back to TOP

admin |  RSS
 鉄砲百合  2013/08/31 (Sat)
週末はアトリエに行くが、一週間の間に植物は大きな変化をみせる。
ヤマユリの時もそうだったが、今は鉄砲百合が一気に開花していた。
鉄砲百合は名の通り、鋭い形をしていて、緑の草地ではその存在はひと際目立っている。

鉄砲百合-1

鉄砲百合-2

鉄砲百合-3
舗装されていない道沿いには一列に整列。

鉄砲百合-4
ユリは後姿も気品がある。
スポンサーサイト
 収穫近し  2013/08/30 (Fri)
今日は一日中雨。
そこで、二日前の晴れた日に撮った田の画像を。
収穫の秋はすぐそこまで来ていて、稲穂は実りの重さで頭を垂れている。
青空と黄金の大地は近い。

収穫近し-1

収穫近し-2
大雨の影響で倒れているところもある。

収穫近し-4
 広い空に夕陽  2013/08/29 (Thu)
疲れた日にここから空を見上げると一日の疲れが吹っ飛ぶ。
空に浮かぶ雲。河に映る夕日。
単調な景色だが、その単調さが景色の広がりを印象付ける。

広い空-1
ぷかぷか浮かぶ雲

広い空-2
陽が沈む

広い空-3
雲の形も面白い。
 日光東照宮  2013/08/28 (Wed)
世界遺産になって初めての東照宮。
外国人の姿が多く見られ、インターナショナルな場に変化していた。
東照宮は平成の大修復の真っただ中。陽明門も六月から修復に入っていて、工事の足場やシートがその華麗な姿を隠していた。
どこにレンズを向けても工事の現場が映ってしまう。

東照宮-1
陽明門もこういう姿に。今後、数年間続く修復作業。

東照宮-2

東照宮-3


東照宮-4
 空-秋近し  2013/08/27 (Tue)
今夏の空に青空は少なかった。
ここにきて、青い空と白い雲が見られるようになってきた。
朝晩も過ごし易くなり、秋も近くに感じられる。
今日は、その空と雲を撮ってみた。

空-秋近し-1
昼の空

空-秋近し-2
入道雲が現れた

空-秋近し-3
帰り道で見た雲
北関東名瀑シリーズ第三弾は茨城県の「袋田の滝」。
初めて訪れる滝だったので、ワクワク気分で車を走らせたが、想像以上に遠かった。予定より一時間近く遅れて到着。
前日上流に降った雨で増水していたこともあり、下の観瀑台からの迫力は凄まじいの一言。
水しぶきで全身ずぶ濡れ。撮影どころではなく、早々に退散。この迫力は生まれて初めて経験するものだった。
エレベーターで上部の観瀑台から撮影した。四段に流れ落ちる様は日本三大瀑布にふさわしい迫力。

袋田の滝-1

袋田の滝-2
吊り橋から

袋田の滝-3
増水のため迫力は満点
北関東の名瀑のツアーは華厳へ。
何時雨が降るか分からない天気。滝の周囲は深い霧で覆われていた。
エレベーター(520円)で観瀑所へ行くことを諦め、上部から撮影した。
10分後、激しい雨が降ってきて撮影は中止。
霧の華厳もいい・・・。

霧の華厳-1

霧の華厳-2

霧の華厳-3
高原の緑は、霧の養分を蓄え美しい

思いつきと気合で、涼を求め北関東の滝を巡るツアーを強行した。
週間天気予報では毎日晴れ。しかし、直前の天気予報は雨模様に変わっていた。
そうしたこともあり、天候は不順だったが、それぞれの滝に表情が生まれてよかった。
最初に訪れたのは、一度行ったことのある群馬県北部の「吹割の滝」。
ここは、落差のある滝とは異なり、大地が裂けてできた滝。直ぐ近くまで行くことのできるのが特徴。
前に来たときは五月の連休で、雪解け水が轟々と流れ、恐怖を感じたが、今回は水量は少なかった。

吹割の滝


吹割の滝-2

吹割の滝-3
目線の高さで滝の迫力を捉えられるのが最大の特徴




 夏の空  2013/08/20 (Tue)
夏の空は夏の空だ。当たり前のことだが、四季それぞれの空の表情があるから面白い。
空の色、雲の形や色。夏らしい空を撮ってみた。

二枚は別の日。

夏空-1

夏空-2
 朝陽の中 夜露  2013/08/19 (Mon)
植物と水は切っても切れない関係。
夜露が朝陽を浴びて輝くとき、植物が一番生き生きと見える瞬間。
早起きした時にしか見られないこともあり、刺激的だ。

朝陽の中-1

朝陽の中-2

朝陽の中-3
 田の夕暮れ  2013/08/18 (Sun)
毎日、暑い日が続いていて、夕暮れ時も靄ってしまっている。
美しい夕陽を撮りたいと思っているが、綺麗な夕陽には出会えない。
そうした中、収穫が間近になっている田の夕暮れを撮ってみた。

田の夕暮れ-1


田の夕暮れ-3


田の夕暮れ-2

週末に行くことが多い公園へ。
ここには、いろいろな木々や花々が生い茂っていて、春夏秋冬、晴雨いつでも楽しめる。
今日は、生きているものに焦点を当ててみた。そして、それを印象付けるものも。


生きるもの、そして-1
光を浴びる葉は美しい

生きるもの、そして-2
地面に落ちた葉はこの暑さで鉄色に

生きるもの、そして-3
蝉が地上で鳴き声を上げるのは短い

生きるもの、そして-4

サルスベリの樹には命の証が
 増水の跡  2013/08/16 (Fri)
先月下旬の大雨で、河原などには増水した際に運ばれた泥が残っている。
ここのところの日照りで、泥が乾燥し、ひび割れを起こしている。
そのひび割れの模様が面白いので、三箇所で撮ってみた。

増水の跡-1
泥に石が投げられ、クレーター状になっている

増水の跡-2
泥の厚さが薄く、紙に近い表情だ

増水の跡-3
こちらは、綺麗な幾何学模様のひび

探してみると、結構見つかった。
それぞれの場所の特徴があって、面白い。
 真夏の鉄橋  2013/08/15 (Thu)
猛暑の一日。スカッとした夏空ではなく、暑さがこもる空の色。
鉄橋と川と電車を収めて撮影も終わり。

鉄橋-1
タイミングよく電車が来た。
が、予期せぬ出来事に撮影位置を撮れなかった。

鉄橋-2
青空を強調するために-補正を行った。

鉄橋-3
 日の出から  2013/08/14 (Wed)
今日は日の出前に起きたので、日の出を撮りに山の中腹まで行ってみた。
しかし、真夏の雲の無い日、期待していた日の出の瞬間を見ることはできなかった。

朝陽-1
東の山に日が昇ってきた

朝陽-2
朝靄が木々の輪郭を重ねる

朝陽-3
今日は最高気温の日本記録を更新するという記念の日。私の住んでいる処も暑い一日だった。
夕方、田んぼの中を通る道を走っていたら、「かかし」が見えた。
近くまで行ってみると、今年の主役が見事に再現されていた。

かかし-1
人気者が立ち並ぶ

かかし-2
このかかしは本物そっくり

かかし-3
親子連れも楽しそう

かかし-4
特徴をつかんでいる
 道端の花  2013/08/11 (Sun)
道路を車で走っていると、撮りたくなる花がある。
車を停めて撮られるところもあれば、近くに駐車スペースの無いところもある。
今回の花は朝の通勤で通る道に咲く花だ。
朝ということもあり、車を停めて撮るには難しい場所にある。
休日を利用して撮ってみた。

道端の花-1

道端の花-3

道端の花-2
 公園のワンシーン  2013/08/10 (Sat)
毎週のように行く公園。
いつもの場所のいつもの風景。
それでも、季節と時刻、そして天候により、心に伝わってくるものがある。
今日はそんなワンシーンを撮ってみた。

公園のワンシーン-1
公園内の遊歩道は絵になる。

公園のワンシーン-3
さるすべりの花と。

公園のワンシーン-2
蝉の抜け殻も夏らしくていい。
 寺の境内にて  2013/08/09 (Fri)
お寺にカメラを持ち込んで歩いてみると、今まで気が付かなかった面白いものや構図に出会うことがある。
それは、季節により多種多様な楽しみ方が生まれ、同じお寺を何度も訪れることになって、一年中刺激を受けることができる。

寺の境内にて-1

寺の境内にて-2

寺の境内にて-3
カメラショップの中古品コーナーでジャンク品の135mm.f2.8のレンズを購入。
早速、家に帰って試し撮り。
塀の上面にカメラを置いて、右と左を撮ってみた。
そうしたら、塀の上にコーヒー缶が置かれていることに気付いた。いや、捨てられていた。
気分は最悪だが、撮ってみると意外に面白いことに気づく。悔しいから、皆さんからも見てもらうことにした。
面白い絵になったので、これからも時々はこのレンズを使って行こうと思っている。

レンズ-1
コーヒー缶には何の恨みもないが、捨てて行った人には怒りを感じる。

レンズ-2
こちらは反対側。
レンズ-4
玄関ドアの錠。


 寺の樹  2013/08/07 (Wed)
天地人で有名な「雲洞庵」。そこの境内にある樹。
豪雪地のためか、地を這うような幹もある。動物的生命観溢れる姿に心惹かれた。

寺の樹-1

寺の樹-2

寺の樹-3
 真夏の水田  2013/08/06 (Tue)
ここは日本一のブランド米の産地。
他の地域の水田より穂を付けるのが遅いためか、稲は若草のように美しい。
人工的な美と自然の美の合作ともいえる水田の美しさ。
朝の水田は夜露に濡れ輝きを増していた。

水田-3

水田-1

水田-2
夜露と稲の葉の競演

水田-4
農道も美しい
雨が上がってアトリエの裏へ廻ったら、蜘蛛の巣が幾つもあった。
雨上がりの蜘蛛の巣は水滴を蓄え、キラキラ光って綺麗だ。
さっそく、マクロレンズで撮ってみた。
蜘蛛の巣のご主人は、人が近づくと直ぐに姿を消してしまう。

雨上がりの雲の巣-1
非常に目の細かい巣だ

雨上がりの雲の巣-2
水滴がついている巣は宝石のように綺麗だ

雨上がりの雲の巣-3
更に接写すると、巣が幾重にも張られているのが分かる

雨上がりの雲の巣-4
そして、ご主人様の登場
 ひまわり  2013/08/03 (Sat)
ひまわりの季節がやってきた。
今日は特に撮るつもりもなかったが、車を走らせていたら、ひまわり畑があったので撮影。
知人のTさんも撮影していたので、暫し撮影会を楽しんだ。
Tさんはカメラ歴数十年の玄人で、素人の私にいろいろとアドバイスをしてくれる。
今回はひまわりをアップで撮ったものを載せてみた。

ひまわり-2
ここのひまわりの容姿はすきっとしている。

ひまわり-4

ひまわり-3
蜂と一緒に。

ひまわり-1
完全に開花していないひまわりには野性を感じる。
 久しぶりの夕陽  2013/08/03 (Sat)
この二日間、ブログの管理ページの不具合で更新できない状態でした。(8月1日に載せる予定の画像)
不純な天候が続き、雨ばかりの日。久しぶりに帰りに夕陽を見ることができたので、撮ってみた。
いつもの場所で、いつもの夕陽なのだが、新鮮な感じがした。

久しぶりの夕陽-1

久しぶりの夕陽-2

久しぶりの夕陽-3


久しぶりの夕陽-4
Template by :FRAZ