FC2ブログ

back to TOP

admin |  RSS
 そして、沈んだ  2018/10/10 (Wed)
陽の沈む様子を見るため、海岸を行ったり来たり。
ようやく沈む時が来た。海岸には観客?も増え、ドラマを見守った。
雲が少なく、劇的な瞬間とは言えなかったが、水平線に消える姿を収め撮影も終了。途中アクシデントも。

もう直ぐ・・・
沈んだ-1



沈んだ-2



沈んだ-3



沈んだ-4


波が高いから飛沫も光る
沈んだ-5


お疲れさまでした・・・
沈んだ-6
夕陽を波打ち際で撮っていたら(5枚目の写真の頃)、大きな波が来て完全に水没。靴はもちろんズボンも30㎝濡らした。
ぐちょぐちょの靴下のまま撮り続けたので、帰りは寒気も。ファインダーを覗いていると、近くが見えないないからこういうことになる。教訓。
スポンサーサイト
 夕陽にカラス  2018/07/21 (Sat)
猛暑が続き、カメラを持ち出す気力も無くなってきたが、ブログの更新、という課題もあるので暑さの中、夕陽を撮りに出掛けた。
雲も少なく、気怠い夕暮れに特にときめかない。
ところが、撮っているうちに電柱の上にカラスがいるのを見つけた。
ちょうど夕陽と重なる位置だったので、最後はときめいて撮った。

夕暮れの街
夕陽にカラス-1


電柱の上に鳥を発見
夕陽にカラスー2


移動して、夕陽と電柱が重なる場所から撮った
夕陽にカラスー3


もう直ぐ重なる
夕陽にカラスー4


陽とカラスが重なった
夕陽にカラスー5


夕焼け雲と合ってバッチリ
夕陽にカラスー6


陽が沈む頃になると、カラスは何処かへ飛んで行った
夕陽にカラスー7

 後光  2018/01/22 (Mon)
岩から後光が射して見えた。
砂浜に岩のある場所は両方を楽しめるからいい。


岩から-1



後光-6



岩から-2



岩から-4



岩から-5
東京が大雪になっている。朝からその話題でどのTVも賑やかだ。
その雪が終わると、こちらも再び大雪になるというから、他人事ではない。

先ほど東京にいる子どもから送られてきた雪の画像  凄いことになっているようだ (1/22 19時頃)
東京大雪
久し振りに海岸でお日様に出会えた。雲もあって撮影には好条件だった。
先週の大雪はすっかり姿を消し、いつもの海岸に戻っていた。
来週には再び大寒波が襲来するようなので、沢山撮ってきた。

先週の大雪の時に来た海岸
久し振りの夕陽-1



久し振りの夕陽-2



久し振りの夕陽-3



久し振りの夕陽-4


河口から
久し振りの夕陽-5


岩の上から
久し振りの夕陽-6
 年の暮れ 夕陽  2017/12/27 (Wed)
今年もあと数日で終わる。雪が積もったり、消えたりを繰り返し、冬が進んでいく。
水田地帯にも日暮れが迫ってきたが、雪の無い水田はなんとなく変だ。。
冬のようで冬でない日暮れを。



年の暮れの夕陽-1



年の暮れの夕陽-2



年の暮れの夕陽-3



年の暮れの夕陽-4



年の暮れの夕陽-5
Template by :FRAZ