FC2ブログ

back to TOP

admin |  RSS
今日で緊急事態宣言も解除されそうだ。本県も感染者が少なくなって少しずつ制限や休業要請が解除されはじめた。
そうした中、何時もの神社に様子を見に行ってきた。以前(3/21)もブログに載せたので違いも比較できた。
訪問したのが4時だったこともあって参拝客は少なかった。

鳥居を潜って参道へ  誰もいない  
緊急事態宣言-1


静かで厳かなことは嬉しいが
緊急事態宣言-2


まずは手水舎で清めて・・・と思ったが、使用中止状態  (3/21の時は柄杓に口を付けないように、という注意書きだった)
緊急事態宣言-3


なんと、水は止められ抜かれていた
緊急事態宣言-4


本殿に向かう参道  西日が入って綺麗・・・人はいない
緊急事態宣言-5


本殿  見事に無人
緊急事態宣言-6


境内が広く見える
緊急事態宣言-7


本殿から山門方向  建物の影が寂しい  
撮り終えて帰ろうとしたら参拝客が来た。神社は人が祈る場所だから人が居ないと不安になる
緊急事態宣言-8


おみくじと消毒液  必要です
緊急事態宣言-9


神社から弥彦山山頂に登るロープウェイも15日まで運休  車内は密になるから当然の対応か  それにしても・・・
緊急事態宣言-10


最後はお口直しに神社内の新緑の写真を  こんなにいい季節なのに・・・
緊急事態宣言-11

これからは緊急事態宣言が解除されたり宣言が発令されたりを繰り返していくのだろうか。その都度気持ちと行動を切り替えられるか心配だ。そうしたことが繰り返されると、今どの状態なのか分からなくなることもあるかもしれない。
スポンサーサイト



 五十嵐神社  2020/05/11 (Mon)
ナビを見ながら運転していたら五十嵐神社を見つけた。その名前から五十嵐川に関係していると思い寄ることにした。
そしたら、「五十嵐」姓発祥の地で、NHKの「日本人のおなまえっ」にも登場した由緒ある神社だった。
ちょうど集落の人たちが冬の間に傷んだ建物などを整備していた。先ほどの永明寺もそうだったが、春の天気の良い日はこうした作業を見かける。
隣に小学校、そして資料館もある歴史ある集落のようだ。境内の裏(横)には桜と水芭蕉の咲く池もあった。。

五十嵐神社
五十嵐神社-1


五十嵐の「いらし」を「か」と呼ぶ地方と「が」と濁るところがある  発祥地は「いらし」で濁らない
五十嵐神社-2


舞殿もある
五十嵐神社-3



五十嵐神社-4


鳥居の桜は満開
五十嵐神社-5



五十嵐神社-6


裏(横)の桜
五十嵐神社-7


池の畔には水芭蕉も咲いていた
五十嵐神社-8


可愛いものを見つけた
五十嵐神社-9
桜と神社を撮りに向かったのはお気に入りの升箕神社。
木々に囲まれた静かな神社で隣には桜の公園もある。
ところが、着いて直ぐに異変に気付いた。あったものが無くなり、無かったものがある。
真逆の異変に混乱したまま撮り始めた。

升箕神社
升箕神社-1


なんだか変だ  あったものが無くなり、無かったものが顔に付いている
升箕神社-2


狛犬に真新しいマスクが付いていた
升箕神社-3


サイズもぴったり  白いマスクが目立つ
升箕神社-4


参道の樹々が消えていた
升箕神社-5


何が起きたのだろう  樹齢300年の樹がほとんど切られていた  
升箕神社-7


近くで農作業をしていた人がいたので、顛末を聞いた。強風(台風?)で杉の大木が近くの民家の庭先に倒れ、今後の対策として危険な樹を切った、とのこと。ここ数年、台風の直撃が増えたことが直接の原因のようだ。地球温暖化の影響が鎮守の森まで破壊していた。立派に見える樹も中は空洞になっていることから、仕方ないことかもしれない。
升箕神社-8


気を取り直してもう一度入口から撮った
升箕神社-8
 神社と桜  2020/03/28 (Sat)
雪国の梅と桜はほぼ同じ時期に咲くことがあって、見分けがつかないこともある。
ここの諏訪八幡神社の花は梅かと思ったら桜だった。
雪国の春はややこしい。昨日の霰の画像から今日は花を。

境内の端に咲く
梅か桜か-1



梅か桜か―2



梅か桜か-3


諏訪八幡神社
梅か桜か―4



梅か桜か―5


ゴツイ狛犬も花を背景にすると可愛い?
梅か桜か―6


力石?  持ちやすいように窪んでいる
梅か桜か-7
弥彦神社の摂社と末社。
一番奥には重要文化財の十柱神社もある。
傾いた陽が射していた。その陽を探して・・・

18社の摂社と末社が並ぶ
摂社・末社-1



摂社・末社-2


彫り物の陰影が美しい、と撮っていたら見つけた
摂社・末社-3


蝉の抜け殻がくっついていた  半年以上経っているのにしっかりと
摂社・末社-4


重要文化財の十柱神社の扉  左上にひっそりと射す
摂社・末社-5


斜光は土台にも
摂社・末社-7


ここにも
摂社・末社-6

オリンピックの延期が現実味を帯びてきた。ここまで感染が広がっている現状を考えれば致し方ないところだが、「2020」から「2021」になると様々なところに影響が出るようだ。2020で印刷してあるものは使えなくなる。それだけでも大変だが、新たに2021を使うのも莫大な経費が必要になるようだ。安倍政権の、そして日本の正念場が近づいて来た。
ペル―に日本人230人が足止めになって帰国できないでいるという。このニュースを聞いて「はぁー?」という気持ちになった。
国民は外出を控え、イベントは中止になり、学校も休校になっている時にマチュピチュか。そして「日本政府に専用機を飛ばしてほしい」と訴えている観光客の声に唖然・・・。
Template by :FRAZ