FC2ブログ

back to TOP

admin |  RSS
 ヤマユリ  2019/07/27 (Sat)
ヤマユリは白く大きいから遠くからでも目立つ。花の形や色、蕾も格好いい。
しかし、不思議な花だ。花の大きさに比較して幹が細くて長い。
そのため、ほとんど倒れていて撮影はしゃがみスタイルになる。
倒れることが自然界を生き抜く作戦なのだろうか。

ヤマユリの8連発を
ヤマユリー1


倒れているからしゃがんで撮ることになり
ヤマユリー2



ヤマユリー3



ヤマユリー4



ヤマユリー5



ヤマユリー6



ヤマユリー7



ヤマユリー8
スポンサーサイト



 マクロで  2019/07/21 (Sun)
梅雨の雨で出掛けることできず、近くの花や植物を撮って気持ちを紛らわせている。
雫も見えたので久し振りにマクロレンズを取り出して撮った。三脚も久し振りに使ったがネジが緩んでいた。

大輪の百合
マクロで-1


大きな蕾だ
マクロで-2



マクロで-3



マクロで-4


ひっそりと一輪
マクロで-5

今日は参議院選挙の投票日。結果は見えている感じもするが、気になるのは若者の意識だ。
普通選挙が敗戦により天から(アメリカ)降って来た日本。それまでの選挙は男や資産家、権力者の一部の人たちの特権だった。誰でも立候補や投票できるようになり、今では当たり前過ぎてありがたみも感じない人が増えたが、世界を見渡せば普通選挙が公正に行われている国は未だ少数だ。主権者は国民、これも天から降って来たもの。選挙を軽んじた先に、いつの間にか主権者が変わっているかもしれない。国民主権の象徴は普通選挙、そういうことも風化しつつあるようだ。
明治維新を成し遂げたのは西国の藩の若い下級武士たち。若者が国を変えようと立ち上がり、多くの血を流して今の日本を造った。その若者が政治から離れ、今や西国は保守に固まっている。
今夜のNHKの大河「いだてん」が選挙特番で放送がない。選挙報道より「いだてん」が見たいと思っている自分がいる・・・。
 晴れた日  2019/07/15 (Mon)
東京は記録的な冷夏になっているという。日差しも極端に少ないようだ。
しかし、こちらは時々晴れる。晴れると何でも撮りたくなる。。
田んぼ道に咲いている花も日差しを浴びて輝いていたのでパチリ。

気持ちよさそう
晴れた日-1


こちらも
晴れた日-2



晴れた日-3 


水門とガードレールもいい
晴れた日-4


我先に
晴れた日-5


木陰に咲く
晴れた日-6



晴れた日-7
 あやめ  2019/07/03 (Wed)
あやめ園のあやめ。

あやめ-1



あやめ―2



あやめ-3



あやめ―4



あやめ-5
韓国の徴用工問題を受けて政府は半導体材料の輸出規制を表明した。このやり方は政治問題と通商政策を混同する「トランプ流」と同じと世界から非難されているようだ。日本はルールに基づく多国間システムを貫いてきたはずなのに残念だ。一度切ったカードは簡単には戻せなし、世界の日本を見る目が変わる。安倍首相のトランプ恋しや政治もほどほどにしないと。
 あやめ園  2019/07/02 (Tue)
五十公野公園のあやめ園。日本四大あやめ園に指定されている。
60万本のあやめが迎えてくれる。


あやめ園-1



あやめ園-2



あやめ園-3



あやめ園-4



あやめ園-5



あやめ園-6



あやめ園-7
Template by :FRAZ