FC2ブログ

back to TOP

admin |  RSS
福満虚空藏尊圓藏寺は赤べこ伝説でも有名。
急こう配の階段を登ったら、真っ赤な赤べこが迎えてくれた。疲れも吹っ飛ぶ愛らしい姿にホッとした。
寺の舞台からは阿賀野川と二つの赤い橋が織りなす絶景を拝めた。

赤べこと鐘楼  可愛らしい姿
福満虚空藏尊圓藏寺-1


大撫牛
福満虚空藏尊圓藏寺-2


境内には牛がたくさんいた
福満虚空藏尊圓藏寺-3


福満虚空藏尊圓藏寺  菊光堂
福満虚空藏尊圓藏寺-4



福満虚空藏尊圓藏寺-5


菊光堂の舞台からの景色  阿賀野川と橋(奥は「瑞光橋」、手前の吊り橋は「観月橋」)
阿賀野川



福満虚空藏尊圓藏寺-6



福満虚空藏尊圓藏寺-7
福島ツアーもここで終了です。
災害が続く日本ですが、復旧力は凄い。他の国では想像もつかないほどの速さだ。作業に当たっている人には感謝です。
我が家も中越地震から何度か災害に見舞われている。その地震では家中の物が落下した。大雨による床下浸水は2回、強風による倒木(作業場の隣の敷地から)は3回、雪による家屋の部分破壊2回など。幸いなことに非難までは至らなかった。
それより怖かったのが、近所の火災。小屋なども含めると9棟が全焼した。我が家も延焼するのではないかとドキドキだった。家の前の道路は消防車のホースが蛇のように這いまわり、数日間焦げ臭かった。
スポンサーサイト



再び福島ツアーに戻って。今思えば暑い日だった。
阿賀野川を見下ろす崖の上にある「福満虚空蔵 円蔵寺」。
日本三大虚空蔵尊に数えられている。他の二つは、茨城県東海村の大満虚空藏尊、千葉県天津小湊町の能満虚空藏尊。
岩を削って建てられた山門をくぐって境内へ。

岩の上に建つ任王門
福満虚空蔵 円蔵寺-1


急こう配の階段を登る
福満虚空蔵 円蔵寺-2


任王門
福満虚空蔵 円蔵寺-3


門の先にも階段  既に4時を回り、1日の疲れが出ていて、さらに西日をまともに受け、登るのはきつかった
福満虚空蔵 円蔵寺-4


やっと登った  振り返ると任王門
福満虚空蔵 円蔵寺-5


階段の途中にある狛犬
福満虚空蔵 円蔵寺-6
災害列島「日本」は外国でも大きな話題になっているらしい。日本では当たり前の台風や地震も、国によってはまったく起きないところもある。そういう国から来た観光客は本当に驚いただろう。もう二度と来たくない、と思われると辛い。
我が家でも変化が起きている。水害、台風、地震と立て続けに起きた災害に、とても他人ごととは思えなくなってきた。そこで、遅ればせながら、昨日から災害に備えるための「グッズ」の整理を始めた。只、浸水、風、倒壊、停電、断水など全てに対応するのは物理的に難しく、何を準備し、どこに置いたらいいのか。考えた出したら頭が痛くなってきた。とりあえず始めたのは、風呂の水を流さないで残すことに。
 伊佐須美神社  2018/09/02 (Sun)
会津一之宮の伊佐須美神社。
帰り道から少し寄れば行けると分かってナビをセットして向かった。
平成20年の火災で主な建物を焼失し、仮社殿が建てられていた。
強烈な午後の日差しで陰影が強い。

伊佐須美神社
伊佐須美神社-1


楼門
伊佐須美神社-2



伊佐須美神社-3



伊佐須美神社-4


仮社殿
伊佐須美神社-5



伊佐須美神社-6



伊佐須美神社-7


社殿横の樹  
伊佐須美神社-8


蝉の鳴き声が凄かったので、探したら近くに居たので一枚
伊佐須美神社-9
 南湖神社  2018/09/01 (Sat)
今日から9月。猛暑の夏が長雨に転じて一週間、晴れ間が恋しくなっている。真夏の思い出となってきた福島が続く。
白河の南湖の畔にある南湖神社。
大正十一年、渋沢栄一翁の援助のもと建立された比較的新しい神社。

南湖神社
南湖神社-1



南湖神社-2



南湖神社-3



南湖神社-4



南湖神社-5



南湖神社-6


荒削りの表情に迫力を感じる
南湖神社-7


右だけ錆びていた  鉄さびの色はいい
南湖神社-8
 南湖公園と翠楽苑  2018/08/31 (Fri)
白河藩主、松平定信により築造された日本最古の公園といわれる「南湖公園」。
その南湖の畔の庭園「翠楽苑」。
白河城を見た後に寄った。暑かったが、湖面を渡る風は気持ちよかった。


南湖  1801年に松平定信により築造された日本最古の公園
南湖と翠楽苑-1


手漕ぎのボート乗り場  吉野桜や雪景色が美しい
南湖と翠楽苑-2


睡蓮  松と睡蓮と湖面
南湖と翠楽苑-3


翠楽苑  「松楽亭」書院造りの間で抹茶と生菓子が楽しめる
南湖と翠楽苑-4



南湖と翠楽苑-5


翠楽苑内  日本庭園はいい
南湖と翠楽苑-6
Template by :FRAZ