back to TOP

admin |  RSS
 薔薇 カエルも  2014/05/31 (Sat)
突然、薔薇。
薔薇の写真は多くの人が美しく撮っていて、とても太刀打ちできない。
でも、今は盛りと咲き誇る薔薇を見て撮ってみた。

傷んだ花にカエルも。


薔薇-1


薔薇-2


薔薇-3


スポンサーサイト
何時もの土手。
何時もは景色全体を撮るのだが、少し飽きもあり、今回は土手の草花を撮ることにした。
草花の背景に夕陽を入れて撮ったら、いつもと違う面白さがあって楽しかった。

土手の夕陽-1


土手の夕陽-2


土手の夕陽-3


今日も昨日に続き暑い一日だった。春を飛び越し、一気に夏の気候。
もう少し春が続いて欲しいが、ここのところ、こうした気候になることが多い。
今日も綺麗な夕陽が見られたので、車を停めて撮ることに。
通勤路には同じような景色が続くところがある。ここもその一つ。
昨日と同じように見えるが、数キロ離れた場所だ。
棚田の立体的な美しさもいいが、平地の水田の広がりも良い。

今日は平地に広がる水田を強調するため、横長にトリミングしてみた。


今日も暑かった 夕陽-1


今日も暑かった 夕陽-2


今日も暑かった 夕陽-3


 暑い日の夕陽  2014/05/28 (Wed)
今日の気温は一気に上がり、30℃を超えた。
帰りの車もエアコンを入れての運転。
そうした中、夕日がきれいだったので、いつもの場所に車を停めて撮影。
同じような情景だが、その日の出来事によって夕陽の見え方も変わる。
水田に映る夕日が見られるのももう少しの間だ。

今日の夕陽-1


今日の夕陽-2


今日の夕陽-3


かぼちゃ電車の運転席に入り、椅子に座ることができた。
男の子の憧れの運転手。幼いころの夢が甦ってくるようだ。
一つ一つに歴史と汗が刻み込まれている。
冷たい鉄の感触もいい。

運転席-1


運転席-2


運転席-3


昨日に続いて「かぼちゃ電車」。
この車両には除雪車両が付いている。積雪地帯を走っていた電車だから、あるのは当たり前だが、
改めて見ると迫力満点。
車内(運転席)にも入れるので、入ってみると、匂いと色、そして材質感。
いずれも昭和のままの姿があって胸に迫るものがある。

正面から見ると007のゴールデンアイに登場した、軍用列車そのままの迫力。

かぼちゃ電車 除雪車両-1

この迫力には圧倒される

かぼちゃ電車 除雪車両-3

運転席の全てがいい

かぼちゃ電車 除雪車両-2



今日は久しぶりに「かぼちゃ電車」の愛称で親しまれた旧新潟電鉄の旧月潟駅に行ってきた。
既に廃線から十年以上も経っている路線ではあるが、地元の保存会の皆さんの手で往時のまま保存されている。
(新潟市の白山から燕までを走っていた。)
「水と土の芸術祭」の会場にもなり、その存在は全国にも知られているようだ。
そういうこともあり、遠くから見学に来られている方もいた。

かぼちゃ電車-1


かぼちゃ電車-2


かぼちゃ電車-3

外装がかぼちゃ色に塗られていることから「かぼちゃ電車」と呼ばれている。
JRでもかぼちゃ色に塗られている電車は沢山ある。

 野に咲く花 Ⅳ  2014/05/24 (Sat)
今日は久しぶりに好天に恵まれ、気温も上昇した。
午前中は所用があったが、午後はアトリエで作業。
その移動途中で花の咲く野原を見つけたので、車を停めてパチリ。
花を撮られるときは幸せ感も大きい。

野に咲く花-1


野に咲く花-2


野に咲く花-3


 野に咲く花 Ⅲ  2014/05/23 (Fri)
野に咲いている花は自由で自然。
並びもパターンも無いのが良い。

野に咲く花-1


野に咲く花-2


野に咲く花-3


今日は一日中冷たい雨が降り続いた。撮影ができなかったので、週末に撮った花を。

春の日射しを受けて咲く花。
アトリエの空き地にあり、切っても切っても逞しく成長する木だ。


春の光を受けて-1


春の光を受けて-2


春の光を受けて-3


 野に咲く花 Ⅱ  2014/05/21 (Wed)
今日も「野に咲く花」を。
少し歩くと、花を見つけることができる
私は花の名前は苦手なので、花の名は分からないが、春の日射しを浴びて美しく輝く花を撮ってみた。

野に咲く花-1


野に咲く花-2


野に咲く花-3
野に咲く花は綺麗だ。
ここはお墓の前に広がる原っぱ。
真白なノースポールがお日様の光に向かって咲き誇っている。

ノースポール-1


ノースポール-2


ノースポール-3


 柳都大橋  2014/05/19 (Mon)
五月晴れの爽やかな一日。
今日は勤務の関係で休みだったが、雑用で一日中飛び廻って過ごした。
途中、柳都大橋近くの駐車場に車を停めたので、橋を撮ってみた。
夜は絵になる橋だが、昼間は・・・。

柳都大橋-1


柳都大橋-2

鳩と橋

柳都大橋-3

中央分離帯部分が離れそこから光が


 一本杉  2014/05/18 (Sun)
朝は雨だったが、午後からすっきり晴れて五月晴れ。
ここの杉は幹が太く枝ぶりも立派。
大きな杉は周囲を林に囲まれていることが多いが、ここはまさに「一本杉」。
樹齢は700年。
先日の1200年杉に続き大きな杉に出会っている。
青空に堂々と立つ杉を観たら気持ちもすっきりした。

一本杉-1


一本杉-2


一本杉-3



 タンポポ  2014/05/17 (Sat)
今年はタンポポを撮る機会がなかった。
ゆっくり原っぱを歩くことがなかったからか、忙しかったからか、身近すぎることもあったかもしれない。
このタンポポは撮った数分後には風で飛ばされてしまった。
タンポポを撮るのも難しいことが分かった。

タンポポ-1


タンポポ-2


タンポポ-3


今日は風の強い日だった。明日もこの風は続くという。そして、寒い。
ツツジは満開だったが、この風でかなり落ちてしまった。
花の美しさと儚さを見た一日だった。

ツツジ 強風-1


ツツジ 強風-2


ツツジ 強風-3


 久々の雨  水田  2014/05/15 (Thu)
今日は午後から雨。
帰るころには本降りになって、気温も一気に下がって肌寒かった。
久しぶりの雨。
帰路、昨日と同じ場所で、水田に降る雨を撮ってみた。


久々の雨-1


久々の雨-2


久々の雨-3

風と雨で波だっていた

 田植えの候  2014/05/14 (Wed)
田植えもほぼ終わりを迎えている。
帰り道、水田に浮かぶ神社を撮ろうとしていたら、機械植えの後で手植えをしているお年寄りを見つけた。
機械植えの欠点と言えば、苗が浮かんだり、沈んだりすること。
それを丁寧に探し、手で植えなおす必要があるが、広大な面積の水田でその作業を行うのは大変である。
昔の手植えの時代を過ごしてきたお年寄りは、そうした丁寧で大変な作業を行ってくれる。
ありがたいことだが、いつまでできるか・・・。
貴重な一枚になりそうだ。

田植えの候-1


田植えの候-2


田植えの候-3


朝は小雨模様だったが、午後から回復し、帰るころには綺麗な夕陽を見ることができた。
帰路、二箇所でその夕陽を撮ってみた。
今日のテーマは「断片」。

今日の夕陽-1

ススキを手前に、川面に映る夕日を


今日の夕陽-2

河に突き出た施設の隙間から

今日の夕陽-3

レンコン畑のポンプ機を挟んで

 寛益寺  2014/05/12 (Mon)
山間にある「寛益寺」に立ち寄った。
数枚しか撮らなかったが、趣のあるお寺だった。

山寺-1


山寺-2


山寺-3


爽やかな五月晴れ。
ここは日本海に面した出雲崎。
良寛生誕の地に建つ「良寛堂」。
伊豆の新井旅館の主人(三代目相原沐芳)が伊豆から木材(台湾檜)を送り、日本画家「安田靫彦」が設計した建物。
天平時代の趣きが感じられる優美な曲線が美しい。
良寛様が日本海を見つめる姿に言い知れぬ思いが伝わってくる。

良寛堂-1


良寛堂-2

良寛堂と日本海の間に建つ(坐る)良寛象


良寛堂-3


 1200年杉  2014/05/10 (Sat)
出掛けた先に大杉公園というところがあり、樹齢1200年の巨木があった。
これほど大きな杉を見たことがあったかと思わせる立派な杉。
屋久杉のようなものではないが、一直線に天に向かって伸びている。
樹高は50mとあった。

1200年杉-1

圧倒的迫力


1200年杉-2


1200年杉-3

枝には勢いがあり、これから数百年、数千年と生きていくことだろう。



ここのところ連日このパターン。
水田が「水田」らしく見える季節。
一面に張られた水には様々なものが映る。
ここはよく寄るはさ木のある「夏井」地区。
弥彦山を背景に撮る人は数えきれないが、私もその一人。


田植えの候-1


田植えの候-2


田植えの候-3
田植えの終わった田には水が張られ、一面湖のようになる。
そこに夕陽が写り美しい。
ここ数日、天気も良く、こうした場面に出会うことができる。

帰り道、時々撮影する場所から。


今日の夕陽-1


今日の夕陽-2


今日の夕陽-3


 夕陽 田植え前  2014/05/07 (Wed)
帰り道、知り合いの四人展を見るため寄り道をした。
ここは山に近い場所で、これから田植えが始まる。
駐車場に車を停めたら夕陽が農作業のトラクターを照らしていた。

夕陽 田植え前-1 


夕陽 田植え前-2


夕陽 田植え前-3



連休最終日。穏やかに晴れ、絶好の行楽日。
とは言え、特に行楽に出掛けることもなく、展覧会を観て廻ってその行き帰りに写真を撮って連休も終了。
海岸道路を走ったので、砂浜に出て波打ち際を暫し散策。
流れ着いた漁具を撮って楽しんだ。

一昨日起きた波打ち際の悲劇から一転、穏やかな海だった。


流れ着いたもの-1


流れ着いたもの-2

流れ着いたもの-3

連休三日目は小雨模様の天気。気温も低く風もあり、我慢の外出。
アトリエで用を済ませ近くの神社へ。連休ということもあり、人出も多かった。
風が強かったので、その風を撮ってみた。

神社-1


神社-3


神社-2

願いは高く

 八海山 三景  2014/05/04 (Sun)
連休二日目は南魚沼地方へ出かけてきた。
残雪の残る越後三山と菜の花が美しい。
春霞か黄砂か、空はスッキリしない。

山菜を買ってきたので、今夜は山菜とお酒で楽しみたい。

八海山 三景-1


八海山 三景-2


八海山 三景-4



 八重桜 散る  2014/05/03 (Sat)
連休初日。風の強い一日だった。

八重桜は強風に花びらを散らし、地面はピンクに染まっていた。
これで、今年の桜も終わりか・・・。


八重桜散る-1


八重桜散る-2


八重桜散る-3

風の影響を受けない場所にひっそりと咲いていた

 連休前の夕陽  2014/05/02 (Fri)
明日から4連休。
特に出掛ける予定も無く、積み残してきた様々な作業をやることになると思うと、気持ちも晴れない。
体調もパッとしない。この一週間ほど風邪気味だ。
そんなことを考えながら帰路に着いた。途中、いつもの土手に上がり夕陽を撮ることに。
春霞の夕陽、こちらもパッとは晴れない。

今日から気持ちも新たにテンプレートを変えてみた。
今までより大きな画像を載せられるのが嬉しい。
他のコンピューターではどう見えているのか心配もある。

連休前日の夕暮れ-1


連休前日の夕暮れ-2


連休前日の夕暮れ-3


連休前の夕陽-4
Template by :FRAZ