FC2ブログ

back to TOP

admin |  RSS
 ティッシュ  2018/07/24 (Tue)
強烈な西日。夕方になっても気温が下がる気配はない。
その西日が部屋の中まで差し込み、そこだけ強い陰影になっている。
たまたまティッシュに光が当たって、紙の白さが際立った。


ティッシュに西日
ティッシュ-1


スポットライトのような強烈な光
ティッシュー6



ティッシュ-3


ちょっと縦にして  明暗のコントラスト
ティッシュー7


反対にして
ティッシュ-5
スポンサーサイト
 林に射す  2018/03/18 (Sun)
雪の残る林は晴れても薄暗い。その中で一筋の光の射す場所がある。
その光を求めて林の中をウロウロ。手持ちで。

正面から
光射す-1


斜めから
光射す-2


強い光
光射す-7



所々に・・・
光射す-4



光射す-5


落ち葉も輝く
光射す-6
洗車
長い冬も終わったので、汚れた車の洗車をやった。雪国で冬を越した車は傷んでいたり、様々な汚れが残る。除雪車が積み上げた固い雪にバンパーなどをこすって傷をつけることもある。消雪パイプの水には鉄分が多く含まれているので、車にも赤さびがつく。凍結防止剤も錆を発生させる。それらを点検し、汚れを落とすのだが、簡単には落ちない。特に、消雪パイプで汚れたボディーは専用の液を使わないと元に戻らない。今冬は前後のバンパーを痛めてしまった。でも、もうどうでもいい感じになっていて、そのままにすることにした。
 歩いて・・・  2017/08/19 (Sat)
トンネルの中は案外涼しい。
モデル?を頼んで歩いてもらった。只歩くだけで絵になるからトンネルは面白い。


トンネルを-1



トンネルを-2



トンネルを-3



トンネルを-4
 日陰に光  2017/07/16 (Sun)
弥彦神社の日陰の続編。ここのところ神社仏閣が続く。
人の作ったものと自然がうまくマッチしているところが多く、それに歴史という時の流れに出会える。何よりカメラを構え易い。
そんなことで、神社仏閣が多くなる。ヨーロッパの教会もいいが、参道や境内のある日本の方が懐が深いように感じる。

日陰を撮っていると、日陰の中に光の射しているところに出会う。
闇の中に射す美しさと希望


一枚の葉っぱも
光に-1


苔も
光に-2


樹皮の模様を活かす光と影模様
光に-3


縄だって
光に-4


六角形の土台跡にも
光に-6


壁に木漏れ日
光に-5
京都や奈良、鎌倉などの寺は入る際に「拝観料」を取るところが多いが、地方の寺で拝観料を取るところはほとんどない。
先日、撮影していたら寺の人から「寺を維持するのは大変なんだよ。敷地が広いから朝から晩まで草取りや落ち葉の始末をやらななければならない。拝観料は取れないし、取っても人も来ない。京都の寺はいいよ。」と。
京都に行くと寺を廻ることが多いがその都度拝観料を払う。その拝観料収入には税金もかからない?
そういうことなのか、寺の職員駐車場には高級車や外車が並んでいるところも多い・・・。
 光射す  2017/03/01 (Wed)
今日から3月。これから暖かくなって緑も芽生えるだろう。もう少しの辛抱。

それとは関係ない画像。
木々の間に蒸気が昇り、そこに陽が射していた。なかなかピントが合わない・・・



光射す-1



光射す-2



光射す-3



光射す-4
Template by :FRAZ