back to TOP

admin |  RSS
シーサイドラインの景勝地「獅子が鼻」。そこにある「ししがはなおおはし」は、海に突き出た橋。
橋の上からは打ち寄せる波が見られ、迫力満点の写真を撮られるので好きな場所だ。
駐車場もあり、観光客にも人気の場所。釣り人もたくさん集まる。
高波が橋の上までしぶきを運ぶこともある。昨日はそういう日だった。しぶきの掛からないギリギリの場所まで行って撮影した。

昨日の岩にぶつかる波は橋の上から撮ったもの。街燈の左下の岩。
ししがはなおおはし-1



ししがはなおおはし-2



ししがはなおおはし-3



ししがはなおおはし-4



ししがはなおおはし-5



ししがはなおおはし-6
スポンサーサイト
山口の画像が続きます。
山口の観光地をネットで調べたら撮影地NO1は「角島大橋」とあった。それ何っ?と思って調べたら、島に掛かる橋の中で無料で使える最長の橋、とあった。ちょうど下関から萩のルート上にあるので寄ることにした。橋のたもとには売店と駐車場があり、ひっきりなしに車がやってくる。記念撮影の一大観光地だ。陸側からと橋を渡り島側からも撮った。

もう一つは、昔から有名な「錦帯橋」。幼いころから一度は見たいと思っていた憧れの橋。木組みとアーチの形状に改めて先人の技術の高さを垣間見た。猛暑の中、橋を往復するだけでクラクラ。
橋の周りにはホテルや旅館、土産店や食堂などがあり、多くの雇用を産んでいる。先人の偉業と先見性に脱帽だ。

新旧の二つの橋は山口県の対角にあって遠い。

角島大橋。定番画像。
山口の橋-1



山口の橋-2


角島から
山口の橋-3


錦帯橋
山口の橋-4



山口の橋-5


アユ釣りの名所でもある
山口の橋-6




 鉄橋  2015/03/16 (Mon)
今日は温かかった。先週の寒さが嘘のようだ。

鉄橋を渡る電車でも撮ってみようかと向かっていたら、橋に着く前に電車が通ってしまった。
1時間に一本程しか運行されていないので、電車は諦め橋だけを撮ることにした。
橋の向こうに雪の粟ヶ岳が見える。


鉄橋-1


鉄橋-2


鉄橋-3


鉄橋-4
Template by :FRAZ