back to TOP

admin |  RSS
スキー場だった・・・場所。リフトは外されているが、ゲレンデだった処は何時でも滑られる状態だ。
ここは浦佐スキー場跡地。基礎スキーが盛んなころは「浦佐道場」とまで呼ばれ、全国のスキーヤーが講習を受けに集まる聖地だった。多くのデモンストレーターがここから育ち、スキー教程を具現できる場所としてその名を轟かせていた。
しかし、スキー人口の減少、小雪など時代と気象の変化に6年前に閉鎖した。


リフトさえ動いていれば、最高の状態なのだが・・・
スキー場 跡-1


そして、悲劇のスキー場でもある。ゲレンデが地滑りを起こし、ゲレンデ下のロッジが土砂で覆われ多くの死傷者を出した。
その慰霊碑がゲレンデに残っている
スキー場 跡-2


リフトの鉄塔だけ残っている
スキー場 跡-3



スキー場 跡-6



スキー場 跡-5


雪を抱えたリフトセンター
スキー場 跡-4
スポンサーサイト
今日は天気予報では雪マークが出ていて、出掛けるのも躊躇したが、朝起きたらなんとなく大丈夫そうだったのでGO!
まだ雪が1m以上残る魚沼へ。午後から日差しも出て、青空が広がってきた。地元の人もこの天気にはびっくりしたようだ。
雪景色は晴れると本当に綺麗だ。汚いもの、邪魔なもの全てを覆い、美しいところだけ見える。

橋の上から雪の魚野川を。


雪の魚野川-1



雪の魚野川-2



雪の魚野川-3



雪の魚野川-4



雪の魚野川-5
今日はこの時期には珍しい雨。雨の日は青空や空に浮かぶ雲が恋しくなる。
そういうことで、この一週間で撮った空と雲の画像を。


鉄塔と雲
見上げれば-1



見上げれば-2


海の上に雲
見上げれば-4



見上げれば-5


弥彦山と雲
見上げれば-3

最近、若い女性を泥酔させて乱暴する事件が続発している。
昨日も医師と医学生が犯行に及んでいる。過去にも千葉大の医学部の学生、東大生、慶応生など、俗にいう偏差値の高い大学の学生が多い。そうした学生は話題になりやすいからかもしれないが、人を物としか見ていないのだろうか。自分は優秀だから何をやっても平気と勘違いして育ったのだろうか。学力は人間の能力の一部でしかないのになー
いつもの海岸、いつもの防波堤、そして見慣れた波。
マンネリも徹すると価値が生まれるのだが。

レンズにしぶきを受け、車を白くして撮っているのだが、バシッと決められない。


防波堤の波-6



打ち上がる波-2



打ち上がる波-3



打ち上がる波-4



打ち上がる波-5
作業場の奥の空き地に入った。35年ほど前に山を切り開いて住宅地に分譲した場所だが、使われずに空き地になっている。
木々が自生してとても住宅地とは思えない状態だ。
そうしたこともあり、不法投棄も絶えない。時々トラックで何かを捨てている姿を見る。
「売地」の看板もあって、荒廃が進んでいるので、あまり入りたくないが、裏なので無視もできない。

そこで見つけたものは・・・

松の木が多い
空き地の中に-6



空き地の中に-1


松の枝や落ち葉で覆い尽くされている
空き地の中に-2


そこで見つけたものは・・・バイク
空き地の中に-3


かなりの年代物。シートから草が生えてグリーンカーペット状に。
空き地の中に-4

最後はお口直し
空き地の中に-5
Template by :FRAZ