのが面白い。

竹林-1


竹林-2


竹林-3


 空と林  2014/06/28 (Sat)
午前中は青空が広がり、気温も上がったが、夕方は一転、雨。
晴れ間の広がる朝、山へ向かう道路を走り林の上に広がる空を撮った。


夏空-1


夏空-2


夏空-3


最近、花や海のシーンが続いたが、今日は良い天気だったのと、帰りの時間帯と夕暮れが重なったので、久しぶりに夕暮れを。

今日の夕暮れ-1

ちょうど陽が沈むタイミングでカメラを構えた

今日の夕暮れ-2

近くにあったコンクリートの構造物から

今日の夕暮れ-3

完全に陽が沈んだ

菖蒲園には家族の幸せが見える。
花を見ると皆気持ちが明るくなるのか。

菖蒲園 そのⅢ-1

家族には花が似合う

菖蒲園 そのⅢ-2

カメラマンも

菖蒲園 そのⅢ-3

中高年の夫婦もいい
菖蒲を上から見ると、優雅さとは異なる姿が見えてくる。
菖蒲の上まで腕を伸ばして撮った。

チョット変わった姿が撮れた。

菖蒲園 そのⅡ-1


菖蒲園 そのⅡ-2


菖蒲園 そのⅡ-3


海岸通りを走って用務先へ。
途中、休憩を取った駐車場の先には砂浜。
一本の竹の先には風になびく旗が。
ほんの十分間ほどの休憩だったが、癒された。


海岸 旗-1


海岸 旗-2


海岸 旗-3


 菖蒲園  その1  2014/06/23 (Mon)
帰り道、遠回りになったが、菖蒲で有名な森林公園に寄ってみた。
日中は多くの人で賑わっていることと思うが、6時を過ぎた公園は人出も少なく、閑散としていた。
それでも、カメラを担いだ人が何人か居て、安心できた。

菖蒲園-1


菖蒲園-2


菖蒲園-3


夕方なので、菖蒲は少し元気を失っていた。
雨模様の一日。
出掛けた帰り道、原発の見える海岸に降りてみた。
何の変哲もない海岸だが、数キロ先には東電の原発がある。
不思議な光景だ。
波打ち際の浮きが、この景色を一層シュールに見せる。


原発の見える海岸-1


原発の見える海岸-2


原発の見える海岸-3


 松林のタンポポ  2014/06/21 (Sat)
今日は夏至らしい。
らしいというのは、そういうことを考えるゆとりが無くなってきたからだ。

海岸に近い公園の松林の中にタンポポが咲いていた。
そのタンポポと松を合わせてみた。

松林のタンポポ-1


松林のタンポポ-2

地を這う松が面白い

松林のタンポポ-3

切り倒された松の木と咲き誇るタンポポ。
生と死の場に出会ったようだ


派手な景色、美しい花に出会うにはエネルギーが必要だが、身の回りにも面白いシーンがある。
そういうものを探して歩くのもカメラの楽しみだ。

午後のシーン-1

流れ着いた小枝

午後のシーン-2

立入禁止の有刺鉄線

午後のシーン-3

雨上がりの水溜りに映る陽

 玄関先の花  2014/06/19 (Thu)
今日は何も撮れなかったので、家に帰って玄関先の花壇やプランターに咲く花を撮った。
たいした花は無いのだが、マクロの力を借りて雰囲気だけは出すことに。

我が家の花をどうぞ・・・。

玄関先の花-1


玄関先の花-2


玄関先の花-3
 紫陽花 そのⅡ  2014/06/18 (Wed)
関東では紫陽花も終わりに近づいているよう。
しかし、私の住んでいる処はこれから。

紫陽花 そのⅡ-1


紫陽花 そのⅡ-2


紫陽花 そのⅡ-3


紫陽花の写真はこれからも続きそう・・・。
ようやく紫陽花の季節が来た。未だ咲き始めだが、梅雨と言えば紫陽花なので嬉しい。
帰り道、夕陽を浴びる紫陽花が目に停まった。
ここは駐車スペースのあるコーナー。そこに紫陽花が植えられている。
暫し車を停めて撮影。

今年初めての紫陽花の写真をどうぞ。

紫陽花の季節-1


紫陽花の季節-2


紫陽花の季節-3





 田植えから一カ月  2014/06/16 (Mon)
梅雨晴れ。
田植えから一カ月が経ち、緑が鮮やかに見える。
整然と植えられた苗に農家の労苦を感じる。
こうした光景がいつまで見られるのか。
考えることが増えた。


田植えから一カ月-1


田植えから一カ月-2


田植えから一カ月-3
 堰 増水  2014/06/15 (Sun)
ここのところの雨で川は増水している。
堰も普段より水量が多く、堰を通過する際の波も激しさを増して、迫力がある。

堰 増水-1


堰 増水-2


堰 増水-3

ここで撮影する時はカメラが落ちないか不安になる。
今日は梅雨に入って初めて晴れた。
午後から、本当にスッキリと気持ちよく晴れ渡った。
午前中は作業があったので、午後から晴れに誘われ撮影に出掛けた。
通勤路にある堰。何時もは夕方に撮るのだが、昼間はゆっくり散歩も兼ねて撮られるのがいい。

今日は晴れたので、その日射しを堰にある塔で表現してみた。

梅雨の晴れ間 塔-1

太陽と塔の先端が重なった。

梅雨の晴れ間 塔-2


梅雨の晴れ間 塔-3


今日も雨模様の一日。風も強く、気温も下がり、夕方は寒さも感じた。
いつもは朝の通勤途中に寄るレンコン畑だが、今日は帰りに寄ってみた。
風が強く、大きな葉が裏返る様は面白い。

梅雨空の下 レンコン畑-1

ぽっかり浮かんだ黒雲の形が面白い。

梅雨空の下 レンコン畑-2


梅雨空の下 レンコン畑-3

撮影中に雨が激しくなってきた。



今日も梅雨を象徴するような一日だった。
帰り道、一瞬だが陽の光が雲から漏れてきた。
ありがたい。
急いでシャッターを切った。
その後、数分で光は見えなくなった。

梅雨空-1


梅雨空-2


梅雨空-3


 堰の建造物  2014/06/11 (Wed)
堰には面白い建造物がある。
梅雨空の下、撮るものもあまりないので、クレーの空にグレーの建物を重ねてみた。


堰の建造物から-1


堰の建造物から-2


堰の建造物から-3


 堰の夕暮れ  2014/06/10 (Tue)
梅雨入り後、スカッと晴れない。
ここは通勤路にある堰。何度も撮っている場所だが、少しずつ違う顔を見せてくれる。
今日は綺麗な夕陽もなく、特に取り立て劇的なシーンも無い夕暮れだった。

堰の夕暮れ-3


堰の夕暮れ-2


堰の夕暮れ-1
 梅雨空 水田地帯  2014/06/09 (Mon)
梅雨空が続く。
帰り道、前方の空が明るく見えたので、雨の中だったが、車を停めて撮った。
田植え後、一カ月が経ち、苗も大きくなってきた。

梅雨空 水田-1


梅雨空 水田-2


梅雨空 水田-3


この土日は様々な用事が重なり、ほとんど撮影できなかった。それに体調も悪い。
アトリエに作ったデッキの隙間から枝が顔を出していた。
放っておくのが悪いのだが、陽の光を求めて天に向かう姿は逞しい
あやかりたいものだ。

デッキは17年前に自作したもので、かなり傷んでいる。毎日夜遅くまで、作ったことを思い出す。

デッキから-1


デッキから-2


デッキから-3

板材は青森ヒバを使っているので、雨や雪に耐えて腐っていない。

 花と蝶  2014/06/07 (Sat)
梅雨入り後スッキリしない天気が続く。今日は風も強くムシムシした天気だった。
それでも、何か撮りたいと車を走らせていたら、皐月が綺麗に咲きそろっている場所を見つけた。
暫く見ていると、たくさんの蝶が飛んでいることに気付いた。
「花と蝶」、定番だが、森進一のヒット曲を思い出しながら、蝶を追ってみた。

調べてみたら森進一の「花と蝶」は1968年のヒット曲だった。時の経つのは速い。(恐ろしい。)


花と蝶-1


花と蝶-2


花と蝶-3


 レンコン畑 風  2014/06/06 (Fri)
梅雨入り二日目、雨と風の帰り道。通勤路にあるレンコン畑。
風で葉が一斉に裏返しになる光景は面白く、見ていてて飽きない。
雨風のため、外でゆっくり撮影もできなく、路側帯に車を停めて速攻で済ませた。

レンコン畑 風-1


レンコン畑 風-2


レンコン畑 風-3


昨日までは猛暑。ところが今日は「梅雨入りしたと思われる」との気象庁からの発表。
驚いたが、風もあり、過ごしやすかった。
帰り道、久しぶりに「雲のある夕暮れ」を見ることができたので、いつもの土手で梅雨入りの空を撮ってみた。
河を渡る風は寒さを感じた。

今日の夕暮れ-1


今日の夕暮れ-2

手前の草を入れて

今日の夕暮れ-3


 駐車場の雑草  2014/06/04 (Wed)
アトリエの駐車場には雑草が元気に伸びている。
何度か草取りをするが、その度に成長をする。

草刈をする前に雑草の様子を撮ってみた。
撮ると愛着が湧くから困る。

駐車場の雑草-1




駐車場の雑草-2


駐車場の雑草-3


最近の私のブログは夕陽か花が続いているが、今日も花になってしまった。
国道の横にある空き地。それほど広い場所ではない。そこに遠目からでも鮮やかに見える黄色い花の一団。
最近話題なっている「オオキンケイギク」だ。特定外来種にも指定されているとも聞いている悪者である。
私はこの花はまだ可憐なところもあるので、同じ外来のセイタカアワダチソウに比べれば良いと思っている。
黄色い色に共通点があるのが不思議だ。

オオキンケイギク-1


オオキンケイギク-2


オオキンケイギク-3


今日も暑かった。いったいいつまでこの暑さが続くのだろう。
ここは橋の上。但し、撮影の難しい場所だ。歩道が片方にしかないからだ。
夕陽側には歩道が無く、かなり危険を覚悟しての撮影になる。
今日は綺麗な夕陽が見られたので、頑張って撮った。その間、二分ほど。

上流に見えるのは高速道路や新幹線の橋。その構造体を通して夕陽が川面に映る。
自然の有機的な美しさと人工物の直線的な構成物の調和が面白い。


今日の夕陽 橋の上-4


夕陽 橋の上から-2


夕陽 橋の上から-3


 暑い日 西日  2014/06/01 (Sun)
今日も暑い日だった。
午前中に用を足したら、午後からぐったり。
夕方、西日が部屋の奥まで差し込んでいたので、その痕跡を撮ってみた。

ハエが一匹飛んでいたため、殺虫剤を散布したらそれが西日を受けて綺麗に見えた。

暑い日 西日-3


暑い日 西日-1


暑い日 西日-2

殺虫剤と西日
Template by :FRAZ