FC2ブログ

back to TOP

admin |  RSS
 しらさぎ森林公園  2020/06/27 (Sat)
花菖蒲園の周りにはいろいろな植物が植えられている。
特に「モミジバフウ」の樹は大きくて葉も綺麗。 その実も刺々しくて面白い。
ドクダミが群生している場所の反対側には八重のドクダミもあった。

モミジバフウ  北米産のフウ科の樹
森林公園-1


下に入ると大きなパラソルのよう
森林公園-2


葉がモミジに似ているからこの名になったという  実をたくさんつけている
森林公園-3


樹の下には実がたくさん落ちていた  北米産は刺々しい
森林公園-4


名前を思い出せない
森林公園-5


紫陽花の道もある
森林公園-6


どくだみ
森林公園-7


八重ドクダミ  ここにもあった  最近はドクダミを見つけると八重を探すようになった
森林公園-8
スポンサーサイト



 県立植物園  2020/06/22 (Mon)
植物や花の写真を撮る機会が増え、その勢いで県立植物園にも行ってきた。
大きな池の周りに遊歩道があり、植物を見られるようになっている。
入り口の温室には入ったことがあったが、池を一周するのは初めてで期待をもってスタートした。
しかし、コロナの影響なのか雑草が目立ち、どこまで見せたい植物なのか分からなかった。

県立植物園  池と温室
県立植物園-8


ドーム状の温室
植物園-2


ドームのメンテナンスを行っていた  暑いだろうし怖いだろう
植物園-3


池の睡蓮は満開
植物園-4



植物園-6



植物園-5


蝦夷タンポポ
植物園-7


八重のドクダミ  ドクダミに八重があるのを知ったのは最近のこと  近所の家の前に咲いているのを見つけたことから
植物園-8

コロナ禍で光熱費に異変が起きているという。テレワークや学校の休校などで自宅にいる時間が増え、電気代が増える。
感染予防のため手洗いが増え水道使用量が上がる。昼食を家で作るようになってガス代が増える。それに食費や宅配の運賃なども増えている。家族構成にもよるが、ある調査では15-30%も増えているらしい。
我が家もここ数年エクセルで管理しているので比較してみた。他の要因もあって単純には比較できないが、上下水道料の増加が目立った。何故だろう? 雪国はやっとストーブを片付けたのに、これからエアコンの必要な季節になるから不安になる。
 オオシダ  2020/06/04 (Thu)
この林にはオオシダがたくさん生い茂っている。
そのシダを求めて林の中に分け入った。

オオシダ  2m近くある大物だ
オオシダー1



オオシダー2


日陰のシダ
オオシダー3


光に輝くシダを探した
オオシダー4



オオシダー5
 雨上がりの緑  2019/06/04 (Tue)
雨上がりの緑は静かで深い。
どこを撮っても緑が映える。

苔も生き返った
雨上がりの緑-1


生垣の緑も目に優しい
雨上がりの緑-2


石とのコントラストもいい
雨上がりの緑-3


雨と風がつくる光景
雨上がりの緑-4



雨上がりの緑-5



雨上がりの緑-6



雨上がりの緑-7
 神社裏  2019/05/21 (Tue)
八木神社裏の杉林と緑に惹かれて足を踏み入れた。杉と草だけの不思議な世界。
その林の一角に光が差し込み、緑が輝いて見えた。
癒される気持ちの良い空間。

下草と杉
神社裏-1


光の射す場所がある
神社裏-2


スポットライトに浮かぶ
神社裏-3


日影もいい
神社裏-4



神社裏-6


白い花を付けた草
神社裏-5


可愛い花
神社裏-7
逆走や高齢者事故の話題が連日報道されているが、私も両方体験した。
まずは逆走。もう10年も前のことだが、通勤での高速道路上。大型トラック数台が走行車線を法定速度の80キロで走っていたので、追い越し車線に出て追い越し始めた。そうしたら前から車が来た。一瞬理解できなかったが直ぐに逆走車と分かった。走行車線はトラックに塞がれていて戻れないから逃げ場のないまま直進した。ブレーキをかけ必死でパッシング。逆走車は中央分離帯側によけて僅かの間隔でギリギリセーフ。心臓がバクバクして暫く収まらなかった。インターで係員に通報したが、気の無い返事に唖然。
Template by :FRAZ