back to TOP

admin |  RSS
 砂に染みる  2017/03/08 (Wed)
また雪が降ってきた。雪のない道路に慣れてしまって、雪道の運転に戸惑う。
夏タイヤに交換した人もいて、思いもよらぬ事故も起きる。

波打ち際を歩くと、水と砂が織りなすドラマに出会う。
暫く立ち止まってその様子をカメラに収めた。



砂浜に-1



砂浜に-2



砂浜に-3



砂浜に-4
スポンサーサイト
今日は朝から録り溜めておいた朝ドラの「べっぴんさん」を見続けた。ここ数年、朝ドラにはまっている。
それまで一番毛嫌いしていた番組だったから自分でも不思議だ。カメラもそのころから始めたものだ。
人は変わる、とは本当だ。

冬の日本海に現れる波の花を見つけた。海岸には誰も居ないから独り占めした感じだった。

冬の日本海 砂浜-3



冬の日本海 砂浜-2



冬の日本海 砂浜-1



冬の日本海 砂浜-4



冬の日本海 砂浜-5
海岸線を走って被写体を探してみたが、日射しも波も無い中では惹きつけられるものが見つけられない。
そんな中、久しぶりに立岩周辺を散策した。冬の海なのに凪状態だったので、海岸まで下りられた。
今まで何度も歩いた場所だっだが、右奥にトンネルがあることを発見。
誰も居ない海岸で何かあったどうしようかという怖さもあったが、逆に恐いもの見たさにトンネルに入ることにした。
それは遊歩道のために造られたトンネルだった。少し入って振り返ったら、なんと立岩が正面に見えた。
立岩を見るためにトンネルの位置、方向を計算して作ったものだと分かってビックリ。
しかし、荒れる日本海では、海岸の建造物はことごとく破壊される。前後の遊歩道も例外ではなく、跡形も無く破壊されている。
久しぶりにドキドキ感を味わえた。

今の季節には珍しい凪
凪の立岩-1



凪の立岩-2


海岸まで下りた。ここまでは何時ものパターン
凪の立岩-3


そしてトンネルの中へ。振り向いたら・・・これだっ!
凪の立岩-4


奥から撮るとトンネルの径と岩が同じくなり、更に面白い
凪の立岩-5


トンネルの入口。手前の遊歩道は波で破壊されている。左は波が作った自然のトンネル(穴)
凪の立岩-6


突然の晴れ。冬型が強くなるというのに晴れた。おかしい?と思いつつも、海岸まで行ってみた。
久しぶりの青空にまぶしい日射し。波も光輝いている。
突堤にぶつかる波、飛ぶ鳥、波しぶきが作る虹。晴れていれば何でもいい。

が、この後、雲が広がり、風は吹き、雨が降り出した。まるで幻のような青空だった。続く・・・

春のような天気
冬の晴れ間 突堤-1


青空が広がる
冬の晴れ間 突堤-2


波しぶきも輝く
冬の晴れ間 突堤-3


虹も見える
冬の晴れ間 突堤-6



冬の晴れ間 突堤-5


青空の中を飛ぶ
冬の晴れ間 突堤-4
 砂浜の砂  2016/11/28 (Mon)
鳥取砂丘には未だ行ったことは無い。小学校の地図帳で知って以来、一度は行ってみたいと思っている場所だ。

そことは比べ物にならない砂浜だが、砂は生き物のように変化する。
風紋や砂の丘など被写体には困らない。



砂-1



砂-2



砂-3



砂-4


ついでに撮影者の影も
砂-5
Template by :FRAZ