back to TOP

admin |  RSS
通勤路にある堰の下流には、鴨たちが戯れる場所がある。
ちょうど朝日に向かって車を走らせるため、水面が黄金色に輝いて見える。
朝日と鴨が重なり、市内ではあるが別世界の情景を見ることができる。

朝日を浴びて 鴨たち-1

朝日を浴びて 鴨たち-2

朝日を浴びて 鴨たち-3
スポンサーサイト
 PM2.5 か?  2014/02/27 (Thu)
昨日から空がどんよりと霞んでいる。
朝霧か、と期待したが、噂のPM2.5の飛来だ。
注意報も発令され、屋外での活動も注意が必要だ。
景色にいつもの冴えが無く、どこを見てもスッキリしない。
飛来を証明する写真を撮っておくことにした。

PM2.5 ???-1

PM2.5 ???-2

PM2.5 ???-3
 冬晴れの海  2014/02/26 (Wed)
冬の日本海は晴れても波の高い日が多い。
風も想像以上に冷たく、その場に長時間いることも辛い。

波-1

波-2

波-4
 夕暮れ 柿の木  2014/02/25 (Tue)
昨日の夕暮れの続き。
レンコン畑の一角に柿の木があった。
既に実は小さくなっていたが、雰囲気は健在。
夕暮れの空を背景に撮った。

夕暮れ 柿の木-1

夕暮れ 柿の木-2

夕暮れ 柿の木-3
久しぶりの「夕暮れ」シーン。
日が長くなったことと、久しぶりに夕方晴れたからだが、本当に久しぶりの美しい夕暮れだった
つい誘われてレンコン畑の農道に車を乗り入れて撮影した。

夕暮れ レンコン畑-1
水の張られたレンコン畑

夕暮れ レンコン畑-2
雪の残る畑

夕暮れ レンコン畑-3
この時期のレンコンは枯れているが幾何学模様が綺麗だ
昨日の浜辺の続き。
砂浜には大きな流木や小さな貝殻など、面白いものが沢山流れ着いている。
その中から、流木と漁具、それに貝殻を撮ってみた。

砂浜に流れ着いたもの-1

砂浜に流れ着いたもの-2

砂浜に流れ着いたもの-3
 砂浜の砂  2014/02/22 (Sat)
展覧会を観た帰りに海岸沿いの道路を走った。
雪国の冬とは思えない青空が広がっていたが、風は強く波は高かった。
その風と波が運んできた砂を日差しの下で撮ってみた。

砂浜の砂-1
風紋

砂浜の砂-2
人の足跡か?

砂浜の砂-3
 波と砂と岩と  2014/02/21 (Fri)
砂浜にある岩。
砂と岩の組み合わせは、そのどちらだけの景色より楽しい。
波と砂と岩を日差しと組み合わせてみた。

浜と岩-1

浜と岩-2

浜と岩-3
 冬の滝 Ⅲ  2014/02/20 (Thu)
雪解け水で水量を増した滝。
ここは何度か撮影に訪れた「浜滝」。
枯れた草木の中を流れ落ちる滝。何とも言えない光景だ。

冬の滝 Ⅲ-1

冬の滝 Ⅲ-2



冬の滝 Ⅲ-3
 冬の河 Ⅱ  2014/02/19 (Wed)
今朝の通勤路には薄っすらと雪が積もっている場所があった。
橋のたもとに車を停めて、橋から撮ってみた。
低く垂れこめた雲が雪国の冬の空だ。

冬の河 Ⅱ-1
上流に向かって

冬の河 Ⅱ-2

冬の河 Ⅱ-3
下流方向、土手道から
 砂浜と流木  2014/02/18 (Tue)
冬の海には、いろいろなものが流れ着いている。
流木もその一つだ。
中でも小さな流木は可愛らしく、被写体としても面白い。

砂浜 流木-1

砂浜 流木-2

砂浜 流木-3
 高波 日本海  2014/02/17 (Mon)
強風が吹き荒れる海。波が激しく岩に砕け散る。
冬の日本海の風景だが、陽が射して明るく、春を思わせる天気だ。
ここは岩場、足元は断崖絶壁。落ちても誰も気が付かない場所。
恐怖と闘いながら、岩場から波を撮った。

高波の日本海-1

高波の日本海-2

高波の日本海-3
 防波堤の波  2014/02/16 (Sun)
波浪警報が出ている海に行ってみた。
天気は良いが風が強く波は高かった。
「天気晴朗なれど波高し」。
連続写真で防波堤に打ち付ける波を撮ってみた。

波高し-1

波高し-2

波高し-3
 冬の木 Ⅵ  2014/02/15 (Sat)
昨日から全国的に大雪。
甲府や北関東の大雪のニュースを見てびっくり。
私の住んでいるところ(雪国)は小雪で喜んでいる。
今日は朝から湿った雪が降り続けたが、それでも積雪は10-15cm程。
夕方、出掛けたついでに木を撮ってみた。
雪をバックにすると小枝の先までくっきり映える。

雪の中の木-1

雪の中の木-3

雪の中の木-2



 冬の朝陽  樹  2014/02/14 (Fri)
朝の日射しに樹が美しく輝く。
寒さの中、気持ちの良い瞬間だ。


冬の朝陽-1

冬の朝陽-2

冬の朝陽-4

 はさ木と雪  2014/02/13 (Thu)
はさ木のある風景、雪。
春夏秋冬楽しめる場所だが、雪景色が一番似合うかも。
その雪を。

雪は降る-3

雪は降る-2

雪は降る-1
稲の切り株に雪が積もった景色もいい
 雪の河  2014/02/12 (Wed)
雪と川の組み合わせは被写体として最高である。
通勤路の土手道から川を撮る。
鴨も居て楽しい場所だ。

雪の河-1
桜の老木と

雪の河-2

雪の河-3
 冬のはさ木  2014/02/11 (Tue)
休日はいろいろとやることもあり、忙しい。
撮影もその一つだ。少しでも時間を見つけて撮りたい。
四時過ぎに家を出て、はさ木のある場所に行ってみた。
日射しも無いので、寒く暗い。

冬のはさ木-1
はさ木に鳥がたくさんとまっていた

冬のはさ木-2
シャッターを切ったら一斉に飛び立った

冬のはさ木-3
 工場の煙 冬  2014/02/10 (Mon)
川の撮影をしていたら、右奥に水蒸気を噴き上げるものが見えた。
冬の景色にひと際印象に残る水蒸気の煙。
その水蒸気を求めて車を走らせ現場に行ってみた。
溶鉱炉を持つ工場だ。
冬の寒さに水蒸気を激しく噴き上げる姿は圧巻だ。

工場の煙-1

工場の煙-2

工場の煙-3

雪を吹き飛ばす迫力に圧倒された
 冬の川  2014/02/09 (Sun)
昨日の雪が止み、今日は時折日も射した。
いつもの川へ行き、雲の動きと共に川を撮ってみた。
冬の川は空気が張りつめ、美しい。

冬の川-1

冬の川-2

冬の川-4
 雪降る 松の葉に  2014/02/08 (Sat)
今日は全国的に雪の一日。
多くのブログの写真も雪景色一色になるだろうと思い、私も雪の画像を。
関東の雪は大々的に報道されるが、雪国の雪は何処にも報道されない。
雪は日常だから仕方ないが、どこかスッキリしない。
と、少しいじけながら「雪」を撮った。

アトリエの周りに自生している松の葉に積もる雪

雪降る日-1

雪降る日-2

雪降る日-3
 木の根元  2014/02/06 (Thu)
樹の根元は造形的にも面白い形をしている。
その根本を撮ってみた。

木の根元-1

木の根元-2

木の根元-3
 川辺の風景  2014/02/05 (Wed)
川の土手を歩くと、いろいろなものに出会える。
必ずしも美しいものばかりではないが、川には多様な表情があって面白い。
何でも撮れるのはデジタルのお蔭だ。

川辺-1

川辺-2

川辺-3
 冬の木 Ⅴ  2014/02/04 (Tue)
昨日までの温かさから一転、寒い一日となった。
通勤路から少し寄り道して、小学校の廃校跡に残る大木を撮った。
薄っすらと雪化粧した樹は美しい。

冬の木 Ⅴ-1

冬の木 Ⅴ-2

冬の木 Ⅴ-3
 枯れ野  2014/02/03 (Mon)
冬枯れの植物は写真にはならないかもしれないが、絵にはなる。
日本画のモチーフになるシーンだ。
絵画的な情景を演出する枯れ野を撮ってみた。

冬枯れの草たち-1

冬枯れの草たち-2

冬枯れの草たち-3
 冬の朝 木道   2014/02/02 (Sun)
冬の朝は他の季節では見られない美しいものが見られる。
河川敷の公園の木道もそういう場所だ。
夏に木道を歩いても普通の景色にしか見えないが、冬は違う。
その冬しか見られないシーンを。

朝の木道-1

朝の木道-2

朝の木道-3
 朝の川  2014/02/01 (Sat)
久しぶりに休日の朝に晴れ間が広がった。
慌てて支度をして、近くの川を目指した。
桜の古木が並ぶ土手で桜と川(鴨)を撮ってみた。

朝の川-1
朝焼けが残る空と静かな川面。たくさんの鴨が泳いでいた。

朝の川-2

朝の川-3
Template by :FRAZ