FC2ブログ

back to TOP

admin |  RSS
 信濃川  2020/09/12 (Sat)
信濃川が最後に蛇行する場所。周囲は地図帳にもよく載る河岸段丘地形。支流で鮎の釣りでも有名な魚野川が流れ込む。
そうこともあるからだろうか地名は「川口」。川口の地名は全国にあるが、私にとっての川口はここになる。
信濃川の蛇行する姿、河岸段丘の地形、収穫前の田。何処を撮っても絵になる場所。

信濃川  この先は越後平野になる
信濃川-1


上流側  河岸段丘が美しい
信濃川-2


蛇行 右に  川は蛇行する姿が一番いい
信濃川-3


蛇行 左に
信濃川-4


河岸段丘には水田が広がる  魚沼産コシヒカリの美味しさが分かる
信濃川-5


そして橋
信濃川-6

スポンサーサイト



大河津分水路の拡張工事を見学するための特設コースができていた。
その名も「現場チャレンジコース」。入口には「ここから先は体力に自信がある方におすすめ」の表示。
急な足場の階段を登るため、受付に連絡し、係員が入口を開けてくれないと入れない。
受付にその旨を伝えると、担当の若い女性が入口を開けてくれた。「降りる時は上のインターホンで連絡してください」とも。
けっこう急な足場の階段を登ると、そこから200m先まで通路が作ってあり、工事現場の上まで行かれる。

現場チャレンジコース入口(登り口)  オレンジ色が往路  緑色が復路  仮設の階段のため揺れる
見学コースー1


階段を登るとさらに200mのコースがある
見学コースー2


足跡が導いてくれる  残り100m
見学コースー3


工事現場の上まで来た
見学コースー4


工事車両は良く見えるが、増水した川と重なり、ちょっと怖い  工事関係者はかなり怖いのではないか
見学コースー5


帰りのルート  今度は緑色が目印になる
見学コースー6


途中でバッタに出会った
見学コースー7


下りの階段の入口まで来た  インターホンで係員を呼び出し、出口を開けてもらった
見学コースー8

こういう施設に来たのは初めてかもしれない。特に面白いわけではなかったが、それも来ないと分からない事だ。
 世紀の大工事  2020/08/18 (Tue)
信濃川の大河津分水路の幅を今の180mから280mに広げ、橋を架け替える世紀の大工事が始まっている。
日本一の大河は流れる水の量も多く、一度洪水が起きたら大惨事になってしまう。
河口まで40㎞ほどのところで日本海に流している分水路。最近の異常気象も考えての工事なのか。
生きているうちにできるかどうか。 完成した姿を見たいと思っているが・・・

流行りの工事現場を見るための施設が出来ていた  中は資料館  屋上から工事が見られる 
世紀の大工事-1


屋上には分水路の巨大な航空写真が貼ってある  手前が上流、奥が河口  左の赤いラインまで広げる
世紀の大工事-2


上部の削られたところまで川幅を広げる  削られる土の量は1000万㎥  土手や埋め立て、道路の土盛りなどに使用
世紀の大工事-7


山は工事前までは別荘地だった  知り合いの中でもここに別荘を建てていた人がいたが、撤去を余儀なくされた
世紀の大工事-4


工事現場には吹き流しがある  クレーン車の安全も考えての事だろうが、吹き流しの好きな私としては嬉しい光景だ
世紀の大工事-3


天気晴朗なれど風強し 
世紀の大工事-5


吹き流しの角度と風速を解説する表示  こういうのがあると撮りたくなる
世紀の大工事-6
この時は10m/秒 くらいかな
 雨の後  2020/08/17 (Mon)
上流に雨が降ると翌日辺りから川が濁り増水する。
昨年の大雨のこともあるので上流の天気が気になるようになった。
この日も良い天気だったが、前日まで上流に降った雨で河口の水量が上がっていた。

増水した川
雨の後-1



雨の後-2


大きな流木が引っ掛かっていた
雨の後-3



雨の後-4


シャッター速度は 1/1600
雨の後-5



雨の後-6



雨の後-7

昨日、重量物を車から降ろす作業中に腰を痛めてしまい、昨夜から寝返りを打つのも辛い状態になってしまった。
今日もこの時点で痛みが引かず、歩行するのもやっと。
過去に三回ぎっくり腰を出していたので、注意はしていたが、暑さと疲れで気持ちが緩んだのが原因。
その時の経験もあり、温シップを何処に貼ればよいか、腰のサポーターをどう使えばよいか分かっているつもりだが、今回は今までとは様子が違う。
コロナに暑さ、それに腰痛が加わり三重苦に。
 増水 堰  2019/10/18 (Fri)
時々散歩する堰。恐る恐る歩いて真ん中迄行った。
写真は記録、と思い増水の跡を刻んできた。
上流からは様々なものが流れてくる。巨大な樹も・・・

濁った水が豪雨を物語っている
増水 堰-1


あの激流から耐えた堰 たいしたものだ
増水 堰-2



増水 堰-3


泥水に浸かった魚道
増水 堰-4


遺構として残されている堰
増水 堰-5


巨大な樹が流れ着いていた
増水 堰-6


ワイヤーにも
増水 堰-7


未だ溢れた水が流れ込んでいた
増水 堰-8
Template by :FRAZ