FC2ブログ

back to TOP

admin |  RSS
 冬の波  2019/01/19 (Sat)
冬の日本海の波、そして空。
気合を入れて撮らないと負けてしまう。

「鳥」の次は「波」
冬の波-1


撮影時刻は午後3時  空は既に暗い  
冬の波-2


遠くの島影は佐渡
冬の波-4


その昔、都人が佐渡に流された  この海を渡って逃げることはできないということだろう
冬の波-5



冬の波-6

 寄せては返す  2018/12/20 (Thu)
波打ち際を歩く楽しみは波と戯れること。
年甲斐もなく、寄せては返す波と追いかけっこ。走るほどではないが楽しい。
同じシーンを撮っていても飽きない。

どーんと来た
波が来た-1


来た来た来た
波が来た-2


先端の白い帯が生き物のようにくねる
波が来た-3


足元にも  長靴は必需品
波が来た-4


そして、引く
波が来た-5


すーっと
波が来た-6
 天気晴朗なれど  2018/08/22 (Wed)
天気は良いが、風が強く波の高い日がある。
撮影にはいい条件。つい、連射で撮ってしまう。
しかし、家で大きな画面で見ると、同じようなシーンしか写っていなくガックリ。
気を取り直して5枚を。

厳選(?)した5枚をどうぞ
天気晴朗なれど-1



天気晴朗なれど-2


太陽が上にあって完全逆行
天気晴朗なれど-3



天気晴朗なれど-4



天気晴朗なれど-5

 波が来る  2018/06/21 (Thu)
砂浜の波打ち際を歩くと、自分に向かって波が寄せる。
それが面白く、緊張感もあって、ぎりぎりのところを歩いて楽しんでいる。
しかし、ボーっとしていると、数回に一度大きな波が来て水没することも。
「ボーっと生きてんじゃねーよ」とチコちゃんに怒られそうだ。

波が来た-1


来た来た来た・・・
波が来た-2



波が来た-3



波が来た-4



波が来た-5



波が来た-6
年甲斐もなく楽しめるのは、誰もいない海岸だからかも。

地震や大雨、災害列島日本に襲い掛かる天災。それに、事件や事故といった人災も。何時どこで何が起こるか分からない。
その天災で腑に落ちないことがある。それは「雪」。雪国に雪が降るのは天災ではないらしい。雪崩などで人的な被害が出ないと災害とは呼ばないらしい。今年の雪は凄かったが、消えてしまえば何事もなかったかのような景色が広がる。木が折れ、家が雪で損傷しても、雪国だからで終わる。
本県には福島の原発事故で避難している人たちがまだたくさんいる。福島では太平洋側を「浜通り」地域と呼ぶ。そこは東北といっても冬でも穏やかな天気が続くらしい。その人たちが雪国に来て雪が毎年降ることに驚くらしい。
砂浜に寄せる波の最前部は泡立って何とも言えない表情をみせる。
それを言葉で表すと「むにゅー、ムニョー、ベロー」か。
撮りはじめたら面白くなってバシャバシャと波の中へ入って、パシャパシャ撮った。

誰も居ない海岸だからできることかも
ムニューッ-1



ムニューッ-2



ムニューッ-3



ムニューッ-4



ムニューッ-5



ムニューッ-6
Template by :FRAZ