FC2ブログ

back to TOP

admin |  RSS
 雪解け 魚野川  2018/04/01 (Sun)
豪雪地帯の魚沼も雪解けが進んでいる。
その雪解け水を集めて流れる魚野川。


橋の上から魚野川を
雪解け 魚野川-2



雪解け 魚野川-4



雪解け 魚野川-5



雪解け 魚野川-1


巻機山はまだ冬山の姿
雪解け 魚野川-3


支流の流れも激しい
雪解け 魚野川-6
魚沼の地は今あることで騒然となっている。それはコメのランクだ。
魚沼といえば、日本一美味しいといわれている「魚沼産コシヒカリ」の産地。
日本穀物検定協会の行っている食味試験の結果、その魚沼産コシヒカリのランクが特AからAに下がってしまった。
県内の他の産地では特Aのままのところのあるから不思議だ。特Aは当然、という慢心に近い思い込みがあったかもしれない。
関係者はランクが下がった原因や問題点を検証している。これを機に更に美味しいお米を期待したい。
スポンサーサイト
 土手の春  2018/03/13 (Tue)
緑はまばらだが、春は着実に来ている。
土手には土管が合う?


春の土手-1



春の土手-2


ゴミと土管と河と・・・
春の土手-3



春の土手-4



春の土手-5
五十嵐川に架かる吊り橋。周囲も紅葉してきた。
水害で流され、3年前に今の橋に架け替えられたもの。
趣は無くなってしまったが、それは外部の人の勝手な感想で、地元の人には大切な生活の橋だ。


吊り橋のある風景-1



吊り橋のある風景-2



吊り橋のある風景-3



吊り橋のある風景-4


橋の上から上流を望む
吊り橋のある風景-5


橋の上から下流を
吊り橋ある風景-6
棚田を後にして、五十嵐川の河原に降りてみた。何故なら、ここには大きな岩(粘土質)が川原にむき出しになっている。
どんなものかと思って川原に降りたら、大きさか分からないほどの大きな岩だった。詳しくは分からないが粘土質のようだ。

ここは白鳥に餌付けしている場所で冬になると沢山の白鳥が飛来してくるので、冬には何度か訪れている。

五十嵐川の河原  大きな岩がむき出しになっている
五十嵐川-1


アップで見るとこんな感じ
五十嵐川-2


最近、毎年のように大雨に襲われるがいつもは穏やかな表情
五十嵐川-3



五十嵐川-9



五十嵐川-10


太公望もがんばっている
五十嵐川-4


ここに来る前に食べた蕎麦「山河」   以前にも載せたが、水害で流された店を復興させて頑張っている
十割蕎麦、大盛り、野菜天ぷらのフルセット
五十嵐川-5


先日行ってきた写真展  「石川直樹 この星の光の地図を写す」展  K2峰を中心に見応えのある写真展だった
五十嵐川-6


撮影可  スマホなので光がうまく処理できない
五十嵐川-7
突然襲う豪雨。一度襲われると、川は水量を増し濁る。
その濁った水は暫く続き、元に戻るには時間が掛かる。
五十嵐川の上流には大きなダムが二つあるから、他より時間が掛かるようだ。


増水-3



増水-4



増水-1




増水-5


支流からも激しく流れ込む
増水-6
Template by :FRAZ