FC2ブログ

back to TOP

admin |  RSS
 輝く海に雲の影  2020/04/10 (Fri)
ぽっかり浮かぶ雲の影が黄金色に輝く水面に写って綺麗。
輝く海と雲の影。面白い組み合わせにシャッターを押す回数が増えた。
光る海、と言えば「8マン」か。

光る海 光る大空 光る大地~   8マンの主題歌  
輝く海-1


8マンの主題歌を歌詞より口笛で奏でるのは何故だろう
輝く海-2


弾より早く走れ、壁を透視できる目を持っていた
輝く海-4


エネルギーを生み出す原子炉を冷やすタバコ型の冷却剤を吸う姿に憧れ、タバコを吸いたくなったこともあった
輝く海-5
スポンサーサイト



 陽はまだ高い  2020/04/09 (Thu)
夕暮れには早い時間帯だったが、海が輝いて綺麗だった。
風が強く冷たかったので、この辺りで帰ることにした。

浮かんでる雲もいい
輝く海-1


手前の木を入れて
輝く海-2


佐渡
輝く海-3


海に写る雲の影が綺麗だ
輝く海-4



輝く海-5
 晴れ間  2020/03/11 (Wed)
雨が降り出したので濡れた機材や服を拭いて、帰ろうとしたら陽が射してきた。
風の強い日はこういうことが起こる。慌てて駐車スペースを探し再度撮ることにした。
濡れた服を車の中に置いての行動だったので、今度は寒さと闘いながらの撮影になった。

雨の海岸から車で1分ほどの距離にある岩場  
晴れ間-1


あっという間に雲が切れ、まるで別の日のような天気になった  風は強いままで寒い
晴れ間-2


光があると海や波が劇的に美しくなる
晴れ間-3



晴れ間-4


白波も綺麗に見える
晴れ間-5


調子に乗って撮っていたら、波飛沫がレンズに当たりこんな状態に
晴れ間-6

今日は3.11の日。海岸の近くには海抜の表示が付くようになった。
海岸で撮影する時はあの日の映像が頭に出てくる。もしもの時、何処へ逃げればいいか考えるようになった。
ここで遭遇したらまず逃げられない。海岸の一本道。周囲は崖に囲まれている。道路は地震の揺れで落石もあるだろう。
 雨が来た  2020/03/10 (Tue)
暴風波浪警報が出ている中で、荒れた海に向かって撮っている姿は滑稽に見えていると思う。
撮っている私は結構楽しんでいる。寒さも風もそれなりに楽しんでいる。
しかし、途中で雨雲が接近してきて横殴りの雨が降り出した。機材や服が濡れ退散。雨には勝てない。

雨雲が近づいて来た
雨が降り出した-1


まだ余裕で流木が撮れた
雨が降り出した-2


暗くなってきた
雨が降り出した-4


時々大きな波が来る  こういう波が事故を生む
雨が降り出した-5


雨が来た
雨が降って来た-6


レンズにも当たりここで終了
雨が降って来た-7

新型肺炎の感染チェックのため、体温を測ることをはじめた。平熱が低いため、国の基準の37.5℃はかなり高温の設定。
ちょっとでも熱っぽいと直ぐに測っている。既に測っている血圧、体重に加え、体温も測ることになり、忙しくなった。
今日は36.0℃。これでも平熱より少し高い感じ。朝と夕方では体温も変化するので許容範囲としよう。
濁った海を見ながら海岸を歩くといろいなことを考えてしまう。
この世の終わりはこんな景色を見るのだろうか。
永久に濁ったままかもしれない。
冬の嵐はどんな情景を見られるのか。

海岸に大きな流木が流れ着いていた
濁った海岸-1



濁った海岸-2


砂浜と流木と佐渡と
濁った海岸-3



濁った海岸-4



濁った海岸-5



濁った海岸-6


夜中トイレに起きてちょっとテレビを付けたら、首里城の燃える画像が飛び込んできた。
寝ぼけ眼にも尋常ならざる事態ということが分かった。沖縄の首里城が焼け落ちた。
こんなことが起こるとは・・・。パリのノートルダム寺院、そして京アニの放火殺人事件。今年は想像もつかない火災が起きている。
数年前、首里城を訪れた時の写真を探した。こんなに素晴らしい建物や貴重な歴史的文化財が失われた。言葉もない・・・。
首里城-1



首里城-2
Template by :FRAZ