back to TOP

admin |  RSS
美林と呼ばれる綺麗な林は近くにはないけど、まっすぐ伸びた木々を見るのは気持ちいい。
それらを広角で撮ると目で見た以上に面白い画像になる。

この日は間瀬神社周辺の林をひたすら上を向いてパチリ。首と腕が痛くなったが、何時もより楽しめた。
これもカメラの楽しみの一つか。



見上げてごらん-1



見上げてごらん-2


間瀬神社
見上げてごらん-3


神社の参道と橋
見上げてごらん-4


曲がりくねった木
見上げてごらん-5


八重桜と
見上げてごらん-6
スポンサーサイト
雪解けが進むと木の周りの雪が解け、根本に丸い穴が空き、土が顔を出す。
斜面は遠くからもその様子が見え面白い。雪の山里にも遅い春がやってきている。

東芝が危機的状況に陥っている。赤字が1兆円とはどういう状態なのか想像もつかない。1兆円といえば、都道府県の年間予算でその額に達しているのは12しかないというから天文学的だ。・・・身内にも社員がいるから心配だ。


斜面の雑木林-1



斜面の雑木林-2



斜面の雑木林-3



斜面の雑木林-4



斜面の雑木林-5



斜面の雑木林-6
 雪の残る林  2017/03/14 (Tue)
日射しの入らない林には、まだ雪の残っているところがある。
雪の白と緑の葉との組み合わせに惹かれ、林の中に踏み込んでしまった。
そんな私の姿を登山者が見ていた。こんな場所で何をしているのか、何を撮っているのか?と聞かれそうでドキドキ。
ただファインダーを覗き、通り過ぎるのを待った。


樹の多いところには雪は積もらない。樹の無い(樹の折れた)空間に雪は残っている。
雪の残る林-1



雪の残る林-3



雪の残る林-4



雪の残る林-2



雪の残る林-5

 春を待つ  林  2017/03/07 (Tue)
暖かくなったと思ったら、また寒くなった。夕方には一面銀世界に。
それでも三寒四温で着実に春は近づいている。
昨日から天気は荒れ、外を歩くのも辛い。

針葉樹の多い山の一角に落葉している林があった。葉の無い木々の姿を見られるのも、もう直ぐ終わりそうだ。


春を待つ 林-1



春を待つ 林-2



春を待つ 林-3



春を待つ 林-4



春を待つ 林-5
 林の中  2016/10/12 (Wed)
急に寒くなってきた。上着もいる。未だ夏物が箪笥を支配しているのに困ったものだ。

林の中は紅葉には早いが茸は元気だ。食べられない茸だと思うが見た目は美しい。

東京は忙しい。今度は火災による停電事故。過密都市は一つ歯車が狂うと大変だ。


林の中-1



林の中-3



林の中-4



林の中-2
Template by :FRAZ