FC2ブログ

back to TOP

admin |  RSS
 残雪  2019/03/26 (Tue)
今年の雪解けは早く、雪の残っている処を探すのも苦労する。
魚沼の山里に広がる「魚沼の里」に行ったら、雪が残っていた。
雪面から水蒸気が立ち上って幻想的な情景も見られた。そして、残雪と葉を落とした樹の組み合わせが気に入ってしまった。

残雪に葉を落とした樹  
残雪-1


雪面から蒸気  この時期に見られる現象だ
残雪-2


三月の雪は真っ白ではないが、それもいい
残雪-3



残雪-5



残雪-6



残雪-4

スポンサーサイト



 五十嵐川雪景色  2019/03/16 (Sat)
昨日の八木ヶ鼻の下を流れる五十嵐川。
雪解けが進んで水量が増えていた。そこに新しい雪が積もって真冬にはない景色が見られた。

五十嵐川と守門川の合流地点
五十嵐川雪景色-1


左から守門川が流れ込む
五十嵐川雪景色-2



五十嵐川雪景色-3


雪解け水は綺麗だ
五十嵐川雪景色-4


雪と一緒に撮ると寒さも倍増
五十嵐川雪景色-5



五十嵐川雪景色-6


石に積もる雪はどこか可愛い
五十嵐川雪景色-7
明日は大河ドラマがある。ピエール瀧のコカイン問題で低迷していた視聴率が上がるかもしれない?と思っている人もいるようだ。朝ドラファンとしても残念で仕方ない。次々に起こるこうした問題にどう対処したらいいのか。一つは所属事務所の責任で健康診断や尿検査を定期的に行い個々の「保証書」のようなものを作るしかないのか。今まで楽しみに見てきた番組が突如見られなくなることを考えたら、個人の問題として捉えるのではなく、相撲協会でやっている力士全員を集めた研修会のようなものを芸能界全体で統一的に取り組めないものか。
三月も半ばというのに雪が舞ったので、もしかしたら雪景色を見られるかもと思い山間地まで足を延ばしてみた。
山が近づくと少しずつ雪が増えて、初雪のような雪景色が見えてきた。
今年は小雪だったため、なんか久し振りに雪に出会えて嬉しかった。でも、冬に逆戻りした感じで変な気持ちになってしまった。

景勝地 八木ヶ鼻  薄っすらと雪を被っている
三月の雪-1


天気はパッとしない
三月の雪-2


水道橋と
三月の雪-4


積雪は数センチ
三月の雪-6


こういう景色も久しぶりだ
三月の雪-8


カメラを持つ手が寒さでしびれてきた  この感覚も久しぶりだ
三月の雪-7
暫くイタリアの画像を載せていたら雪国の景色が恋しくなって撮りに出掛けたが、なにか寂しさを覚えた。イタリアの世界遺産を廻ったのだから仕方ないか・・・。
 雪の国上寺  2019/02/19 (Tue)
雪景色を探して国上寺まで登ってきた。毎年冬に来ている定番の場所。(昨年は2018/2/28に載せていた)
今まで撮っていないもの、位置、角度、構図など、新しいものを探してはみたが、昼間の時間帯ではそれにも限りがある。
晴れないなーーーー。

雪の国上寺-1



雪の国上寺-2



雪の国上寺-3



雪の国上寺-4



雪の国上寺-5



国上寺-8
 雪の吊り橋  2019/02/18 (Mon)
国上山に架かる千眼堂吊り橋。
一年を通して訪れているが、雪の季節は渡る時の緊張感が違う。落ちないように・・・。
橋に向かう道もそれなりの気持ちが必要だ。滑らないように・・・。

吊り橋に続く道  慎重に歩いて・・・
雪の吊り橋-6


吊り橋が見えてきた
雪の吊り橋-1


雪の吊り橋  巾は1.5m   足跡は中央部に集中している
雪の吊り橋-2


吊り橋から平野部を
雪の吊り橋-7


吊り橋から山側を  杉林
雪の吊り橋-8


全長124m
雪の吊り橋-3



雪の吊り橋-4


昨年改修工事を行ったばかりなので綺麗
雪の吊り橋-5
昨夜のNHK大河ドラマ「いだてん」はタケシの出番が少なかった。いろいろと言われているからなのだろうか、ドラマの中でタケシが「今日は出番が少ないんです」と言う場面まであって笑えた。そのこともあってか集中できた?(しかし、視聴率はさらに下がって 9.5% )
先日、池田記念美術館で秩父宮記念スポーツ博物館展を見たら、金栗四三がストックホルムオリンピックで実際に使った「靴(足袋)」が展示されていた。素人目でも、これで走ったのか?と疑う貧相な履物だった。旅の疲れと調整不足、そして当日の暑さで倒れた四三がゴールテープを切ったのは55年後という話と貧相な足袋がダブって、暫くその場から離れられなかった。
Template by :FRAZ