FC2ブログ

back to TOP

admin |  RSS
 観音堂  2020/08/03 (Mon)
石段を登り観音堂迄来た。
最初に目に入ったのはご開帳「延期」の貼紙。参道の入口にも大きな看板があったが、お堂にも貼ってあった。
コロナの影響はこのような場所まで及んでいた。観音様もウイルスには勝てなかったようだ。


観音堂  時々人がいることがある
観音堂-1


「延期」の張り紙が目立つ
観音堂-2


ここまで貼らないと分からない人もいるのだろうか
観音堂-3



観音堂-4


お堂の屋根は茅葺  そのため屋根にも草が茂っている
観音堂-5


境内の仏様  優しいお顔だ
観音堂-6


欅の大木の後ろにも  こちらも優しいお顔をしている
観音堂-7

 椎谷観音 参道  2020/08/02 (Sun)
2年に一度ほど訪れている椎谷観音。
趣のある石段、大きな欅など、撮影スポットが凝縮されている場所。
只、訪れるたびに荒れが進んでいてそれが気になっている。
やぶ蚊が多いので、防虫スプレーは欠かせない。いつも後悔しているので、しっかりスプレーを行って入山。

椎谷観音参道   あれっ、工事中に御開帳延期の大看板  観音堂までは行かれるようだ  
椎谷観音-1



椎谷観音-2


上部は工事が終わっていた  石段を残して半分をコンクリートにしてある  意外と登り易かった
椎谷観音-3


この角度からの観音堂がいい
椎谷観音-4


男は後ろ姿で生きていると云われるが、石仏の後ろ姿もいい
椎谷観音-5


もう一体  後ろから失礼して
椎谷観音-6


石段の先にお堂が見えてきた
椎谷観音-7

お昼の食材を買いにスーパーまで出掛けて帰って来たら家の前にゴミが散乱していた。その間、25分ほど。
近くのコンビニで買ったと思われるペットボトル2本、箸2人分、蕎麦のケースや袋、それに使ったティッシュが散乱していた。
既に何台かの車に踏まれペットボトルはつぶれていた。
近くに信号があるため、赤で停車した車からゴミや吸い殻が投げられることがあるから今回も同様の行為と思われる。
他人のゴミは片付けたくないが、そのままにしておくと更に拡散するので仕方なくホウキと塵取りで片付けた。
ペットボトルは分別しないと処分できない。更に手間が掛かる。 それとは別にタバコの吸い殻が2本あった。
ブラックサンデーになってしまった。
 400段の下り  2020/07/26 (Sun)
石動神社の石川雲蝶の木彫をゆっくり見られたかといえばそうではなかった。
半袖で行ってしまい、やぶ蚊の攻撃に負け不本意ながらの退散となった。
下りの400段は筋肉には負荷は掛からないが、膝には良くない。それでも樹々のお掛けで日陰の中を降りられたのは良かった。 
予定していた時間より早く降りてしまったので次に行く場所を探した・・・。

さて、鳥居を通って降りようか
下り-1


堂々とした狛犬  来るときに撮った小さい狛犬もいいが見上げるのもいい
下り-2


斜度の無い場所は木陰もあって気持ちよく降りられた
下り-3


下りはこういうものも撮ることができた
下り-4


急こう配の階段が続く  ここは石段  鎖がついている
下り-5


最後の坂  ここの階段はコンクリート
下り-6


鳥居が見えてきた
下り-7


ゴール地点  ふと先を見たら国上山、弥彦山、角田山が見えた  
下りー8

帰るにはまだ早いので、国上山の国上寺に行くことにした。何キロあるのかな・・・  20キロ以上はありそうだ
 石動神社 拝殿  2020/07/25 (Sat)
拝殿の中に入れたので、中にある雲蝶の木彫を拝観。
内部は暗いこともあって、懐中電灯が3本置いてあった。こういうサービスは嬉しい。
石動神社は「吉野の権現さま」と呼ばれ地元はもちろん、周辺の地域からも愛されている。
そういうこともあり、小学校や中学校の遠足地にもなっている。 拝殿の内部には生徒から送られた記念の品が展示されている。

拝殿に入る前に入口の石の天水桶を撮る  石はいい
拝殿-2



拝殿-3


靴を脱いで入る
拝殿-10


内部は真っ暗  外の緑が美しい  中には彫刻を見るための懐中電灯が3本置いてあった  心配りが嬉しい
拝殿の中


拝殿内部  欄間に雲蝶の木彫
拝殿-5



拝殿-6


雲蝶の木彫り    「源頼政の鵺(ヌエ)退治」(欄間右)
拝殿-7


雲蝶の木彫り   「竜神と俵藤太」 (欄間左)
拝殿-8


拝殿脇の建物
拝殿-9
石動神社の拝殿には「越後のミケランジェロ」と呼ばれている名匠、石川雲蝶の木彫8点がある。
拝殿の向拝や欄間に所狭しと施された木彫。それらが身近に無料で見られる。 因みに他の施設は有料のところが多い。
400段を登ったご褒美と思い雲蝶の作品を見て廻った。
拝殿脇の案内板に石川雲蝶の生い立ちや作品について詳しい説明があった。


石動神社 拝殿  左に案内板
本殿の彫刻-1


拝殿  明治元年(1868年)に拝殿が焼失し、再建する際に雲蝶が木彫を担当した  比較的新しい拝殿
本殿の彫刻-2


雲蝶の木彫
本殿の彫刻-3


雲蝶は江戸の生まれ  三条市内の寺の彫刻を依頼され、そのまま三条市に住み県内に彫刻を残した
本殿の彫刻-4


150年の時を感じないほど綺麗な状態に保たれている
本殿の彫刻-5


小さな拝殿なので手を伸ばせば届く距離感がいい  雲蝶の独り占めができる  
拝殿の彫刻-8



石川雲蝶-10


一番気に入ったのはこの角度から見た木彫り  ボリューム感溢れる素晴らしい木彫り
拝殿の彫刻-7


石動神社と雲蝶の説明板
拝殿の彫刻-9

外にある木彫を一通り撮り拝殿の中へ・・・

先日、通院している病院で半年に一度行っている血液と尿検査を受けたが、かなりの項目で数値が改善され、医師から褒められた。
中性脂肪は2年前の約半分、肝臓や腎臓の数値も良くなっていた。改善の理由が、山登りや山城、階段の多い神社などに行って身体に負荷を掛けた結果だとしたら、ブログに載せる撮影を目的にしていることが多いことからブログ様様だ。
Template by :FRAZ