back to TOP

admin |  RSS
 散りゆく桜  2017/04/26 (Wed)
桜の季節も終わりが近づき、至る所で桜が散っている。
劇的なシーンに出会うことはないけど、小さなドラマを見つけて。

弥彦公園にて、散りゆく桜

咲く桜と散る桜
桜散る-1



桜散る-2


桜貝にも見える
桜散る-3


池にも
桜散る-4



桜散る-5


水面で再び枝に咲く
桜散る-6
今村復興大臣が辞任した。問題発言とはいえ、本人は問題とは思っていないから発言している。リスクを考えてのことだろうが、東京一極集中の弊害でもあるように思う。日本には無駄な場所、いらない地方など無いと思うが・・・
スポンサーサイト
 升箕の桜  2017/04/25 (Tue)
山沿いにある升箕地区。そこの升箕社と隣の升箕公園に咲く桜。
先週末撮ったものだが、平野部より遅く咲く桜を求めて山沿いを走って見つけた。
桜が遠くから見えたので、ナビで探して辿りついた。初めての場所だったが、思いのほか美しい処で独り撮りを楽しんだ。


升箕公園。満開の公園には誰も居なかった
升箕の桜-1



升箕の桜-2



升箕の桜-3


升箕社。鳥居と桜は好きな組合せ
升箕の桜-4



升箕の桜-5



升箕の桜-6
福知山線の事故から今日で12年が経つ。一報を聞いた時、今の時代そんなことが起こるのかと信じられなかった。
運転手は未だ20代の若者で運転歴も1年ほどだった。多くの命を預かる業務を一人の人間に任せている現状では、再び同じようなことが起きても不思議ではないと思う。バスも・・・。
 桜と水芭蕉  2017/04/24 (Mon)
また桜に戻って弥彦の水芭蕉園。あまり知られていないが、水芭蕉園の上には桜もあって絵になる。
ちょっと狭く、標準レンズでは全体が入らないので広角が必要な場所。

桜の花弁が散り始めて水芭蕉の周りに散っていた。それはそれで面白いので、水芭蕉と桜の花びらの組み合わせで。


横で撮ると広角を使っても苦しい
桜と水芭蕉-1


縦に使うと空も入る
桜と水芭蕉-2



桜と水芭蕉-3


水芭蕉と散った花弁の白の組み合わせが綺麗
桜と水芭蕉-4



桜と水芭蕉-5
 旧笹川家住宅  2017/04/23 (Sun)
久し振りに桜から離れることにして、今日行ってきた「旧笹川家住宅」を。
1826年に建てられた大庄屋の建物は重要文化財に指定されている。
何度か訪れたことはあったが、カメラを始めてからは初めて。旧家の持つ重量感、静寂感を改めて見直した。

晴れて光が強かったので、室内と外との関係を光で。


表門から
旧笹川家住宅-1


広間
旧笹川家住宅-3


囲炉裏の間
旧笹川家住宅-4


奥土蔵
旧笹川家住宅-6


広間から表門
旧笹川家住宅-2
続く・・・
 桜 弥彦公園  2017/04/22 (Sat)
何日桜が続いているだろうか。少し疲れてきたが、平野部の次は山沿いへと桜の撮り旅(廻っているだけ)を続けている。

私の定番、弥彦公園の桜。広角でメインストリートの桜を撮ることに。

メインストリート。影が出ると立体感が生まれて綺麗に見える
弥彦公園の桜-1



弥彦公園の桜-2


この2・3年でトイレや道が整備されて綺麗に使いやすくなった
弥彦公園の桜-3


入口
弥彦公園の桜-4



弥彦公園の桜-5


染井吉野は青空に映える
弥彦公園の桜-6
Template by :FRAZ