back to TOP

admin |  RSS
 弥彦神社の日陰  2017/07/15 (Sat)
連日の猛暑。どこに居ても暑いが、涼しい場所はないかと考えたら弥彦神社が候補に挙がった。
枝振りの良い木々が沢山あって、日陰の多い弥彦神社の境内は最適の場所だ。

暑い中、わざわざ出掛けなくても、と思われるかもしれないが、ブログの撮影を日課としているので頑張っている。ということで、散歩も兼ね撮影へ。

今回のテーマは日陰の涼

まずは鳥居の近くを流れる川。風が吹くと冷風機の中にいるような涼しさを感じた
日陰の神社-1


先程の写真の奥にある御神橋「玉ノ橋」
日陰の神社-2


鳥居も内側から撮ると涼しい感じに
日陰の神社-3



日陰の神社-4



日陰の神社-5


ここは日陰で涼しい場所だ
日陰の神社-6


ここも日は射さない
日陰の神社-7
いかがでしたか。少しは涼しくなりましたか。

夏の甲子園大会の地方大会が始まっている。猛暑の中、本当によく頑張っているのだが、先進国の高校生のスポーツの中で最も過酷な大会と評されているようだ。わが母校はまだ勝ち進んでいる。一度だけ甲子園の土を踏んだことがあり、その時は盛り上がったが、初戦で敗退した。
スポンサーサイト
 護国神社―Ⅱ  2017/06/12 (Mon)
昨日に続き、護国神社。今回は神社の境内を廻って見つけたものを。

昨日、神社の数は日本一と書いたが、何故本県に多いのか。諸説あるようで、明治初期まで人口日本一、そして県土も広く、集落も相当数あって神社も多かった。明治期に増えすぎた神社の統合を進めたが、うまく行かなかった、など。
理由はどうあれ、神社が地域のコミュニティーを作ってきたことは確か。近くにもたくさんあって、撮る者にとっては嬉しい。
御利益はあるのかな・・・

扉と金具
護国神社-8


絵馬
護国神社-3


おみくじ
護国神社-4


「二人の願い玉」  式場も併設され、カップルには聖地となっているようだ
護国神社-5


平和の礎  円形の天窓の設えがいい
護国神社-11


鳥  構えていたら飛んできた
護国神社-17


花  「一の鳥居」の近くで咲く
護国神社-14


松の木  光射す
護国神社-10
神社の数、日本一の本県(4700余社)。2位の兵庫県を1000社ほど離して断トツの数を誇っている。
その中でも護国神社は特別な位置付けになっているが、実は初めての訪問。
7年前までの勤務先は神社の近く。なのに寄ることは無かった。初めて訪れていろいろと考えることもあった。

二回に分けて。まずは全体像を

広々とした境内
護国神社-1



護国神社-2



護国神社-15



護国神社-7


鳥居
護国神社-13


参道
護国神社-6


そして・・・、鳥居前に立てられている情報提供を呼びかける看板。
護国神社-12
ミサイルを発射し、日本を危機に陥れている国は、40年前女子中学生を拉致した。その現場となった神社周辺。
海岸から数百メートル入った場所での犯行。領海、領土を侵され、治安の脆弱さを露呈した事件でもあった。
昼間の時間帯、この辺りまで他国の人間が自由に入ってくることができたことに、当時の警察、海上保安庁、自衛隊の危機管理と防御力を問われた。
安倍首相にはこの問題の解決を期待している人も多いが、最近は話題になることも少ない。
 羽黒神社  2017/06/04 (Sun)
旧栃尾市を走っていたら、山の上に神社らしき建物が見えたので、車をUターンさせて駐車場へ。
羽黒神社の明記にちょっとびっくり。旧栃尾市の準指定文化財にもなっている由緒ある神社だった。
朱い鳥居をくぐって125段の階段の先に、竜の彫刻が見事な本殿があった。
その右には市の準指定文化財の欅とかしの木の大木もあって気持ちは高揚しっぱなし。
神社の先には緑の美しい林があって、「血の池伝説」が残る池もある。

125段の階段
羽黒神社-1


杉の大木に囲まれた社殿
羽黒神社-2


見事な彫刻、特に竜が凄い迫力だ。
羽黒神社-3



羽黒神社-4


樹齢300年、幹回り9.4m、樹高26mの欅。社殿が燃えた時の炎で幹が空洞になっている
羽黒神社-5


湿気が狛犬を包む
羽黒神社-6
お宝と出会った感じ・・・
 八木神社  2017/05/25 (Thu)
下田の名勝地「八木ヶ鼻」の麓にある八木神社。
市の指定有形文化財にもなっていてる由緒ある神社。今回、初めて訪れた。
本殿もさることながら、杉の大木が凄い。500年以上の樹齢、幹回り5mの杉の木が2本ある。
その姿は圧巻だ。


八木神社-1


本殿
八木神社-2


本殿と杉
八木神社-3


圧倒的な存在感
八木神社-4



八木神社-5



八木神社-6
Template by :FRAZ