back to TOP

admin |  RSS
 妙光寺 散策  2017/07/21 (Fri)
誰も居ない妙光寺の境内をカメラ片手にゆっくり、そしてじっくり見て廻ったら、面白いものや美しいものに出会えた。
時間もたっぷりあったし、人目も気にしなくていいから、撮りたいものを撮りたいところから撮れた。

蓮の池が迎えてくれた
妙光寺 散策-1



妙光寺 散策-2


手水舎  水は出ていなかったけど、竜の迫力は十分
妙光寺 散策-3


この角度もいい
妙光寺 散策-4


色付く葉と松の幹の組み合わせ
妙光寺 散策-5


墓地  山懐に抱かれて
妙光寺 散策-6



妙光寺 散策-7


スポンサーサイト
 妙光寺 三重塔  2017/07/20 (Thu)
妙光寺は角田山と角田浜、越前浜に囲まれた場所にあり、立地はこの上なくいい。

境内の池の畔に小さいが立派な三重塔がある。
植栽と塔との配置はよく考えられていて、構図を取り易かった。

三重塔  周りの木々や枝の配置に計算された美しさがある
妙光寺 三重塔-1



妙光寺 三重塔-2


夏でも色づいている葉は撮影には最高
妙光寺 三重塔-3



妙光寺 三重塔-4



妙光寺 三重塔-5


全体像 小さいが存在感ある
妙光寺 三重塔-6
また寺に戻って、角田山の麓にある妙光寺をシリーズで紹介したい。
近くの道路は何十回も通って看板も見ているのに初の訪問。最近、こうした出会いが多い。
初めての場所はときめく。妙光寺は驚くことも多く、暑さも忘れてしまった。

本殿の現代的な建物には驚いた。そして三重塔も。

門の前の看板。 誰でも自由に入れるのは嬉しい。
角田山 妙光寺 Ⅰ



角田山 妙光寺 Ⅰ



角田山 妙光寺 Ⅰ



角田山 妙光寺 Ⅰ



角田山 妙光寺Ⅰ-8


本殿 なんとも格好いい
角田山 妙光寺 Ⅰ


本殿
角田山 妙光寺Ⅰ-6


回廊の中の床は木製
角田山 妙光寺Ⅰ-7
次は三重塔を
甲子園の県大会が猛暑と大雨の中で行われている。雨で中止になることもあるが、大会関係者や選手は大変だ。
変化する天気に合わせ、試合の準備をしなければならないし、選手は気持ちを維持していかなければならない。
気が付けば、母校は敗退していた。3年生は次の目標に向かってほしい。ご苦労様でした。
 照明寺  2017/07/14 (Fri)
寺泊のお寺シリーズ。照明寺は改修工事中で、工事に携わっている職人はこの暑さの中、屋外で作業を行っていた。
職人さんたちはカメラ片手に境内をブラブラする姿を見て何と思っただろうか。
悪いことをした訳ではないが、どこか後ろめたい気持ちになった。


階段の先に本殿
照明寺-1


左下には休憩中の職人の姿も
照明寺-2



照明寺-3



照明寺-4



照明寺-5



照明寺-6



照明寺-7

 長善寺 本殿屋根  2017/07/13 (Thu)
寺泊の寺は山の中腹に一列に並んで建っていて、どの寺からも日本海を一望できる。
寺泊の人たちはその時々の景色を寺から眺めて過ごしてきたのだろう。
長善寺の裏には道路が走り、そこから境内に入られるようになっている。
道路の位置が高いので、最初に目に飛び込んでくるのが本殿の瓦屋根。


寺の屋根と日本海
長善寺-1


本殿の瓦屋根
長善寺-2


幾何学的美しさ
長善寺-3



長善寺-4


日本画家の福田平八郎の「雨」を思い出し撮ってみた  ※「雨」は最後に載せた
長善寺-5



長善寺-6



長善寺-7


※福田平八郎作「雨」  瓦屋根に降り始めた雨の痕跡を描いた作品
雨
Template by :FRAZ