FC2ブログ

back to TOP

admin |  RSS
岩木山神社から新幹線の新青森駅に向かった。新幹線の時刻まで時間ができたので、青森県立美術館に寄った。
三内丸山遺跡と同じ公園内なのでどちらにしようか迷ったが、時間も無いので早く廻れる美術館を選んだ。
ここには奈良美智の「あおもり犬」の作品がある。それを見て北の旅の終わりとした。お終い。

青森県立美術館
青森県立美術館-1


白い美術館と云われている
青森県立美術館-2



青森県立美術館-3



青森県立美術館-4


通路のような水路のような面白い建造物
青森県立美術館-5



青森県立美術館-6


旅の終わりに奈良美智の「あおもり犬」  子供たちに大人気で近くに寄ってはしゃいでいた
青森県立美術館-7

一カ月間続けた北のツアーもようやく終わりです。この一カ月、ほとんど撮っていないので、これからが大変。
明日は何にしようか。
撮影地は別にして、次に何処へ行こうか考えるのは楽しい。
が、最近、災害が多く、行く場所も限られるし、災害に遭った人の事を考えると楽しんでばかりではいられない。
スポンサーサイト



櫻門の右手に岩木山の湧き水を使った水量の多い手水舎がある。
清めの水を確保するため長い柄杓が用意されていた。水までが遠い。勢いがあるから柄杓を使うのも難しい。
そうした面倒くささが面白く、参拝者も楽しんで水を汲んでいた。

堂々とした手水舎
岩木山神社 手水舎-1


清めるというより拝む対象だ
岩木山神社 手水舎-2


長い柄杓で水を汲もうとするが勢いがあり過ぎて上手く水が溜まらない
岩木山神社 手水舎-3


参拝者と水まで遠い  参拝者には人気の場所で次々にやって来ては大声を出して喜んでいた
岩木山神社 手水舎-4


立派だ
岩木山神社 手水舎-5

岩木山神社を後にして新幹線の新青森駅に向かう。帰りの時が迫ってきた。
台風19号が過ぎて行った。幸い我が家も地域も被害はなく日常の生活を送れている。
ここ数年、たくさんの神社をお参りしているからかもしれないと感謝している。
日差しが強い時は撮るところも増える。
時間も無かったが、面白いところも多く大変だった。

定番のおみくじ
岩木山 スナップー1


おみくじは日差しのある時は花のように見える
岩木山 スナップー2


こちらにも
岩木山 スナップー3


ノミ跡の残る石垣
岩木山 スナップ―4


藁ぶきの記念館
岩木山 スナップー5


獅子
岩木山 スナップ-6
眩しいほどの日差し、真っ青な空のもと、境内を散策した。
陰影の強い状態で撮影には不向き。急ぎ足で廻ってパチリ、パチリ。

櫻門を内側から見たら・・・
境内散策-1


拝殿の右には白雲大龍神の白いのぼり群
境内散策-2


中門を斜めから
境内散策-3


櫻門の石垣
境内散策-6


稲荷大明神ののぼり
境内散策-4


杉の大木越しに拝殿
境内散策-5


気休め  台風の風雨が強くなってきた。先ほど心配性の家人の要望で窓に養生用テープを貼った。それも、ピンクを。
こういう色しか残っていなかったらしく、他は全部売り切れていたようだ。この色を貼る人は少ないだろうなーと思いながら作業をした。
外から見たら「かわいい―」と感激している。テープは薄くて役に立つかどうかも分からない代物。色と併せて気休めの極みだ。
この窓のある方角は風が当たる場所。心配が少しでも和らげればいいか。さらに、カーテンをクリップで止めた。
気休め-1
 岩木山神社 拝殿  2019/10/11 (Fri)
長い参道を登ると朱塗りの櫻門がある。櫻門を潜ると中門、そして拝殿が待っている。
櫻門の右手には名物の手水舎もある。
中門を過ぎると、これも朱色の拝殿。櫻門から中門、そして拝殿と続く様は見事。

櫻門の太い柱越しに中門が見えてくる
岩木山神社 拝殿-1


中門に光が当たって綺麗だ
岩木山神社 拝殿-2


中門  重要文化財
岩木山神社 拝殿-3


中門を斜めから
岩木山神社 拝殿-4


中門の先に拝殿が姿を現した
岩木山神社 拝殿-5


堂々とした朱色の拝殿
岩木山神社 拝殿-6


左に拝殿、右に中門  山を背にしているからか、中門と拝殿は近い
岩木山神社 拝殿-7



岩木山神社 拝殿-8

生暖かい風が吹き始めた。気温も上がり湿度も高い。南の海上から悪魔が近づく気配を感じる。
明日の今頃はどうなっているのだろうか。
Template by :FRAZ