FC2ブログ

back to TOP

admin |  RSS
引き続き「わらアート」。
それぞれが動きや作り方に工夫があって、見ごたえ十分。天気がイマイチだったのが残念。
一体の像に使われる藁は水田300坪から採れる稲わらの量らしい。
藁は昨年の稲を使っている。その準備や保管も大変だ。

美大生の造るポーズはよく考えられている
わらアートⅡ-1



わらアートⅡ-2


カバ・・・です  迫力ある構図
わらアートⅡ-3


細部まで丁寧に造り込まれている
わらアートⅡ-4


最大の作品  どれだけの量を使ったのかな?
わらアートⅡ-5


ゾウ  藁で作っあるのでマンモスにも見える
わらアートⅡ-6


昨日のTBC「サンデーモーニング」の画像から
わらアート-8
スポンサーサイト
 わらアート  2018/09/16 (Sun)
上堰潟公園を舞台に毎年行われている「わらアート」。今年で11回目。
8月26日の一日だけのアート展だが、作品は10月まで展示されている。
武蔵野美術大学の学生と市民の協働作業で作り上げたわらの作品たちは迫力満点。
今朝のTBSの「サンデーモーニング」でも中継で紹介された。

大きさと完成度に惹きつけられる
わらアートー1


図案や組み立ては学生たち、わらの準備や骨組みは地元の人が行っている
わらアートー2



わらアートー3



わらアートー4



わらアートー5


制作は猛暑の中の一週間  短時間でここまで仕上げたのには驚いた
わらアート-6


今朝の「サンデーモーニング」から  制作途中の様子
わらアート-7


ここで使われている藁は、展示が終了すると特産の柿の木の根元に敷き藁として再利用される
わらアート-9
続く
 雪舞う 彫像にて  2017/02/07 (Tue)
天気は冬型へ。
平野部の雪は少なくなってきた。これで春に向かって行くのかなと思っていたのに寒さが戻ってきた。
来週は平野部に大雪が降り続くとの警戒情報も出ている。春はまだ遠い・・・か。

みなさんのブログに花がたくさん登場するようになってきた。特に黄色の花が多いように思う。
我々の処は梅も桜も水仙も雪消えと同時に開花する。それを楽しみに暫く雪景色を楽しむことに。

雪の舞う中、彫像が目に留まった。

雪降る-1


雪が降ると、AFではどこにピントが合うのかな
雪降る-3



雪降る-4



雪降る-5


シルエットを強調して
雪降る-7


 これは彫刻?  2016/09/22 (Thu)
今日は休日出勤のため撮影も無し。明日は代休になったので、何処かで撮りたいと思っている。

ブログのタイトルにあるARTに関する画像を。
屋外にある彫刻作品にぐっと迫ってみた。全体像が分からないのも楽しい。

御影石に刻まれた文字
彫刻?-1


金属作品
彫刻?-2


大理石作品の中央部
彫刻?-3


これは?  噴水の水でした。アートに見えないか?
彫刻?-7


おまけ。ポケモンGOに夢中
彫刻?-5
毎日暑い日が続く。山沿いは雷雨も。 強い日差しと木々がつくる木漏れ日も真夏の情景か。

良寛像は良寛の足跡が残る場所に建てられている。
若いころ過ごした場所の像、晩年を過ごした場所の像、それぞれ姿や表情に違いがあって面白い。
国上山には五合庵があって良寛ゆかりの地。そこにも良寛像がある。子供たちと毬遊びをする姿を捉えていて微笑ましい。


「良寛さんと毬」像。作者は地元出身の彫刻家、茂木弘次氏
良寛像-1



良寛像-5



良寛像-3



良寛像-4



良寛像-2


こちらは、分水良寛史料館の「良寛さま」像。作者は同じ茂木氏。どちらも良寛らしい姿なのだろう・・・。
良寛像-6
Template by :FRAZ