FC2ブログ

back to TOP

admin |  RSS
 八木神社  2019/05/20 (Mon)
最近よく訪れる八木神社。神社の祭りの看板が立っていた。
春を迎え、祭りもあるためなのか、雪囲いが外され、雪による落ち葉や枝なども綺麗に片付けられていた。
集落の氏子の人たちが清掃したと思うが、ここまで綺麗にするには大変な労力と時間が必要だったのだろう。

八木神社
八木神社-1


綺麗に整備されていた
八木神社-2


名水に指定されている湧き水
八木神社-3


喉も乾いていたので美味しく頂いた
八木神社-4


境内には樹齢500年の杉の大木が2本ある  その迫力に触れるだけで元気になれる
八木神社-5


杉の大木に囲まれてひっそりと佇む拝殿  ひっそり感を出して・・・
八木神社-7


最後にもう一度湧き水を
八木神社-6
NHKの大河ドラマ「いだてん」。視聴率は上がらないどころか更に下降し、ネットではその低視聴率ぶりが話題になっている。
毎週楽しみに見ている。観ると実に面白い、が大河ドラマを観てる感じではない。
場面が数分で変わる細切れの展開、主人公(英雄?)をじっくり描かない手法、時代の行き来、コメディー的演出など。
こうしたやり方は今までの大河ドラマとはまったく異次元の手法で、私を含め大河ドラマとして観たいファンにとっては受け入れ難いものになっている。
これから話題の俳優を多数登場させるようだ。でも視聴率の回復は望めないのでは?
スポンサーサイト
たまたま牡丹園の前を通ったので寄ってみた。ところが咲いている花はちらほら。
これからかな、と思って撮り始めたら、これって終わり? ほとんどの花は切られて今咲いているのは残りの花だけだった。
直ぐにネットで牡丹園の開花状況を調べたら「今年の牡丹園は終了しました」の表示。なんと連休明けに終了していた。
牡丹園は終了していたが中に入れた。私的には大輪の牡丹を撮れて満足。

残っていてくれた(?)花たちを少しでも格好良く撮らねばと思い、いつもより丁寧に撮った
終わった牡丹園-1


私同様、閉園を知らない人が訪れていた
終わった牡丹園-2


花も少ないが人も少ないのでゆっくり撮れた
終わった牡丹園-3



終わった牡丹園-4



終わった牡丹園-5



終わった牡丹園-6



終わった牡丹園-7


牡丹園  ほとんどの花は切り取られ、残っているのは数輪   スマホ
牡丹園-9


整備が行き届いている
牡丹園-10

公設の牡丹園と思っていたら、私企業が運営していた。それをネットの開花情報を調べた時に初めて知ったが、そんなことも知らずに来ていた自分の無知度に呆れる。来るたびに整備や清掃が行き届いていて綺麗だなーと思っていたので、私企業が運営していたことを知って納得。
 新緑の八木ヶ鼻  2019/05/18 (Sat)
岩山の八木ヶ鼻。周囲の樹々も下を流れる五十嵐川も緑一色。
その緑の中に青い橋が印象的だった。

五十嵐川と八木ヶ鼻
新緑の八木ヶ鼻-1


緑一色
新緑の八木ヶ鼻-2


手前の樹には山藤  空は夏空に
新緑の八木ヶ鼻-3


印象的な青い橋
新緑の八木ヶ鼻-4


橋の下は堰になっている
新緑の八木ヶ鼻-5


こちらの樹にも山藤
新緑の八木ヶ鼻-6
 里山散策  2019/05/17 (Fri)
晴れた朝、里山を急ぎ足で廻った。
やっと田植えの終わったところもあればまだのところもある。
平野部とは2週間くらい違うが、ちゃんと育って美味しい米になるから不思議だ。

田植えを待つ  左の山には山藤が咲く
里山散策-3


山藤と水田
里山散策-4



里山散策-5


昨日の雨が残ったのか、それとも夜露か、朝日を浴び綺麗
里山散策-6


苔?も輝く  草が活き活きしているからお米も活き活きするのだろう
里山散策-7


田植えの済んだ集落内の田
里山散策-1


田植えの頃の小川は水量を増して迫力満点  こういう場所で育てられたお米を食べたい
里山散策-2

毎年天皇が田植えや稲刈りをやるのは、米が日本の歴史や食を支えて来たからだろう。代替わりの儀式にもコメは欠かせない。
その米を食べなくなった日本人を日本人と呼べるのかー、とわめいている人が居るとかいないとか。
やれ美味しいパスタを食べたいとか、あそこのパンは最高と、はしゃいでいる日本人のなんと多いことか。
何も知らずに麦ばかり食べていると、「ぼーっと食べているんじゃない」と叱られるかも。
 主役はどっちだー  2019/05/16 (Thu)
公園の躑躅が咲いていた。
何処にも咲いている躑躅なので撮ろうか撮るまいか迷っていたところ、躑躅の間にタンポポを見つけた。
それは三角の空き地で、まるで躑躅に保護されている感じ。
中に入ったら躑躅とタンポポの競演。主役争いをやっているように見えた。

躑躅に囲まれたタンポポを見つけた
主役はどっち-1


どっちを撮ろうか迷ったすえ、中に入った
主役はどっち―2


「どっちが主役だ?」
主役はどっち-3


「どっちもいいなー」
主役はどっち―4


「躑躅かなー」
主役はどっち-5


「いや、タンポポだろー」  つぶやきながら撮影していると、親子連れが笑いながら通り過ぎて行った。
主役はどっち-6

女性の「ストレスオフ県ランキング」が化粧品販売会社から発表された。
全国の7万人の女性からのアンケートだから精度の高いものと思ってランキングを見た。
ところが詳しく見る前にベスト3とワースト3がテレビで話題になり、その中に我が県は入っていて調べる必要も無かった。
秋田に次ぐワースト2位、またもや下位クラス。昨年は真ん中(22位)にいたのにこの一年で何があったのだろうか。
秋田同様、冬を考えると仕方ないのかと思ったが、3位に香川が入っていたから雪国だけが問題ではなさそうだ。はてっ?
我が家はどうか・・・聞いてみるか。
Template by :FRAZ