back to TOP

admin |  RSS
 間に合った  2017/10/31 (Tue)
日暮れが早くなり、陽の沈む時間帯にカメラを持てなくなってきた。
今日はギリギリ間に合って撮ることができた。
撮りたてほやほやの今日の夕陽を月と共に・・・

カメラの準備ができた時には既に半分沈んでいた
間に合った-1



間に合った-2



間に合った-3


あっという間に沈んだ
間に合った-4



間に合った-5


反対の空にはお月様
間に合った-6
スポンサーサイト
 落日  2017/10/03 (Tue)
陽が沈む時、何を思うかでその人の今が分かる、という人がいる。
輝いていたものが沈む、と考えると真っ赤な空も美しく見えない。
「落日」は城山三郎の「落日燃ゆ」を思い出す。この小説を読んでから、広田弘毅の生き方と東京裁判に興味を持った。


昨日沢山載せたので、今日は3枚で
落日-1



落日-2



落日-3
民進党も落日の時を迎えてしまった・・・
衆議院選挙はいつも悩む。住んでいる処と職場で選挙区が異なるからだ。前の職場もその前の職場も違っていた。
 河を照らす  2017/03/13 (Mon)
土日は春を告げる天気になって、過ごしやすかった。しかし、明後日には再び雪マークも。
小学生のころから川で遊ぶことが多かったこともあって、川は原風景のようなもの。
カメラを始めてから、再び河に行く機会が増えた。

今までと違う場所で夕陽を撮りたいと思って、川沿いの道を走っていたら、夕陽と橋の重なる場所を見つけた。
樹も入れて河を照らす夕陽を


河に照らして-1



河に照らして-2


葉の無い樹も、そろそろ終わりかな
河に照らして-3



河に照らして-4



河に照らして-5

 久し振りの夕陽  2017/03/12 (Sun)
冬に夕陽を見るのは難しい。晴れる日も少ないし、あっという間に沈んでしまう。
こうして夕陽を撮られるようになって春が来たことを実感できる。調べてみたら夕陽の画像は11月8日以来、4か月ぶり。
陽が沈むと急激に気温が下がって、カメラを持つ手がしびれる。安心して撮れるのはもう少し先だ。
次は花の画像だが、こちらはもう少し先になりそう・・・

跨線橋から
久々の夕陽-1



久々の夕陽-2



久々の夕陽-3


街燈と
久々の夕陽-4


電車が来た
久々の夕陽-5


夕陽を浴びる駅
久々の夕陽-6
 穏やかな河の夕日  2016/11/08 (Tue)
午前中は日差しもあったが、午後から雨。明日から冬型になるというから恐ろしい。
恐ろしいと言えば、福岡の陥没事故。日本ではほとんど見たことのない規模の大陥没だ。
よその国のこのような事故のことをとやかく言うテレビもあるが、豊洲といい、今回の陥没といい、そして福島の原発事故も、とても他国のことを批判できないと思うが・・・
それにしても福岡はホークスの逆転二位といい、今年は厄年なのか。

そんなこととはまったく関係ない穏やかな夕陽。今日は撮れなかったので、先週の土曜日の夕日を。


河の夕日-1



河の夕日-2



河の夕日-3



河の夕日-4


Template by :FRAZ