back to TOP

admin |  RSS
 波が来る  2018/06/21 (Thu)
砂浜の波打ち際を歩くと、自分に向かって波が寄せる。
それが面白く、緊張感もあって、ぎりぎりのところを歩いて楽しんでいる。
しかし、ボーっとしていると、数回に一度大きな波が来て水没することも。
「ボーっと生きてんじゃねーよ」とチコちゃんに怒られそうだ。

波が来た-1


来た来た来た・・・
波が来た-2



波が来た-3



波が来た-4



波が来た-5



波が来た-6
年甲斐もなく楽しめるのは、誰もいない海岸だからかも。

地震や大雨、災害列島日本に襲い掛かる天災。それに、事件や事故といった人災も。何時どこで何が起こるか分からない。
その天災で腑に落ちないことがある。それは「雪」。雪国に雪が降るのは天災ではないらしい。雪崩などで人的な被害が出ないと災害とは呼ばないらしい。今年の雪は凄かったが、消えてしまえば何事もなかったかのような景色が広がる。木が折れ、家が雪で損傷しても、雪国だからで終わる。
本県には福島の原発事故で避難している人たちがまだたくさんいる。福島では太平洋側を「浜通り」地域と呼ぶ。そこは東北といっても冬でも穏やかな天気が続くらしい。その人たちが雪国に来て雪が毎年降ることに驚くらしい。
スポンサーサイト
砂浜に寄せる波の最前部は泡立って何とも言えない表情をみせる。
それを言葉で表すと「むにゅー、ムニョー、ベロー」か。
撮りはじめたら面白くなってバシャバシャと波の中へ入って、パシャパシャ撮った。

誰も居ない海岸だからできることかも
ムニューッ-1



ムニューッ-2



ムニューッ-3



ムニューッ-4



ムニューッ-5



ムニューッ-6
長靴を履いて、波打ち際に立って撮っていると、引き波で足元の砂が流され、足をすくわれることがある。
その瞬間、目まいが襲う。
その状態を画像で表現すると・・・

こんな感じか?
めまいか-1


それともこんな感じ?
めまいか-2


はたまた・・・
めまいか-3


ぐらっときたら・・・
めまいか-4


めまいは怖い・・・
めまいか-5
 冬の海  2018/02/16 (Fri)
荒れる海は冬の日本海の代名詞。
岩を覆う波を連写で。


岩を覆う-1



岩を覆う-2



岩を覆う-3



岩を覆う-4



岩を覆う-5
間瀬の防波堤に打ち寄せる波は、防波堤を乗り越え滝のように流れ落ちる。
その流れは滝とは違う迫力がある。何度も連写を重ねて・・・

そして大雪。今回は平野部を襲っていて、除雪は追いつかず、街も道路も閉ざされて来た。
道路はガタガタですれ違いもままならず、何処も大渋滞と進入禁止。屋根の雪も限界に近づいてきた。

波が防波堤に打ち寄せる  連写で
乗り越える波-3


砕け散って・・・
乗り越える波-4


防波堤を乗り越える
乗り越える波-5


滝のように流れ落ちる
乗り越える波-6


絶え間なく続く荒れた海の光景だ
乗り越える波-7

そして、雪による道路の大渋滞  通勤は普段の4-5倍の時間  燃費は-30%
雪の大渋滞-1


路面はガタガタ。車の下部部品も至る所に散乱している
雪の大渋滞-2
平野部の除雪は最悪。除雪車の姿は何処にも見えない。やっているのはスーパーなどの駐車場ばかり。
運転のアドバイス。まずトイレへ。渋滞で何時着けるか分からないから、出掛ける前にトイレへ行く。水分は控え、食料を持ち込む。ドアミラーは畳んでおく。など
Template by :FRAZ